2014/6/26

レッスンの感想メール  ピアノ

25日水曜、無事に全部のレッスンを終えて、帰ってきました。今回はいつもより皆さんのご都合が合って、沢山レッスンができて、本当に充実した大阪&東京レッスンでした。

また、いくつか感想メールを頂いて、それも、とても嬉しかったです。その中のひとつを、許可頂いてご紹介します。一部、伏字は私です。理由は後で。。

====================

先日はレッスンをどうもありがとうございました。
毎日忙しくされてるご様子、どうぞお体ご自愛ください。

前回レッスン以降、すごいです!
★が回転する、★を使う感覚がわかりました。
常に思うようにはうごくわけではありませんが、指をくぐらせたり、移動するときに
今まで使わなかった★をほんの少し動かすだけで、ひょいと移動できていることが増えました!
もうびっくりです。しかも楽で、体も音も固まりにくくなりました。

日曜、子供たちの合奏の稽古にいきました。
(中略)
楽器はちがっても、体全体で動いたほうが、繊細なコントロールができるんですね。

まだまだ思うようにはならないですが、少しずつ変化がみられるのがうれしいです。
先生のご指導に心より感謝いたします。


=====================

「すごいです!」という辺り、お気持ちが伝わって、こちらもテンションあがりますね。(^^)

(中略)、とした部分は、この方のお子さんたちのヴァイオリンの先生が、私と全く同じことを仰るエピソードが書かれているのですが、そのヴァイオリンの先生の奏法や指導法の・・・著作権?企業秘密?(^^;) そういったような意味で、ここに書いてしまうのはまずいかもと思い、伏字にしました。

びっくりするほど共通していました。


その伏字ポイントとはまた別の話ですが、世界的なレベルで、ご高齢でもリサイタルをされる声楽家のレッスンでは、体を使いこなす意識について、私がレッスンでよく言うことと本当に同じことが、沢山出てきたそうです。(その場にいた門下生から聞きました。)


体全体がつながることは、本当に大事です。これは、楽器の演奏や声楽に限らず、スポーツから家事まで、身体を使うあらゆる事に言えることではないかと思います。


結弦君のマイブームのけん玉にもね。(^^)
(あらゆる関節を柔らかく自由にして、重心を下げる意識と、バランスを取る意識をしながらすれば、とても良い大腰筋エクササイズになりそうですね。多分、それを分かっていて練習法の一環として取り入れているのでは?(^^))
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ