2012/12/3

感想メール集 その2  コンサート

最初のメールの中にある
まちがえないように・・・というのは、もちろん、誰でも陥りがちな気持ちです。
でも、それにとらわれてしまうと、曲に感動し、その感動を伝えるという
「演奏」の本来の役割の邪魔になります。
練習ではミスしないように練習をするけれど、
本番では、ミスしてもいいから感動することを忘れずに・・といつも言っているので、
反省文(笑)に出てきたわけです。(^^)

★6★
キタラ…
先生の演奏に感動しました

音楽に、、感動しました
今でも、思いだせるくらい、
所々の憂いのある表情も。
一曲最初から最後まで、
つながって、かさねて、語りかけてくるようで、
忘れられません。。
先生の美しい音楽が本当に本当に大好きです
とても、癒されましたm(_ _)m

そして、けがをされていた…
ということを全く感じさせなくて。

先生のスピーチ通り、
それ以上の…証明と気迫でしたm(_ _)m

あまりにも、先生の演奏が
素晴らしくて、、
(当然なのですが…(`_´)ゞ)

それでも、あまりにも、
あまりにも、
自分とピアノへの向き合い方が違いすぎて、、
ショックでした 笑

私は、びびっちゃいました
間違えないようにが大きくなってしまいました…
(中略)
良い経験になりましたm(_ _)m
また、音楽を聴きながら楽しみながら、練習したいと思います(^-^)

皆様のピアノの音色が、本当に綺麗なのが、
本当に全員が綺麗だったのが、印象的でした
本当にありがとうございましたm(_ _)m



★7★
演奏会での先生の演奏に感動しました。
まだ手の怪我も完全には癒えていないなか、すばらしい演奏でした。
今回も音が良く響いていました。音が柔らかく深みがあって伸びている感じがしました。

そして今回特に感じたのは、一つ一つの音に繊細な配慮をされていると感じたことです。
レッスンで言われておられることをまさに、
実践しておられるのを目のあたりにした感じです。
先生の演奏をお手本にして、これからもがんばってゆきます。



★8★
門下生コンサート、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
自分の演奏は反省点がいっぱいですが、
今年2回出演したことは、とても勉強になりました。(中略)

今回は、客席で先生の演奏を聴くことができました。
ケガを感じさせない素晴らしい演奏でした!
音色の美しさはもちろんですが、各声部の独立やバランス、リズムのとり方など、
いつもレッスンで教えていただいていることの大切さが、よくよくわかりました。
演奏する姿もとてもやわらかく、見ている側も力が抜けてきます。



★9★
今回は、先生の演奏を聞く事ができました。
とても音の世界(物語)を感じました。
本当に心から音を大切にし、愛していると感じました。

ただ感動した、というには勿体ないと感じました。
私も音楽を、人を愛せるよう、これからも精進して参りたいと思います。
 12月からは、次の曲をまた頑張りたいと思います。


クリックして下さると嬉しいです♪ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックで救える命がある。

4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ