2009/8/2

ホーム・コンサート (東京レッスン 2)  ピアノ

クラシックって、日本で普通に生活していると、あまり聴きませんよね。

でも、たまに聴く機会があれば、結構いいな・・と思う方も多くて
「のだめカンタービレ」のオープニングテーマに使われた
ベートーヴェンの交響曲第7番が流行ったり、
浅田真央ちゃんのフィギュアスケートに使われると
ハチャトゥリアンの仮面舞踏会のワルツが流行ったりします。

「食わず嫌い」ならぬ「聴かず嫌い」から抜け出して
クラシックを聴いてもらえれば、
素敵な曲が沢山あると、分かってもらえるのですけど、
その機会をどう作るかが難しいですよね。

静岡県の、しかも西の方から、新幹線に乗って
東京へ私のレッスンを受けに通って来られているピアノの先生が、
ご自宅のレッスン室で、ご近所の皆さんを沢山招いて、
ホームコンサートを開催したそうです。

ソロでは、
ショパンの「革命のエチュード」や
モーツァルトの「トルコ行進曲」などの超有名曲や、
ピアノ講師のお友達とピアノ連弾で、
「となりのトトロ」や
「ねこふんじゃったスペシャル」とか
ピアノとエレクトーンのデュオでディズニーとか
バラエティー豊かな曲目で、さらに、
そのお友達の朗読で「にじいろのさかな」という絵本の朗読と
ピアノソロでドビュッシーの「夢」の共演。
素敵だったでしょうね!!

参加者が飽きないように、クイズコーナーを作ったり
トトロは一緒に歌ってもらったりと、工夫もしたそうです。

思った以上の大好評で、しかも、
普段クラシックを聴かない子供たちが
「トトロ」だけでなく、クラシックにとても興味を持って
喜んでくれたそうです。
クラシックを広める草の根運動?(笑)
素晴らしいことですよね!!

小さなホームコンサートでも、とても大きな成果だと思います。
是非続けて下さいね!・・・と私が言うまでもなく、
集まった皆さんから、是非、続けてほしいと口々に言われたそうです。
よかったですね!!

人前で演奏するなんて
とっても苦手だったピアノの先生(そういう方、実は多いのです)が、
何曲も人前で演奏して、大好評を得て、
そういう演奏が出来るようになったのは、
私のレッスンのお蔭だと、言ってくれました。

どんなに幸せな気持ちだったか・・・説明できません。。(^^)
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ