2009/9/29

☆。・。うれしい報告。・。☆。・  ピアノ

遠く根室から毎月レッスンに通ってきている頑張り屋さんの
あゆみさんからうれしい報告がありました。

根室で毎年行われる大きな音楽大会があり、
そこであゆみさんの生徒さんが沢山入賞したそうです。

ピアノの部
4位である国際ソロプチミスト賞(中高生の部)
5位である大地みらい信金賞(小3以下の部)
他に入賞2人、
奨励賞3人

独唱の部
3位である根室市音楽協会長賞

中高生の部4位の中2の子は、
その上位3人が高校生なので、
中学生ではトップの成績だそうです。凄いですね!


でも、沢山の受賞も素晴らしいけれど、
もっと嬉しかったのは、他の先生方から、
『あゆみ先生のところの生徒さんは、みんな音色がきれいだねー。』と
言っていただけたとのこと。

「私が先生に習ったことが、少しずつ生徒達にも浸透してきたのかなあと思います。」
という報告でした。

大勢の中に、1人か2人、いい音を出して弾く子がいたら、
それは、偶然、その子の弾き方がよかった、ということでしょうけれど
『みんな音色がきれい・・』というのは、絶対に偶然ではありませんよね。。。(^^)v


そして、さらに嬉しかったのは、あゆみさんの価値観でした。

難しい曲をミスしないで弾くことが大事なのではなく、
易しい曲でも、きれいな音で、素敵に弾く事の方が大事と考えていて、
入賞まであと一歩だった生徒さんたちに関して、
『もうちょっと難しい曲を弾いていたら・・(入賞したかもしれないのに)』という
評価があっても、いい音で弾くことの方が、
身に付けるのが難しいと身をもって知っているから、
無理に難しい曲をさせようとは思わない、とのこと。

生徒さんたちにも、しっかりと、
「賞をもらうためにピアノを弾くわけじゃないよ!」と言っているそうです。
(ここ、大事です。賞とか勝ち負けのためにピアノを弾くわけではないと
先生がはっきり言わなくては、生徒がいつか、疲れてしまいます。)

いつも、夜行バスで、一晩ろくろく眠れずにレッスンに来て、
疲れているでしょうに、
元気で、笑顔で、積極的素直さ(上手く言えませんがこういう感じ)で、
どんどんレッスンを吸収していく、
「生徒」としてのあゆみさんを見ていますが、
今回は、沢山の生徒さんを、真剣に指導している
「先生」としてのあゆみさんのプロフェッショナルな姿がくっきり見えて、
ほんとうに頼もしく、嬉しい報告でした。


根室のお近くの方は
「あゆみピアノ・リトミック教室」へ是非どうぞ♪(^^)

ただし、毎週の定期レッスンはもういっぱいで、
大人の方の、1レッスン制の不定期レッスンのみ、
お受けできるそうです。


22



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ