2010/4/30

やさしい曲の難しさ  ピアノ

コンクールやコンサートの話題が続きましたが、
そういうところで弾くような難しい曲にだけ、
価値があると思っているわけでは、もちろん、ありません。

先日、大変胸を打たれたのは、
県境を複数越えた遠くから、ブルクミュラーを持って
レッスンに来られたピアノの先生の姿勢でした。
もうすぐ赤ちゃんが生まれるので、
レッスンは続けられないのですが、
生徒さんたちに教えている事がこれでいいのかどうか、
県内の先生に習っても納得がいかない所があったようで
私のHPを読んで、どうしても、赤ちゃんが生まれる前に
レッスンを受けたかったのだそうです。

どういう曲で勉強しても、学んだことの中の何かを
小さな生徒さんたちのために生かすことはできますが、
限られた時間しかレッスンを受けられない状況の場合は、
今、実際に教えている、その曲でレッスンを受ければ
一番違いが分かりやすく、そのままレッスンに役立てられるわけです。

音大を出たピアノの先生が、遠くから、ブルクミュラーを持って
生徒さんたちのためにレッスンを受けに来るというその姿勢に、
本当に感動しましたし、心から嬉しく思いました。

札幌でも、近々演奏会がない時とか、
人前で演奏する気はない、という場合、
チェルニーの8小節の練習曲やバッハのインヴェンションなどで
ピアノの先生方がレッスンを受けることは実際にありますし、
私の方からお勧めすることもあるくらいです。

ここをご覧のピアノの先生方で、
生徒さんたちのために勉強したい気持ちはあるけれど、
難しい曲を練習する余裕はないし、かといって、
あまり易しい曲でレッスンに行くのは恥ずかしいとか、失礼では・・とか、
迷っている方がいらしたら、
全然そんなことはありませんから、
ブルクミュラーでも、チェルニーでも、
本当に、どうぞ、ご遠慮なく。。。(^^)

易しい曲を、ほんとうに素敵に弾くのは、実は、けっこう難しいのです。

21



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ