2012/4/2

羽生結弦君、素晴らしかった!・・と言いながら復活  ピアノ

お久しぶりです。

普段なかなかお会いできない皆さんには、
ブログを書かない事で大変ご心配をおかけしていると、
十分分かっていながら、どうしても書けなかった理由は、
一言では表現できないんですが
簡単に言うと、昨年来の疲れがたまって
少々神経が参っていたみたいです。

例えば、山ほどのメールの応対は常にあることなのに、
そのお返事をしないうちにブログなんか書いたら
「お返事くれてないのに、ブログを書く時間はあるのね。
私よりブログがだいじなのね。」という感じに
問い合わせメールや、相談メールや、
レッスンメールを出した方に悪く思われるのではないかと
考えてしまったり、
全部お返事してからと思うと夜明けになってしまったり・・・

記事内容にしても、
こういうことを書いても、ああいうことを書いても、
悪く思われるのではないか・・とか考えてしまうし。
まあ、ウツですよね。
睡眠障害も酷くて、夜中に何度も何度も目が覚める状態でした。

ただ、レッスンを受けていた皆さんは、この記事に驚かれると思います。
それほど、情熱的に(笑)レッスンできていました。

というか、レッスンに救われていて、だんだん立ち直れた感じです。
目の前で演奏が変わる、
レッスンに感激してくれる、
ちょっと私が部分的に弾くと泣いてくれたりする・・・
そういう風に、
レッスンを受ける皆さんの反応に救われ、
人のお役に立てるという何にも勝る充実感で、復帰できました。

それと、プラス、羽生結弦君のお蔭もあります。

本当に素晴らしい氷上の演技者&芸術家で、
録画を見ては感動することで、何度も癒してもらいました。
そして、まっすぐ立ち向う精神が見えるところもいいです。
今回のフリーでも、転倒後、すごい精神力でくじけず頑張りとおして
素晴らしかった。。
結弦君、ありがとう。
あなたが励ましたのは被災地だけではないです。

フィギュアの話はまたいずれ・・・

次の記事では、予告したまま2ヶ月以上も放置してしまった
チャリティーコンサートのステージ写真を、今度こそ、掲載します。

16



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ