2012/7/19

9月のコンサートの宣伝を開始しました + 進歩する幸せ  コンサート

ちらし、ポスターなど、印刷物ができて、いよいよ宣伝開始しました。
道東からお子さん連れて飛行機でレッスンに来るピアノの先生が
原稿を作ってくれました。

子育てとお仕事で大変なのに、
何度も何度も直してもらって、表面は第8稿です。
そんなに拘らなくても・・と自分でも思いましたが、(^^;)
こういう性格の私に付き合ってくれて、
こんなに完成度の高い素晴らしい作品に仕上げてくれたTさん、
ありがとうございました!!

まず、表。

クリックすると元のサイズで表示します


ここをクリックすると表面をPDFで表示します

そして、裏です。
クリックすると元のサイズで表示します


ここをクリックすると裏面をPDFで表示します

コンサート折込のほか、楽器店などにも置いてあります。

ひとりひとりが、色々、事情とか制限などがあるなかで、
30代、40代中心ですが、それぞれに成長してくれて
ほんとうに嬉しく思っています。

このブログに、門下生の成果や、
門下生が自らの言葉で語ってくれた成長の感動などを、
繰り返し、繰り返し、書き続けていますが、
それでも、
「大人がそんなに変われるものなのだろうか・・・?」と、
ここを見ながら思っている方は多いのではないかと思います。

数年前、ホールの職員さんに、
「先生のところは 上手な方が集まっていて 凄いですね。」と言われました。

もちろん、褒め言葉として言って下さったと思うので、
それは感謝していますが・・・

上手な人が「集まってきた」のではないんです。
最初から上手、というか、自分の演奏に満足して、
自分は素晴らしいと思っている人が、
わざわざ私に習いに来るワケがないです。

自分の音楽や音色や技術など、何かに納得いかず悩んできたとか、
手が痛いのを長年我慢してきたとか、
それぞれ、何かがあって、私と出会った皆さんなんです。

出演者の1人が、先月、言ってくれました。

「私、自分は一生ヘタだと思ってたのに、
こんなふうに弾けるようになって幸せです」と。

こんなふうに・・というのは、
まだ仕上がっていなかったけれど、
ゆっくりの練習でも、どうすれば音楽的になるかが分かって
曲に感動しながら練習できることでした。
その門下生は、私にだけでなく、お友達にも
「幸せ」だといつも言っていたら、お友達も習いに来てしまいました。(^^)


何度でも繰り返しますが、人は、年齢に関係なく、
そして、経歴にも、経験の量にも、才能にも関係なく、進歩します。
(このブログが発信しているテーマ、一番言いたいことは、これです。)


音大の先生ではない私の所に、なぜ、こんなに音大を出た人がいるのか、
何を習いに行ってるんだろう・・と思われる方は
「大人の先入観」を捨てて、聴いてみてくださいね。

何か、共通するものを感じていただけるかと思います。

23



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ