ランキングに参加しています!!クリックお願いします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

2020/9/15

コードの覚え方  ピアノ

コードの覚え方




コードを覚えるには、やはりまず基本形から覚えると良いでしょう。
基本形というのは、ルートとなる音から3度ずつ(1つ飛ばし)に音を重ねたものです。
詳しくは以前書いた記事「コードの押さえ方1」をご覧ください。
→「コードの押さえ方1」を読む

Cならベース音ドからド・ミ・ソ
Dmならベース音レからレ・ファ・ラ

コードの押さえ方

つまり、Cならベース音ドからド・ミ・ソ
Dmならベース音レからレ・ファ・ラ

というように押さえれば良いので、
ABCDEFGさえ覚えれば覚えたようなものです。
クリックすると元のサイズで表示します


ただ、それでは「C-ドミソ」から「G-ソシレ」に行き、
また「C-ドミソ」に移動といった事が難しいのです。

そこで転回形というものの利用が必要になってくるのです。

JUN音楽教室のオンラインピアノレッスンでは、
コードでピアノが弾けるようになるための具体的な練習方法を
お伝えしています。

コードは覚えたけど、実際にどう弾くかがわからないという方は、
JUN音楽教室のレッスン方法をご覧ください。
→「大人のためのオンラインピアノレッスン」をチェック



JUN音楽教室のオンラインレッスンは、ZOOMで双方向レッスンする以外に、

送って頂いた動画を共有し(一緒に見る)、アドバイスする形のレッスンや、
ビデオレターの形で動画を送り合うレッスンも実施しています。


練習は音の出せる時間出せる場所でやって動画を撮り、
レッスンは遅い時間にイヤフォンを使ってということも可能なのです。


大人のためのオンラインピアノレッスンを見る


楽しくレッスンできると嬉しいです











JUN音楽教室



にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村
0

2020/8/29

田代ユリ コードセミナー  ピアノ

 


 

トレーニング楽譜だけど曲としても素敵!!

田代ユリ先生のエクササイズ楽譜がアットエリーゼで販売されています。

この楽譜はコードやリズムのトレーニングができるエクササイズ楽譜です。

これまでトレーニングの楽譜と言えば退屈なものが多かったのですが、
曲としてももちろん素晴らしいものです。

実は、この楽譜を先生が出されるにあたり、
私自身も先生から「どんなトレーニングがほしい?」と尋ねられました。


それで、普段やっている自作のトレーニング楽譜(いつも即興なのですが)を
先生にお見せしたところ・・・

「美しくないわね!!」

と、添削され戻ってきました

いやいや、だから田代先生に作ってほしいのです・・・

私も、普段から生徒のレッスンで、教材や楽譜を自作しています。

ただ、トレーニング目的で、とても曲として良いとは言えない・・

でも、田代先生のトレーニング楽譜は、弾くのが楽しくなり、
その結果、テクニックが身につくのです。





田代ユリ講座参加者募集!!


そしてなんと!!

このエクササイズ楽譜をを使った田代先生の講座が
オンラインで開催されるのです!

オンライン講座だから、全国どこでも田代先生の講座が受講できます。


これはある意味、ラッキーなことです。

私も広島時代に神戸まで、大阪まで田代先生に会いに行っていました。


 


私は現在、田代ユリ先生のホームページの管理人をさせて頂いており、


この講座をZoomで実施ということで、ホストを務めることになっています。


さて、どんな講座なのでしょうか?
一言でいえば、

コードを教えられるようになる オンラインピアノ講座(ポピュラーピアノ)

教えられるようになる講座なので、もちろん、自分で弾けるようになるエクササイズであることはまちがいありません。

 


 


 

この講座の​内容は、ピアノの先生向けポピュラーピアノの指導法(グループ)です。


月1回(第2火曜日) 10:00〜11:00


講座料は7500円(税込み)です。


講座料は田代先生に直接振り込んで頂くこととなりますが、


詳しく知りたいという方は、JUN音楽教室・岡太までご連絡ください。


お問い合わせはこちらへ→


 

このエクササイズ楽譜「yuri pop piano training」は、
現在、アットエリーゼで、
1−1〜1−10までと
2−1,2−2が販売されています。



 


 


 


最後までお読みいただきありがとうございましたブルー音符


田代ユリ先生の「日々思う」はこちら

田代ユリホームページ「Yuri Tashiro official」ぜひチェックしてみてくださいね。


 


 


 


 


 


 


 


JUN音楽教室


 


 



にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村
0

2020/8/7

オンラインピアノレッスン メリット・デメリット  ピアノ

オンラインレッスンのメリットデメリット




私は、10年以上前から、ブログを使っての誌上レッスンや様々なアイテムを使ったオンラインレッスンをやってきました。

もちろんリアルなレッスンもやっているのですが、
最近、コロナの影響で、オンラインでのピアノレッスンを希望される方が多いです。

その中で、今回はオンラインでピアノのレッスンする上でのメリットとデメリットについてお話しします。

デメリットは音 それを解決するには?

オンラインでレッスンをする場合、スカイプやFaceTime、zoomなどを使う場合が多いですが、最近通信環境がよくなったとはいえ、やはり音の遅延はあります。
そのため、残念ながらセッションもできません。

私の場合、これに関しては仕方がないと思っています。
ただ、どんどん技術が発達して良くなっていくことは間違いないと思います。
現在も、音のみだったら、セッションできる環境にまでなっているのです。

オンラインといってもzoomなどのレッスンだけでなく、
動画でサポートすることでかなりの効果が上がります。

私は様々なレッスン動画を生徒さんにお送りするので、
生徒さんは課題がよくわかるようになったとおっしゃってくだっています。

このブログの誌上レッスンでも「音」をつけることや動画を載せることにこだわってきましたが、やはり動画があることで、上達が早いです。

好きな時に何回でも視聴できるのが動画のメリットです。
スマホを使って電車でみることもできますからね。


オンラインのピアノレッスンで、練習が楽しくなったとおっしゃる方が大勢います。

JUN音楽教室のオンラインピアノレッスンでは、
どうやったら弾けるようになるか具体的に指導し、
練習のための動画をお送りします。
どうやって弾けるようになるか知りたいという方、
→詳しくはこちらへ



JUN音楽教室では、ZOOMで双方向レッスンする以外に、

送って頂いた動画を共有し(一緒に見る)、アドバイスする形のレッスンや、
ビデオレターの形で動画を送り合うレッスンも実施しています。


練習は音の出せる時間出せる場所でやって動画を撮り、
レッスンは遅い時間にイヤフォンを使ってということも可能なのです。


大人のためのオンラインピアノレッスンを見る


楽しくレッスンできると嬉しいです











JUN音楽教室



にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村
0

2020/7/22

大人のためのオンラインピアノレッスン  ピアノ

こんにちは!



コロナの件で、ピアノもオンラインレッスンを受講する方が増えています。

いつも、お話ししていることですが、自分で好きな曲を思い通りに弾くためには、

やはりコードです。

このブログを始めたころ(2008年)にも同じことを言っていますが、

「まずコード!」です。→過去の記事を読む

コード奏法を覚えましょう。

メロディーは弾けるという方が多いのですが、

左手はコードのベース音(1音)から始めれば良いのです。

その方法で、大人初心者の方がどんどん、弾けるようになっていらっしゃいます。

→詳しくはこちらへ

ただ、自宅でレッスンといっても、いつでもOK!だというわけにはいきませんよね。

オンラインとはいえ、ピアノの音の問題があるからです。

JUN音楽教室では、ZOOMで双方向レッスンする以外に、

送って頂いた動画を共有し(一緒に見る)、アドバイスする形のレッスンや、
ビデオレターの形で動画を送り合うレッスンも実施しています。


練習は音の出せる時間出せる場所でやって動画を撮り、
レッスンは遅い時間にイヤフォンを使ってということも可能なのです。


大人のためのオンラインピアノレッスンを見る


楽しくレッスンできると嬉しいです











JUN音楽教室



にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村



0

2020/5/2

心は濃厚接触したいから!!  ピアノ

本当に大変な時期になりました。

命のためにみんなが家にいないといけない・・・

でも、音楽は必要ないのでしょうか。
私にとっては、音楽は生きるためにも必要なものです。

でも、今はみんなで一緒に集まって
ってわけには行かないですよね。

でも、心は「濃厚接触するよ!!!」

ってことで、バンドでアンサンブルするための
ピアノの譜面を作りました。

buck numberの「HAPPY BIRTHDAY」です。

弾き語りの伴奏譜としても使えますよ


3月に「スタジオラグへおこしやす」さんのサイトに、
練習方法の記事も投稿させていただきました。
→別サイトの記事を読む

コードを実際にどう押さえるかを、

buck numberの「HAPPY BIRTHDAY」を例にして、
解説したものです。

楽譜が読めないという方は、MIDI動画も作りましたよ

今のうちに、自宅でしっかり練習して、
仲間を驚かせましょう!!







コードがわかってもどう押さえて良いかわからない。
リズムやスタイルってなんなの?
そんな疑問を解決しながら、自分なりの「ピアノ」を弾けるようになる、
オンラインレッスンを始めました。

詳しくはこちらへ→






にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ