2010/9/16

ハンガリー 3  美しく青き・・・一瞬のドナウ  ハンガリー リスト音楽院

ハンガリーに着いたのは夕暮れ時でした。
空港からホテルまでのバスが、結構なスピードで走り抜けた
一瞬のドナウ川を、バスの車窓越しに撮ったものです。
クリックすると元のサイズで表示します

本当に一瞬しか見られなかったのですが、
子供の頃から歌詞や曲名で知っていたドナウ川を
車窓越しでも、一瞬でも、この目で見られたのは感動でした。
こんなに広い河だったのかと驚きました。

練習室(普段はレッスン室)です。
クリックすると元のサイズで表示します
実は、リスト音楽院が今修復工事中で使えず、
姉妹校でのレッスンでした。

将来リスト音楽院へ行く少年少女が通う、
レオ・ヴァイネル音楽院という学校で、
(レオ・ヴァイネルはハンガリーの音楽家の名前です)
レッスンはホールで行われ、その間、
レッスン中以外の全員に1部屋ずつ
練習室が与えられたという贅沢な環境でした。

このピアノはペトロフでした。
『すごい!普段からヨーロッパのピアノでレッスンしてるのね!』と
一瞬思ってから気づきました。
『ここ、ヨーロッパだった。。。(−−;)』

他のお部屋のピアノも、スタインウェイや
ブリュートナーなどが中心でした。
日本製のピアノもありました。

上の写真の反対側の壁です。やはり壁にはポトスが。。
クリックすると元のサイズで表示します
壁のポスターは、
この学校のホールで開催されたコンサートのポスターでした。

ピアノの上のポトス(本物)です。
鉢をかけているのは、音符の形の壁掛けでおしゃれでした。
クリックすると元のサイズで表示します

写真なんか撮っていないで練習しろって思うでしょう?(^^;)
していたんですよ。かなりまじめに(笑)。
ただ、空調はあっても、ピアノに向かうと
後頭部や首に陽があたるので、凄い暑さで、
熱中症になりそうで、時々ピアノを離れました。

朝早くから夕方まで、
レッスンを受ける以外は各自練習室にこもり、
ピアノ漬けの結構ハードな日々でした。。

20



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ