2012/11/17

東京レッスン+抜糸  ピアノ

本番を控えての長時間(90分〜3時間)レッスンが多く、
初めての方も長時間で、大変充実した東京レッスンでした。


■リサイタル前日(!)の1時間以上の曲目のレッスンは
凄い緊迫感でした。
曲目も幻想即興曲などもある一方で、
リスト編曲でベートーヴェンの運命とか、
同じくリスト編曲シューベルトの魔王とか、凄かったのですが、
難しい曲で大事なことは、当然ながら、
「間違えずに、速く、大きな音で弾く」ことではなく、
「沢山の音楽(声部)を生かし、そのドラマを演じる」ことだと
思うのです。それを目指してきたレッスンで、
本当にレッスンの度に音楽が生きてきて
素晴らしい演奏になっていましたし、
この日もさらによくなってその進歩が素晴らしく、
何より、さらに深く、さらに高い表現や音を目指す姿勢そのものが
素晴らしいと思いました。
翌日、リサイタル大成功のメールが届いて、本当にうれしかったです。


■先月のコンクールで全国へは行けなかったけれど、
今週末のコンサートで演奏するために弾き続けた曲のレッスンは
正直、CDより魅力的に仕上がり、(先生ばかとでも何とでも言ってください)
本当に感動しながらレッスンしていました。
人間の可能性って、凄いです。凄いとわかっていたけれど、凄いです。


■今月下旬のコンサートを控えての3時間レッスンでは、
ご本人が昨年までは夢にも思わなかったレベルの曲で、
でも、振り回されつつ、やっと弾いていた状態から
迫力ある演奏に仕上がってきて、
最後の方は、指示を出しつつ指揮をして引っ張りながら、
私がわくわくしていました。


■最長は2日に分けて2回合計3時間半のレッスン。。
まだまだ思うようにはなっていませんが、
色々大反省して、練習方法などを取り入れてくれるようになったので、
着実な進歩があり、本当によかったです。
大人って、つい自分で考えて、
「先生の言う練習方法はいいとは思うけれど、時間がないから」
とか言って、しなかったりします。(笑)
でも、あることがあって、良い練習をするべきと分かってくれたわけです。
古くからの親しい門下生なので、
レッスン中も会話が漫才になったりすることもありますが、
ガツンと叱らせていただいたりもいたしました(笑)、
そういうことを乗り越えて、やっと勉強する姿勢ができてくれて
よかったです!!!p(^^)q


■立派に仕上げてきた曲なのに、本番近くなって、
練習量が多くなると、また、数年前の弾き方が出てきてしまって、
手や腕が痛くなる・・・ということは、とてもよくあることなんです。
「やっぱり私には無理なのかも・・」なんていう方向へ
くじけなければ、ちゃんとまた良い弾き方にできます。
最近また腕が痛くなってしまった方は、
この日、いくつかの体の使い方を直したら、嘘のようにすぐ痛みが消えて、
感動した表情で握手を求めてくれました。
私も感動でした。お役にたてて良かったです。。(^^)


■長時間の初レッスンでは色々な角度から沢山お話しできて
何度も涙ぐむほど感動してもらえてよかったです。
最後に、ゆっくり、今までとは違う弾き方で平均律を弾くと
全く違う曲のように美しい音楽が聞こえてきて、
「鳥肌が・・」と言って(ご自分の演奏に)感動してもらえました。
なんと1年も、私のブログを読んで下さってて、
ずっと迷い続けていたそうで、もっと早く来ればよかったとのこと。

ここをご覧の皆さん、私は永遠に生きるヴァンパイアではないので、
東京レッスンは未来永劫続くわけではありません。
迷っている時間はもったいないです。メールくださいね。

今回の方もそうですが、音大を出た方で、
「私はテクニックがなくて・・」と言う方、とても多いのですが
テクニックがないのではなくて、弾き方を知らなかっただけです。
(知れば、トリルを10分間弾くことも可能♪笑)

弾き方を知って、良い練習方法を取り入れれば
テクニックはどんどん、ついていきます。
年齢に関係なく。。


■全部書ききれませんが、他にも嬉しいレッスンがたくさんでした。

もう6年、県境を2つ超えてレッスンに通われている60代のピアノの先生が、
リハビリの大きな病院のホールにグランドピアノがあるところで
入院患者さんたちのために短めの曲を沢山並べたコンサートをされて
そのプログラムや写真も見せて頂いて嬉しかったです。
「先生のおかげで、これだけレパートリーができて・・」なんて
言ってもらえて感無量ではありますが、
それだけのレパートリーができるほど、長い間、
コツコツとレッスンに遠くから通われたご本人が、素晴らしいんです。
そこに入院されている、90歳を超えたおばさまも、
さぞ、誇らしかったことでしょう。。


長くなりすぎたので、私の手の話は次回に。
とりあえず、東京から帰った翌日、抜糸しました。(^^)
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ