2013/5/30

優秀指導者賞  ピアノ


クリックすると元のサイズで表示します

賞状の日付から3か月が過ぎていますが、今日、賞状を受け取ることができました。

今年から優秀指導者賞の賞状は廃止とのことで、
3か月前に記念品(果物の瓶詰ギフト)を頂きましたが、
どうして突然、賞状廃止なのかと、その後ずっと色々考えていました。


全国大会に門下生が入選したのは、十数年前の小学生部門以降
6回目で、初めての優秀指導者賞(複数の門下生が入選)でした。

実は5回目もレッスンしていた方は複数いたのですが、
一人は色々な先生のレッスンを受けていた方で、
私の名を書いてもらえなかった経緯があり、
今度こそ!という思いがあっての、6回目での初受賞でした。

今回は一度に3人の入選でした。
本選直前に階段から落ちてあちこち酷い打撲の怪我をしたのに、
全国大会までの点差があと1点未満だった方もいたので、
怪我しなければ4人だったかも。。

もちろん、いろいろな角度から、本当に頑張りました。
それが賞状廃止、、、って、、、泣きそうでした(笑)

2011年度に私自身が全国大会に入選しましたが、
全国大会での演奏前に最終学歴を記入するよう言われました。
なので、主催団体の皆様は、私の最終学歴のみ、ご存知です。
その後、どう生きたか、は、関係なく、最終学歴のみ。。

2012年度、入選した3人は、
有名音大や、大学院、あるいは海外の学校卒業なので、
そういう経歴の人達が、しかも(1人以外は)札幌在住ではないのに
私に習っているというのは、おかしいのではないか・・と、
疑われたのではないか、と考えました。

子供のころ教えた生徒が、義理か何かで私の名を書いてくれたとでも
思われたのではないかと。。。

何度も思い返し、にがい気持ちになりながら、
でも、メールや手紙を書く勇気はなかなか持てずに日が過ぎました。

今回、HPで公開された入選者名の一般部門に
3名の門下生が載っているはずが、1名掲載漏れがあり、
それで、そのご連絡と共に、思っていることをメールに書き、
入選した3人を、今現在、私が教えているという
「証拠」になるかどうかはわかりませんが、
最終学歴を書いただけでは絶対に分からない
私の人生ともいえる音楽歴(これより詳しいもの)と、
入選した門下生が札幌で出演してくれたコンサートの
プロフィール欄に「2009年より、東京にて野谷恵氏に師事」と書かれた
ちらしをお送りしました。

もう、どう思われてもいい、と思っていましたが・・・・
数日後、驚くほど誠意に満ちた、長い丁寧な返信を頂きました。

私の送った資料もしっかり見てくださったようで、
そのことについても書いて下さっていましたし、
会としては今まで色々なご意見を取り入れて改善をしてきて、
優秀指導者賞については、こういったものを
郵送で送るのは失礼だとのご意見があったので廃止とし、
ただ、初めての先生と、受け取ってくれる先生には送ったけれど、
私は手違いで漏れていたとのことでした。

手違いだったなら、、、
あんなに何か月もへこんでいないで、早く言えばよかった。
・・とは言え、とても言う勇気は持てず、ただただ、苦しかったです。
35年以上も前に卒業した学校名で判断される機会の多い日本が、
苦しかったです。(そういう経験もあったので。)

HPの記載漏れミスは、何か神様かご先祖様か運命が(笑)
チャンスを作ってくださったのかなという気がします。

3か月遅れで送られてきた賞状。。
そのシンプルな短い文を読んでいて、涙が出てきました。

嬉しいです。

一緒に頑張ってくれた、Yさん、Sさん、Tくん、ありがとう!!
もっともっと、いい先生になります。


12



2013/6/2  21:56

投稿者:Megumi

生徒のYさん、
ありがとうございます。書き込み嬉しいです♪(^^)
気持ちがあふれて・・なんて、
こんなに熱い沢山の言葉で表現してもらえて、心から嬉しいです。

コンクール、一緒に頑張ってくれてありがとう。楽しかったですね!(^^)

レッスンでは、 技術的なことも、音楽的なことも、音色も、
磨く具体的な方法が色々あって、それらを伝えているわけですが、
大人になってから、変わろうと思うことが、まず大変なことと思います。

レッスンを受けて変わってくれて、さらに継続して進化し続けてくれていることは
大変素晴らしいことです。ほんの数年で別人のように進化してくれて、
私こそ、Yさんに出会えて幸せですよ!

>本当の意味で音楽を理解し、愛すとはどういうことかをご自身でもって体現されて

 こんな風に思ってもらえて感動です。
これからも一緒に音楽への理解を深める勉強を重ねていきましょう。(^^)

http://happy.ap.teacup.com/pianomemo/

2013/6/2  21:27

投稿者:生徒のY

こちらに書き込んで良いものかどうか、迷いましたが、気持ちがあふれてきまして、思い切って書きます。先生のご判断で、載せていただかなくてもも構いません。先生の生徒のYです。先生のサイトを読み、ビビビときてからレッスンに通いはや4年・・・先生に出会うことができて、やっとピアノを弾いてきてよかった、と思えるほどです。教え込んだり、一般論をかざすだけでなく、その生徒さんと同じ方向を向いて一緒に歩んで下さる先生・・・。今回、優秀指導者賞に関し、先生のお気持ちに共感するしかできませんが、先生!先生は私にとって、世間の世論などどうあれ、唯一無二の先生です!先生に巡り合うことができ、神様ありがとう、といまでもいつも思っています。それは、「コンクールで上のほうにいけたから」とか、「人に褒められたから」ではありません。もちろん、それも嬉しいことですが、本質ではないと思います。先生の教師としての人間力の素晴らしさ、本当の意味で音楽を理解し、愛すとうはどういうことかをご自身でもって体現されておられるから、私は先生にレッスンを受講したいと思うのです。えらそうなことを書き、すみません。私も、この業界にいて、悔しい、悲しい思い数限りなくしてまいりました。肩書きだって大したことありません。が、今は先生にならっていることが大きな誇りと幸せになりました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ