2012/4/17

羽生結弦君のつばさ (ポスター追加)  羽生結弦選手またはフィギュアスケート

フィギュアスケートを見るのは、私の場合、
第一には、芸術的な意味で鑑賞し、感動したいからですが、
体の使い方も、とても興味深く見ています。

一見、同じような動作をしていても、それぞれの選手が、
重心の取り方や、筋肉・関節の使い方などで微妙に違い、
それが、美しさや、うまさの違いになっていて面白いです。

お相撲の白鵬を観察して参考にしたサッカー選手に限らず、
体を使うことを見るのは別ジャンルでも勉強になります。

羽生結弦君はひとつひとつの動きが本当に素晴らしいですが、
さらに素晴らしいのは、その動きや技術が
表現のために奉仕しているように見えるところ。。。

音楽や、物語の中に入り込んで、心で感じ、
それを表現していますよね。
まさしくアーティストと感じます。素晴らしいです。

「ロミオとジュリエット」では何度も泣きましたが、
泣く事もできずに、息をのんで固まるのは、
「白鳥の湖」です。動画へのリンク

肩甲骨の使い方が素晴らしいので、
体の中心から動いているように見える腕の動きが
本当に美しくて・・・・
氷上に伏せて前へ延ばす腕や、
ステップと共に大きくふりまわす腕や、
シットスピンから体を伏せたままで広げる腕・・・など、
様々な表情を見せる腕は、つばさそのもの。

もはや人間ではなく、大きく美しい、神聖な鳥が
傷つき、哀しんでいるかのように見えます。
本当に凄い身体能力と感受性と表現力です。


フィギュアに詳しい門下生が、(高橋大輔選手のファンなのに)
羽生結弦君を生で見ると、絶対泣ける・・・と言っていました。
一方、フィギュアは詳しくない門下生に、
色々な意味で勉強になるから、と見るのを勧めたら、
さっそく見て衝撃を受け、泣いた・・・と言っていました。

詳しい人も、知らなかった人も、感動で泣かせるアーティストであり、
素晴らしく強いアスリートの精神を持った羽生結弦君が、
震災の経験を乗り越えることで一層深めた感性を生かして、
益々感動させてくれるのを楽しみにしつつ、
そのつばさで飛躍してくれることを祈っています。


P.S.

東日本大震災への寄付を呼びかけるポスター発見。

呼びかけている震災機構のHPはこちらです。
http://www.sinsai-kikou.jp/index.html

寄附のページはこちら。
http://www.sinsai-kikou.jp/03.info/index.php?art=3

名称が「東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構」と、
目的が明記されているのが分かりやすくていいですね。

クリックすると元のサイズで表示します 

19



2012/4/24  1:56

投稿者:Megumi

Rainyさん、見てくださったんですね!ありがとうございます。
とてもお気持ちの伝わってくる、嬉しいご感想、ありがとうございます。
結弦君の存在感すごいですよね。本当にアーティストと思います。

私のことまでありがとうございます。そんなふうに感じてくださったんですね。
とても嬉しいです。また聞いていただけるようにがんばりますね。

2012/4/23  10:13

投稿者:Rainy

おはようございます。動画、見ました。家にテレビがないので、こういう情報に遅れがちでした。

泣けました。こういうアーティストがいたのですね。今までの人と、ちょっと違う。しなやかで、品があって、中世的で、人間を超えた何かがあるような気がします。

演技を見る前からなぜか涙が・・・出てきた瞬間から感動するんですよね。このアーティストの持つ存在感なんでしょうか。

恵さんのときもそうだったんですけど、恵さんが舞台に出てこられた瞬間から、私感動してたんです。演奏前なのに、あの気持ちはいったいなんだったんだろうと。

考えてみたら、すごくドラマチックだったんですよね。素晴らしいアーティストというのは、出てきた瞬間からもうドラマが始まっている。そんな気がします。

http://ameblo.jp/rainy-june/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ