2009/8/31

人生の可能性  ピアノ

色々な意味で、私の方が本当に尊敬してしまう門下生が沢山いて、
なんて幸せなことかと思います。

中でも、東京まで片道3時間かけて、遠くから、もう2年くらい、
レッスンに通って来られている60代のピアノの先生は
まず、その謙虚な姿勢に、最初から脱帽でした。
東京の一流音大を卒業されているのに、
60代で、改めてレッスンを受け始めるのは、「凄い!」と思っていました。


2年前、最初に持ってこられたのは現代音楽。
三善晃の合唱曲の伴奏だったのを覚えています。
(本番の予定がありました。)
「ここの音型がどうしても弾けないんです。」と言われた所を
「あ、こういう音型はこうすると弾けるんです。」と
動作と言葉で説明すると、弾けるようになったことと、
音楽的な解釈でも、びっくりして下さって、
それからは色々な曲を・・・ショパンからポピュラーまで、
持ってレッスンに来られました。

そして・・・

先日のレッスンで大変嬉しいお話を聞きました。

そういう「楽譜がこうなっているから・・」という
音楽表現を考えるレッスンが、とても役に立ったそうで、
最近開催した2台のピアノ中心のホームコンサート
(モーツァルトの2台のソナタ、ショスタコーヴィッチのコンチェルティーノ、
連弾でブラームスのワルツ、他)が大変好評だったとのこと。

私の音楽表現のレッスンで勉強を重ねて来たことで、
2台のパートナーに、確信を持って「こうしよう」と言えて、
いい演奏にできたと、
「本当に、先生のお蔭なんです。」と言われて
どんなに嬉しかったか、言葉に出来ません。

さらに、単に好評だっただけでなく・・・

ソロ演奏のお話が2件も来たそうです!!(^^)v

ピアノのあるギャラリーの展覧会でのコンサートと、
福祉施設でのコンサート。
いずれも、ホームコンサートを聴きにいらした方からのお話だそうですから、
単なる「好評」以上の成果ですよね。

「こんなことになるなんて・・・」と嬉しそうに話して下さって、
いつも、「年齢は関係ない」と言っている私ですが、
本当に、人間の可能性って凄いなあと、心から感動したのでした。

人生って、やる気と姿勢で、いくらでも、いつからでも、
開けていくのですね。
「先生のお蔭・・」と言って下さったけれど、
まず、ご自身が、60代で勉強を再開しようとしなければ、
こうはならなかったわけです。

改めて、尊敬しますし、
私も、いくつからでも、人生を切り開けるよう頑張ります♪(^^)


25



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ