2012/4/10

踊るピアソラ と ハイドン記念日  ピアノ

練習はあまりする気にならなかった時期も、
レッスンは、しはじめると、絶対、エネルギッシュにできていました。
相手の情熱との相乗効果もあるのかもしれません。

冬の札幌は、来る回数が減る門下生が多かったのですが(冬眠?)、
東京では演奏会やコンクールなどに向けて、
1人で2時間とか3時間とかのレッスンも多く、とても盛り上がっていました。

    *********************

2月3月連続で、ピアソラの連弾曲ばかり、2組で合計4曲のレッスンは
どちらも、片方は「初めまして」の方だったのですが、
とても充実したものになり、喜んでももらえて、よかったです。

リズム感、その前に音の長さの違いをどう感じるか、といった、
一見、基本的過ぎると思われるような説明もしましたが、
言葉でコマゴマ色々言った後は、そう感じると実際どうなるかを
私が少々オーバーに動く指揮をしながら弾いてもらいました。
もう、ぐいぐい変わっていって、本当にカッコよく盛り上がりました。
(私も乗って踊ってましたね、笑)

きっと良い演奏会になるに違いないと確信しています。
( ここ見てるかな?がんばってくださいね!! )

    ********************

一方、堅苦しいイメージを持たれがちな古典派、
ハイドンのソナタ(全曲)のレッスンでも、
根本的な「時間の捉え方」「音の重さの捉え方」などといった
生き生きとしたリズム感を根本的に考え直すことと、
音符の連なりをどう考え、どうやって長いフレーズを作るかなどで、
とても魅力的なハイドンがその場で出現してくれて、嬉しかったです。

ハイドンのレッスン後に話してくれたのですが、
学生時代、有名ピアニストの公開レッスンで、演奏直後に、
「どうして日本人が弾くと、こうなっちゃうんだろうねえ。。」と
呆れたように言われ、頭が真っ白になって
その後の記憶がないほどのショックを受けた曲だったそうです。

その有名ピアニストは長く外国で学んだ方ですが、
学生へのレッスンで、そんなバッサリ切り捨てるようにけなす前に、
「日本では古典派はカチカチに固く思われがちだけれど、
自分が勉強して来たことによると、
こういう風にすれば素敵になるよ。」と、
分かるように、教えてくれればいいのに、と思いますが。。。

とにかく、十数年間、トラウマだった曲が、
違う曲のように素敵になって、本当に嬉しかったとのこと、
「今日は記念日になりました。」なんて、
素敵な言葉で表現してくれました。よかったです。(^^)


    ******************

他にも、生徒さんのコンクールの曲でレッスンを受けた先生や、
十数年ぶりに発表会で講師演奏しようと決心した先生や、
お友達の生徒さんたちの発表会で生徒さんたちのために
演奏してほしいと頼まれた先生などなど、
ピアノの先生方が学ぼうと頑張る姿が、本当に素晴らしく、胸を打たれました。

これからも、そういう素晴らしい向上心を持って、
レッスンを受けに来られる皆さんのために、
もっともっと良いレッスンができるように、私も頑張りたいと思います。

17



2012/4/16  0:11

投稿者:Megumi

Rainyさん、お久しぶりです。書き込みありがとうございます。

そうですか。。英語でも、トラウマを作るような先生は多いのですね。残念なことですね。。

この有名ピアニストの言葉は、確かにRainyさんが言われるように「上から目線」ですよね。それは、熱血(つまり指導に熱心)というより、エリート意識かなという気もします。
もちろん、長く外国で学んで、色々分かったのでしょうけれど、公開レッスンは、聴講する多くの人の前で行われるので、いきなりショッキングな否定から入るのは、ステージ上でレッスンを受けている受講者の立場をなくしますし、さらには、聴講している専門家や音大の学生達にとっても、距離感を感じさせてしまうと思うので、上手なやり方ではないですよね。

私も30代の頃、音大の招きで札幌や東京に住まわれていた3人の外国人の先生方に、継続して、述べ8年間学びましたから、日本に居ながらにして留学に近い勉強ができましたし、その後も機会を見つけては勉強しているので、普通に学校を出ただけの状態よりは、分かった事が沢山あります。でも、それを人に伝えるということに人生の使命感を感じているので、レッスンを受ける人に「どうやったら、少しでも深く、分かってもらえるか」「どうやって、知識を受け取ってもらうか」を必死で考えながらレッスンしますから、ショッキングな否定からは入らないですね。(少なくても自分ではしていないつもりです。)
この十数年前の受講者さんも今はピアノの先生ですが、トラウマや劣等感を抱えたピアノの先生方って、実はとても多いので(私もそうでしたから)楽に弾ける良い弾き方や、具体的な音楽表現法を伝える事で、それを少しでも解決できたらうれしいです。。

Rainyさんは留学されていますが、エリート意識どころか、謙虚で、繊細で、心優しい気遣いのできる素敵な方なので、Rainyさんが英語の先生になられたら、英語が大好きな日本人が、絶対、増えると思います。是非是非、なってください!応援しています!!(今、休職中なら、次のお仕事は先生でもいいかもしれませんね♪)



http://homepage2.nifty.com/Ainoyume/

2012/4/14  14:43

投稿者:Rainy

惠さんお久しぶりです☆
精力的に活躍されているのですね。励まされます。
どうぞ健康第一で、お過ごしくださいね。

ピアノの先生に限らず、熱血先生と呼ばれる人たちは、
上から目線の人が多いように感じます。
なんであんな見下すような言い方するのかなあっていつも
悲しくなります。特に音楽をやっている方は、
感受性が豊かで傷つきやすい方が多いと思うので、
「どうして日本人が弾くと・・・」なんて言われたら、
もう立ち直れないくらい傷つく人いると思います。

私は新卒から一貫して英語関係の仕事をしていて
(今、休職中なんですが^^;)、英語が話せるように
なりたい、という人から、英語の勉強方法をよく
聞かれるんですね。で、よくよくその人を話を聞いていたら、
大抵、英語の先生と合わなかったとか、ひどいこと
言われたとか、先生にたいして苦手意識を持っていたから、
自動的に英語嫌いになったという人が多いんです。

それを聞くと、先生って本当に影響力が大きいんだと
感じます。

惠さんに習われた生徒さんは、きっとピアノだけでなく、
自分の人生も愛されるようになるのではないか、と思います。

私はいつか自宅で英語を教えたいという夢があるのですが、
惠さんのように、生徒さんを尊重し寄り添える、
そして踊れる講師になりたいと思います(^-^)


http://ameblo.jp/rainy-june/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ