2009/10/26

東京レッスン&札幌レッスン  ピアノ

実は、ついに慢性膵炎と言い渡されて点滴に通っていますが、いかに心が体を支えるか・・というのを実感しています。(だって「先生、元気そう!」って言われましたから♪)

その、「体を支える心」の支えになっているのが、ピアノのレッスンです。弾き方や楽譜の表現が少しずつでも着実に良くなっていく様子を目の当たりにするのは凄い高揚感です。

今回の東京レッスンでは、愛知県のピアノの先生の初レッスンがとてもエキサイティング(!)でした。
ピアノを弾く時の体の使い方について、長い間悩み、考え、色々模索してきたそうで、まさにこのレッスンを求めていた、という感じで感動してもらえて、こちらこそ感動でした。

詳しくは書けませんが、色々模索する中で、かなり私の考えに近いことを発見したり、色々な角度から努力されていたので、レッスンの理解力が過去最速という感じでした。
1時間30分のレッスン中、最初に5分ほどの曲を弾いた後は、ずっと体の事に関する講義と質疑応答のような感じで、最後にもう1回弾いた時、完全ではありませんが、確かに変わったのです。ご本人も「(弾き心地が)違います!」と。。
1回でというのは凄いです。これからがとても楽しみです。

一方札幌でも、東京へ行く前、忙しくてブログに書けなかったのですが、とってもうれしいことが。。
私のレッスンを受けて、それを伝える事で生徒さんたちが凄く変わったと、嬉しいメールを以前にも書いてくれていたピアノの先生が、今月の発表会で、生徒さんたちの音や表現が明らかに変わっていて、とてもきれいな音が響いて、お母さん方から感激メールが殺到したのだそうです。

よかったですね!私も本当に嬉しいです♪


たまには、レッスンの中で、ちょっと演奏する事もあります。
今日、レッスン曲は革命のエチュードではなかったのですが、「革命のエチュードタイプの曲」(左の伴奏の方が忙しく難しいけれど、そっちに意識が行ってしまうと格好がつかない曲)のレッスンをしていて、革命のエチュードを例に2種類弾き分けて説明して、1曲丸ごと弾いたら、もう、ポロポロ泣いて感動したと言ってくれたので、それも元気の元になりました。

というわけで、慢性膵炎、どこ吹く風・・とばかりに元気です。

書きたいこと沢山あるのですが・・今日はここまで♪


21



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ