2007/2/13

ロシアのチョコレート  ロシア モスクワ音楽院

バレンタインで思い出して、久々、ロシアの話題です。
写真上はボリショイ劇場の絵葉書。下はチョコレートです。
クリックすると元のサイズで表示します

チョコの上の方にボリショイの絵が描いてあるの見えますか?
その下にはモダンバレエを踊るダンサーが描かれています。
モスクワでの練習日に練習会場の近くのスーパーで買いました。

後で気づいたのですが、このチョコレート、製造年月日が
昨年の私の誕生日で、賞味期限が今年のバレンタインディだったのです。
運命的?(笑)

でも、中身はとうにありません。
一瞬期待した人がいたらごめんなさいね〜♪
1



2007/2/16  0:55

投稿者:Megumi

Miyukiさん、ありがとうございます。プレバレンタインとはいいですね♪
ロシアのチョコは美味しかったです!このチョコは中にクリームが入っているタイプで、個包装の同じチョコが沢山入ってるタイプでした。他にも色々な外観の個包装のものがひと箱に入っているものとか買ってきて帰国後レッスンに来た皆さんに、ロシアの絵葉書やしおり等のちょっとしたものと一緒に、ちょっとずつ「幸運のお裾分け」をしたのです。(その頃レッスンに来なかった人はごめんなさいね〜。)
ロシアの包装はこの紙の箱を空けたら軽く紙に包んであるだけで日本のようなしっかりした密閉とは違いますから、実際に今年のバレンタインデーに食べても美味しくなくなってたのではないかと思います。

のだめは、今、お借りして読んでるのですが、諸事情でまだフランス編まで進んでいません。楽しみです♪

http://homepage2.nifty.com/Ainoyume/

2007/2/13  21:59

投稿者:Miyuki

こんにちわ。今日はプレ・バレンタインです。(勝手に私が考えました。)あまり海外のチョコには詳しくないのですが、パッケージとか包装紙などがとても綺麗ですね。ロシアのチョコはどんな味がしましたか?賞味期限といい、製造年月日といい、すごい奇跡ですね。こんなことってあるんですね。
 ところで、最新の「のだめ」を読んだ友人が漫画雑誌を送ってくれたのですが、オクレール先生が孫Ruiにお菓子やお料理の話ばかりをする場面がありましたが、(ネタばれしてすみません。)食べ物と音楽ってすごい関係があるんですね。Megumi先生のお話とても興味深かったです。それでは、お体に気をつけて。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ