2008/2/11

第1回エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクール入賞  ピアノ

東京へ行っていました。今回は、ロシアの先生からレッスンを受け、コンクールも受け、東京の皆さんにレッスンもして、大忙しでした。
東京国際マスタークラスというタイトルでレッスンがあり、第1回エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクールというのも同時に行われたのです。

実は昨年から胃炎だけでなく膵炎で、丁度演奏会の頃やっと治まったばかりで、まだしばらくは薬を続けて、お酒・脂肪・ストレスは避けるように言われてたのに、こんなことやっていいのかなあとは思ったのですが・・・そうある機会ではないので行きました。トシを取って来ると、後何年こういうことができるか、とか、来年はもっと元気とは限らないし、とか考えてしまうのです。。

上位入賞者には賞金が出るコンクールで、そういうのは結構レベルの高い人が集まりがちなので、凄く緊張しました。何度も人前で弾いてるのに、ホントに死にそうに緊張します。点数を付けられるというシビアな場は、演奏会とは全く違う空気です。だからこそ、今、ピアノの先生をしている皆さんがレッスンを受けたいと来られる事が凄く増えて責任を感じている身としては、気を緩めずに、自分を磨いたり反省したりする絶好の機会と思ったのです。実際、色々な角度から、勉強になりました。

賞金をもらうほどの上位にはなれませんでしたが、入賞したので、入賞演奏会というのがそのうちあるようです。東京の皆さん、また聴きに来て下さいね。
3



2008/2/17  0:44

投稿者:MariO

ご丁寧にありがとうございます☆
明日の演奏を終えて、ゆっくりと読ませていただきます。

http://pink.ap.teacup.com/mari01112002/

2008/2/16  23:10

投稿者:Megumi

MariOさん、受け止めて下さって、こちらこそ、
心からありがとうございます。
悪意とは、もちろん思いませんでしたよ。

それにしても大変な量の勉強をされていますね。
それが報われ、方向の違うレッスンにも悩まなくなれるよう、心からお祈りしています。

前に書いた「レッスンについて」のページ
http://homepage2.nifty.com/Ainoyume/page004.html
↑は、全部は長いので、その一部の
http://homepage2.nifty.com/Ainoyume/page004.html#sinpo
↑だけでも読んでみて下さい。

今回、MariOさんのお蔭で色々改めて振り返り、考える機会になりました。
私は勉強に関しては、とても幸せだったと思います。

http://homepage2.nifty.com/Ainoyume/

2008/2/16  16:08

投稿者:MariO

貴重なご意見をありがとうございました。
あまり、悪意的な気持ちはなかったのですが、
以後きをつけたいと思います。

http://pink.ap.teacup.com/mari01112002/

2008/2/16  3:20

投稿者:Megumi

●MariOさん、ブログもHPも拝見しました。
そうですね、アドヴァイスはありますが、
その前にちょっとだけ、感じた事を書かせて下さいね。

MariOさんのブログでは、杉谷先生のお名前をフルネームで何度も出して
(杉谷昭子 公開レッスンで検察するとMariOさんのブログがご本人のより先に出ます。)
公開レッスンの詳細な内容を、楽譜の画像まで出して公開し、
それが、疑問だと書いたり、別の記事でも、そうするとどんどん崩れていくとか
批判的なことが書かれています。
私は、杉谷先生とは何の関係もないし、内容には確かに良くないと思う部分もありますが、
ネット上でああいうことをするのは、専門家にとっては仕事上の大変な打撃で、
分かりやすく表現すると営業妨害に近いのではないかと思いますよ。

公開レッスンや公開講座は、入場料を払った人、その場にいる人に公開されているけれど
その内容を、聴講者や受講者がネット上で公開してしまうというのは、
例えば本の内容を(本代を払って買っても)勝手にネット上に公開してしまうのに近いと思うし、
さらにそれに対して批判的に書いているのですから杉谷先生にとっては大変なダメージでしょう。

疑問だったり、納得が行かないなら、ああいう形で杉谷先生にご迷惑をかけるよりは
公開レッスンを受けない方がいいように思うのですが、どうでしょう?

私は本当に杉谷先生とは何も関係ないし、弁護するわけではありませんが、
どうかお気を悪くなさらず、ちょっと・・・先生のお立場やお気持ちを考えてみて下さいね。

さて、本題です。
ご質問の、複数の先生から違う方向の指導をされた場合のアドヴァイスですが、
http://homepage2.nifty.com/Ainoyume/page004.html
↑のページの「ピアノレッスンについて」という項目に答えがあります。
分かって頂きやすいように少々加筆しました。
かなり長いですが、読んでみて下さいね。


MariOさんのお勉強が、豊かに実るよう、心からお祈りしています。


http://homepage2.nifty.com/Ainoyume/

2008/2/16  0:14

投稿者:Megumi

●RIEKOさん、お祝いメッセージありがとうございます。

RIEKOさんは、甘えてなんかいませんよ。お子さんがまだ小さいのに、子育てしながら、
ピアノの先生もしながら、片道3時間(往復6時間!)もかけて遠い所から
東京へレッスンに通って来られているのは素晴らしいことですよ。
そして、レッスンの時、私のレッスン内容を、きらきらした笑顔で
喜んで受け止めてくれるその姿勢というか、学ぶ事への意欲も、とても立派です。
そういうRIEKOさんを教えていて、嬉しいですよ♪

RIEKOさんとは反対方向の遠くから、新幹線で通って来られるピアノの先生も
先日のコンクール後のレッスンの時、とても喜んでくれましたが、
そんなふうに、とても遠くから熱心に通ってくれるピアノの先生方や、
そのお弟子さん達(私のマゴ弟子?笑)のためにも、
もちろん、お仕事に限らず私がレッスンしている総ての皆さんのためにもですが・・
気を緩めず、自分を磨き続けていたいと思っています。
そのためには、ああいう、寿命が縮むほど(笑)怖い所で演奏するのはいい薬です。

入賞演奏会は日程が決まり次第HPに書きますね。
また聴いて下さいね。


http://homepage2.nifty.com/Ainoyume/

2008/2/14  23:14

投稿者:MariO

初めて、投稿させていただきます。もうずいぶん前あるサイトで、ベートーヴェンのソナタについてのコメントをいただいたものです。無事に慶応義塾大学にて三宅幸夫先生の指導のもと「ベートーヴェンのピアノソナタにおける近代性」というタイトルで卒論を提出し、昨年3月に卒業しました。

今日は、悩みがあり、もし、なにかヒントをいただけたらと思い、投稿させていただいています。

半年ほど、杉谷昭子先生の指導を受けています。月に1回、それもベートーヴェンのソナタの公開レッスンですので、個人レッスンではありません。
普段レッスンに通っているのは、大阪の地元の先生です。
杉谷先生と、普段師事している先生の奏法の違いで悩んでいます。なんとか、杉谷先生のときには、杉谷先生の要求するフォームで・・と思っているのですが、まったく逆のことを、言われるので、困っています。
杉谷先生は手首を高く、もう一人の先生は、低く、鍵盤を這うように、と・・・。

先生はいろいろな先生に師事されていますが、なにかアドバイスがありましたら、ぜひお願いします。

http://pink.ap.teacup.com/mari01112002/

2008/2/13  1:13

投稿者:RIEKO

Megumi先生、入賞おめでとうございます!
本当にお忙しい中、次々とチャレンジして、しかもきちんと結果を残してしまうMegumi先生。すごいです!

Megumi先生のお話を聞いて、私はなんて甘えているんだろう・・・と反省しました。何だかいつも中途半端になってしまって、情けない限りです。
今のところ人前で弾く機会はないのですが、1曲でも良いから、納得がいくまで完璧に仕上げたいです。

入賞演奏会、早く詳細がわかるといいな〜。楽しみに待ってます!

2008/2/12  0:53

投稿者:Megumi

●庵敦さん、ありがとうございます。
凄過ぎなんてことはないですが・・嬉しいです。
阿修羅像ですか(笑)
↑美少年ですよね。好みです♪(違

DVDリリースねえ。。
個人的配布は考えてみようかなと思ったりしていましたが、
本格的リリースはどうなるでしょうね。
できたらいいですね。(^^)

●ようこさん、ありがとうございます。
先日、東京で演奏した時、皆さんにとても喜んでもらえて、
また東京の皆さんにまた聴いて頂けたら嬉しいなと思ったのも
少々体調的に無理して受けた理由の一つなんです。
他にも色々理由はあるんですけどね。
タイトルがかっこいいとか(違
とにかく、また、東京の皆さんの前で演奏できることになったのは嬉しいです。
がんばりますね♪

http://homepage2.nifty.com/Ainoyume/

2008/2/11  20:55

投稿者:ようこ

わあ。すごい。Megumi 先生 着々と歩まれますね。
入賞演奏会 楽しみです〜。
また 東京でMegumi 先生の演奏が聴けるっ☆

2008/2/11  20:53

投稿者:橋元庵敦

Megumi先生、ご入賞、真におめでとうございます。
それにしても、
レッスンをされつつ、かつレッスンを受けつつ
その合間にコンクールを受けて入賞されると言うのも、
凄過ぎ!、(^^)
やはり、阿修羅像ですね。
久しぶりにMegumi先生のシャコンヌVideoを拝聴して
また、感服いたしました。

今年こそ、DVDをリリースすると言うのは如何ですか?
では。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ