2011/11/11

肺炎中につき 応援念力募集中♪  コンサート

東京でちょっと風邪ひろったかな・・とは思いました。数日で収まるだろうと思ったのですけれど収まらなくて。。帰って来て、水曜からは蚊のなくような声しか出なくなって、咳きも出てきて、熱を計ると38度3分とか。。。木曜に病院へ行ったら肺炎でした。入院するかどうかは、来週月曜の再検査で決まります。

とにかく、今はレッスンしてはいけないということで、休んでいますが、もう、ここまで来ると、レッスンが無いと絶対に困るという人は少数(?)なので、なんとかなると思っていますし、私自身の演奏についても、万が一、入院が長引いたとしても外出させてもらって出演するつもりです。なんとかなる・・というより、なんとかする・・と思っています。演奏の直前に大変だったことなんて、今まで、何度も何度もあって、それでも、なんとかしてきましたから。。今回もできます。


一番大変だった記憶は、随分前ですが、30分近くノンストップの大曲、「さすらい人幻想曲」(シューベルト)を演奏する6週間前に、車のドアに小指を挟んで潰した時でした。爪の付け根から血が吹き出してきて、タクシーで救急病院へ行って、「多分(骨が)折れている。」と言われた時は、気絶しそうな絶望感でした。。。4週間も弾けなかった間、片手練習や、楽譜とにらめっこなど、色々な方法を工夫して頭に入れる努力をしましたし、弾けるようになった最後の2週間も、工夫した練習をしました。必死でしたけれど、演奏には、感動したと言ってくださった方が多く、よかったです。

そういった色々な経験を乗り越えて、弾き続けてきましたから、今回もなんとかします。(クラ・コン本選も、まとまった練習ができたのは前日と当日だけでしたし。)

でも、ここを見てくださってる皆さん、、もし、応援して下さったらうれしいです♪「治るように!」と念じて下さったら嬉しいです。そのエネルギーと自分の念の力で治します。・・・あ、いえ、医学の力が一番大きいのは当然ですが。。(^^;)
私もここを見て下さる皆さんがお幸せであるようにとお祈りします。

ちなみに・・・昔の人は「意識の力」をよく知っていましたよね。「人を呪わば穴二つ」ということわざは、「呪いの力は自分に返って来て自分も死ぬから、人を呪うなら、相手と自分と二人分の墓穴二つを掘ってから呪え」という意味ですから。(コワ過ぎ・・)

「良い意識」を噴出させて、良い世の中にしたいですね!!

P.S.
肺炎なのでレッスンお休みすると、昨日一斉メールをしたところ、「ストレスで免疫力が下がってしまったに違いなく、その要因である私としては申し訳ない気持ちでいっぱいです。」なんて、可愛いメールを門下生コンサートの出演者からもらいましたが、いえいえ、あなたのせいではありませんよ。(笑)

膵炎などという炎症性の疾患を体の中に抱えていると、免疫力は高いとはいえないのですよ。
そうそう、だから、門下生のみなさん、レッスンのときは、ちょっとでも風邪気味だったら、マスクをしてきてくださいね。よろしくです♪(^^)
33



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ