2008/11/5

変わる  ピアノ

今日も遠くから通ってくるピアノの先生のレッスンがありました。本当に偉いなと思っています。もう勉強する「義務」はないですよね。そのまま先生としてお仕事を続けてなんら支障はないのに、教えている生徒さん達のためとか、向上心に支えられて、長距離を長時間かけてレッスンを受けに来る。
その姿勢が、本当に素晴らしいと、本当に美しいと思います。
もちろん、遠くない人も・・美しいです。

年齢に関係なく進歩は可能とはいえ、やはり若い方が速いから、時には、生徒の方があっさり出来たりすると、自分はもう限界かなと思ったりするそうですが、そんな時に私の年を思い出して励まされる・・と言ってくれる人が増えて、頑張った甲斐があったと思えます。

今年入賞したコンクールなんて、大学部門と一般部門が一緒で、つまり、18歳の子と一緒に点数を付けられると言う、とてつもないプレッシャーの中で弾いたわけで、それはもうキツイのなんの(笑)。でも、そういう精神的にも肉体的にもきつい事を50代になってやってきて、自分自身も変われたし、それを見ていてくれる門下生の皆さんの考え方も変わった人が多いし、それがきっかけで勇気を奮って勉強を再開した皆さんもいるし・・となると、これはとても価値のあることだったと思うのです。

昨年春以来、胃腸にポリープができたり、膵炎やら、胃炎(軽い胃潰瘍も)やら、原因不明の微熱が続くやら、しまいに突発性難聴やら、我ながら見事に病気ばかりしていますが、もう歳だからと、のんびり暮していたら、絶対に分からなかった事が分かって、色々な点で変われたから、これでよかったのだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

耳にいい紫の花♪
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ