2012/7/16

曲を好きになる幸せ  コンサート

昨年、私が入賞した「万里の長城杯国際音楽コンクール」に
今年は東京でレッスンしている門下生の一人が入賞し、
今度の日曜に大阪で入賞演奏会に出演します。

ご本人の了解を得て書きますが、実は、以前ブログに書いた
「ハイドン記念日」のエピソードの主です。

古典派に、カチカチのイメージがあって苦手という方は多いですが、
苦手どころか、トラウマになっていた曲が、
私のレッスンで「大好きな曲」になり、是非弾きたくて、
多くの出演者が派手な曲を演奏するであろう入賞演奏会で
なんと、その、ハイドンを弾きます。


コンクール入賞そのものは、もちろん嬉しいですし、
また、演奏会で感動してもらえたり評価してもらえたなどの
門下生の皆さんからの報告は、ひとつひとつが本当に嬉しいです。

でも、曲を好きになった・・それも、嫌いだった曲が大好きになった
といわれるのも、レッスンする醍醐味かもしれません。

下の記事に書いたように、北関東の門下生が、
なんとなく好き・・と思っていた曲(ドビュッシーのアラベスク)が
「泣けちゃうくらい好き」になったとメールをくれましたが、
その曲の魅力が理解できて、
感動しながら演奏できるって幸せですよね。

それは決して自己陶酔などではなくて、
あくまでも曲に感動できたということなんです。
そういう喜びを得てほしくて、レッスンがんばっています。


私や門下生にコンクール歴があるからと言って
決して、競争の場で勝つ演奏を目指しているわけではありません。
(それを最大の目標にしてしまうのはとても危険です。)

それより、ハイドンでもドビュッシーでも、
泣けちゃうくらい好きになって、感動しながら弾いてくれたら
そして、それを聴く人が、一緒に感動してくれたら・・・
それが、「ピアノを弾く幸せ」かもしれません。(^^)


トラウマから抜け出した、「生き生きハイドン」に、
興味をもって下さる方は、よかったらお聴きください。
22日(日)大阪旭区民センター大ホールです。



P.S.
万里の長城って、今までの公称よりずっと長かったという話、
びっくりしましたね。。。(^^;)

「倍以上長かった 万里の長城 全長2万1196キロと発表」
(記事へのリンクです。)

14



2012/8/7  3:16

投稿者:Megumi

ハルさん、コメントありがとうございます。
コメント入っているのに気付かず
お返事が大変遅くなって失礼しました。
(連絡メールが来たはずなのですが、
大量のメールにまぎれて見過ごしてしまったかもしれません)

50代過ぎてから声楽というのは
素晴らしいですね。
年齢に関係なく、本当に真剣に学び、取り組めば、
速い遅いは人によるでしょうけれど、
続けていれば、必ず、「進歩」はしますよね。
続ける事に意義は、絶対にあると思います。

私のブログが勉強になるなんて
ありがとうございます。
時々手が回らなくて放置してしまいますが、
やめずに書き続けようと思います。

今後とも、よろしくお願い致します。

http://homepage2.nifty.com/Ainoyume/

2012/8/2  0:26

投稿者:ハル

>泣けちゃうくらい好きになって、感動しながら弾いてくれたら
>そして、それを聴く人が、一緒に感動してくれたら・・・
>それが、「ピアノを弾く幸せ」かもしれません。(^^)
〜〜〜〜〜〜〜〜☆☆☆

私は50代過ぎてから、ひょんなことから、
最も苦手な声楽を始めて4年目になります。

仕事に押されて、練習サボり魔のノンビリ生徒ですが、
私の中では、とにかく続ける事に意義有りかなぁと思っています。。。

歌曲を学ぶ時には、
>「泣けちゃうくらい好きになって、感動して」
歌えるようになりたいなぁ、と思います(^^)

野谷恵さんのブログは、音楽を目指す者として、
とっても刺激になり、お勉強させて頂いています。

いつも、お忙しい中更新下さり、感謝しております。

お忙しい中、どうぞ、お身体、ご自愛下さいませ。






コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ