2012/10/29

日本クラシック音楽コンクール、札幌、旭川、愛知、京都、岐阜、奈良で門下生が優秀賞  ピアノ

昨年は私自身が本選で優秀賞を頂き、
門下生と一緒に全国大会へ進んだ同コンクールですが、
今年は門下生が頑張ってくれました。

北海道本選2ヶ所、札幌、旭川、と、愛知、京都、岐阜、奈良、
合計6か所で、門下生が優秀賞を受賞し、全国大会進出を決めました。
旭川では、なんと、、、満点をつけた審査員がいらしたそうです。

6人ではなく、2か所×3人で、一般男子1名、一般女子2名です。
他にも、東京と埼玉で、たった1点不足だった門下生がいました。

こんなにも全国各地で、申込用紙の指導者欄に
北海道の私の名前を書いて提出した人がいたことは、
事務局では、そうとう驚かれたでしょうね。(^^;)
(事情で受けられなかったけれど大阪でも提出)

何度も書いているように、コンクールは最終目的ではありません。
でも、進化するための重要なチャンスではあります。

今がどういうレベルで、年齢がいくつかなんて、
進化するのに関係ないんです。
自分が、今より成長できることを信じているかどうかと、
成長する方法を学ぶ機会があるかどうかだけが大事。


1,2回で受けるのをやめて、
レッスンに来るのもやめてしまった方もいましたが、
凄く、本当に凄く、可能性があるのに、、、と、いまだに残念でなりません。
もっと自分の可能性を信じてくれれば、そして、レッスンを重ねることで
どれほど進化できるかも信じてくれれば、
その可能性を、もっと、もっと、発揮できるのに、、、と思います。


「実力」って、固定したものと思っている方がけっこう多いのでは?
いえいえいえ、簡単に変わります。

レッスンで話を聞いて、「ああ!そうだったのか!」と思った瞬間に、
そういうことを知らなかった、あるいは、考えたこともなかった時とは
もう、レベルが変わっているわけです。

もちろん、体の使い方などは、少々時間がかかりますが、
それでも、少しでも良い方向に変えられて、
「ああ!楽だ!」とか「あ、できる!」と思った瞬間に
体が理解し、さらに良い方向へ変わるのですから、
進化は絶えず続きます。

科学や医学が進歩してきたことで、
以前は年齢と共に衰える一方と考えられていた筋肉や脳まで、
増やしたり連携を良くしたりすることができると分かってきたのですから
40代で、20代の頃には考えられなかったレベルの演奏が
できるようになることを、もう、当然と考えましょう。

考え方が、一番大事です。考え方が、人生を変えます。

そういう意味で、今回受賞した門下生、3人とも、
本当に良い考え方、良い姿勢でピアノに取り組んでくれていますし、
さらに、1点不足だった門下生も、
ご本人が「呪われているかのように」(笑)というほど色々重なって
当日思うように弾けなかったのですが、そのことを、


もしここで全国大会へ行っていたら今の自分に満足して、
おそらく今年でコンクールはやめていたかもしれません。
なので、これはここで満足せず来年以降ももっともっと勉強を続け、
コンクールを受け続けろということなのかと。
自分にはまだまだ伸びる可能性があるということなのかと勝手に解釈しました
(*^_^*)


・・・・という、最高最善の素晴らしい考え方で受け止めてくれたので、
もう、絶対に、今後、益々素晴らしく進化してくれると確信でき、
嬉しかったです。
こういうふうに考えてくれるなら、40代でのコンクール初挑戦は、
素晴らしい実を結んだと言えると思うのです。


ギプスは取れましたが、まだまだピアノは弾けません。でも、
私が一生懸命教えている門下生が、こうして成長してくれて
と〜〜〜〜っても、幸せです!! (^^)v

 

15



2012/11/8  2:06

投稿者:Megumi

みわさん、ありがとうございます。
10年以上もリハビリされているとは・・・適切な言葉がみつかりません。。本当に大変ですね。
私は左腕の神経を傷め、完治はしていませんが、健康な皆さんより音が出ると言われます。(出るというより、響くと・・)
神経を傷めたことで、そういう奏法に辿り着いて、東京や大阪でも教えている現在があります。みわさんも何か良い未来に辿り着くための試練でありますように。。

私はさらに骨折して、今は弾けませんが、後1週間か2週間で弾けるようになるはず・・という程度の、今回は軽い試練でした。手が動くことに感謝して、再びピアノを弾きたいと思います。

みわさんの手が動く日が1日も早く来ることを心からお祈りしています。
いつか、お会いできたらいいですね。(^^)


http://homepage2.nifty.com/Ainoyume/

2012/11/7  4:24

投稿者:みわ

素敵です。ぜひ良い事があって幸せになりますように!
私26の時にいきなり左手が動かなくなり、ウイーンから日本に帰ってきまして、もう10年以上リハビリをしています。自分の人生すら否定してしまいそうな私。とても苦しい。
でも40代までには手が再び動くようになり、再出発できると、このブログの存在が今日出会えて教えてくださいました。
その時お会いできると素敵ですね。
もう1度ウイーンにいらっしゃる先生が生きているうちに認めていただけるよう、今は手が動く日が来ると信じて、がんばります。
本当にありがとうございます。
一人でも多くの方に幸せになっていただけるような演奏ができる日が自分に来るよう信じて頑張ります。
(できれば、いつかこのブログの先生にお会いできたらいいなぁ)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ