喇叭水仙(桜薫る番外編) 10.幸福の黄色い喇叭水仙<完結>

2011/2/24  14:32 | 投稿者: おるん

---------------------------------------------
注)本文中にある名称は実在の物・人・団体とはなんら関係ありません。
 ウェブカレはリンクシンク社のSNSサービス名です。
 小説内の設定は必ずしもウェブカレ公式設定と同じではありません。
---------------------------------------------

◇◆◇10.幸福の黄色い喇叭水仙

高校三度目の春。
私は新聞部の部長になった。
彼は今も生徒会長だ。そして、サクラと恋人同士なのも公認となり、ますます仲睦まじい。
最後の学年、それでも同じクラスになりたかったけど、なれなかった。

放課後、部室に向かおうとしていると、廊下で草間君に出会った。
「あ、会長。今年もまた、新聞部で新入生歓迎号を作るんだけど。」
「あぁ、会長挨拶か?」
「うん、それと写真撮影。」
「じゃあ、今からすぐに撮影するか?役員達が来る前の方がありがたい。作業があるから。」
「わかった。すぐにカメラ取ってくるね。」

久々の生徒会室。
いつもは取材しても原稿を書いて貰うだけで済ませていたから、中に入ることはなかった。
机の上にはあのラッパスイセンが活けてあった。
「ラッパスイセンだね。」
「あぁ、今年も沢山咲いたのでな。花があるのも悪くないと思って。」
「会長にピッタリの花言葉だもんね。私にもピッタリだけど。」
「そうだな。誰しも素質があるものな。」
「ううん。私は違う。」
「?」
「ラッパスイセンにはね、別の花言葉もあるんだ。」
「ほう。」
「それはね………、やっぱやめた!自分で調べて。
さ、早いとこ写真撮っちゃおう!」
「…。そうだな。」
そうしてまた去年と同じように、物足りなさそうにした彼を執務机に座らせる。
「ちょっとは笑ってみせてよ。」
いつもどおりの愛想なしの彼。
「ほら。サクラが居ないと笑えない?」
「なっ、バカ!それは関係ないだろう!」
そこにカチャとドアが開いて、誰かやってきた。
「草間君、今日は新歓の…、あっ!ヒトミ!」
「あぁ、サクラ!お疲れ様。」
「お疲れー。新聞部?」
「うん、新入生歓迎号のね、会長挨拶。会長、笑ってくれないんだよ。」
「あぁー。演説ではああ言ったけどあの後大変で…だから笑わないと思うなぁー。」
「サクラが言っても笑わない?」
「うーん…。会長はね、人を苛めて笑うんだよ。」
「谷本!!」
「だってホントのことでしょ!」
笑うサクラに仏頂面の草間君。楽しげな二人がちょっと妬ける。
「あはは、そりゃ新聞には載せられないな。」
「わかったら早く撮れ!もうすぐ役員達が集まってくるぞ!」
「はいはい、じゃあ、こっち向いてー。」
真顔の草間君をカメラに収める。
「ねぇ、サクラとキスするときはどうするの?」
「なっ!!!ば、バカ!そんなこと答えられるか!」
真っ赤になった彼もカメラに収める。
「あー、そんなに赤くなって、こりゃ凄いキスするんだろうねぇ。」
ニヤニヤ笑いながら、彼を苛める。
「あぁもう!どうとでも思っていてくれ!」
「ほらほら、早く笑ってよ!」
「谷本、こっちに来い!」
そう言って彼がサクラを呼び寄せた。
どうするのかと思ったら、サクラの頬を思い切り引っ張った。
「いひゃい!」
「ぶっ、あはははは!」
彼が豪快に笑う。こんな彼を見るのは初めてだ。
勿論カメラに収める。笑う草間君と涙目のサクラ。
「もう!ほらね!!意地悪いんだよ!!」
頬をさするサクラを見て私も笑った。
「あーそれは、そんなに引っ張りやすいほっぺのサクラが悪いかな。」
「そうだろう?」
草間君はまだニヤニヤしていた。
「もう、酷いよ!後で覚えててよね!」
「君こそ、出された課題、覚えているんだろうな?」
「うぅ。もういいよ!」
「もう、二人共、私の前でイチャつかないでよ!」
笑いながら言う。二人がとても爽やかで見ていて楽しい。
「さてと、ひとしきり笑わせてもらったし、行こうかな。会長、サクラ、ありがとね。」
「あぁ。挨拶文は明日届ける。」
「部活、頑張ってね。」
「そっちこそ、新歓準備、頑張って。じゃあね。」
生徒会室のドアを開けて廊下に出た。

あーあ、嫌になっちゃうな。
こんなにお天気で綺麗な青空、暖かい空気。
下に見える花壇のラッパスイセンも風にそよぐ。

ラッパスイセンの花言葉。
報われない恋。
確かに報われなかったけど、いいや。二人共、幸せそうだもん。
私も素敵な彼氏を見つけないとね。


-終-

---------------------------------------------
1.図書館の君
<8.雨降って地固まる(後編)
---------------------------------------------
0



2011/2/25  21:25

投稿者:おるん

>紫さん
ありがとうございます♪
桜ちゃんは普通の女の子という設定ではありますが完全ドリームですよね。
対象的に瞳ちゃんはコンプレックスがあったり、片思いだったり、実際に居そうな高校生な感じ。
彼女にも素敵な彼氏が出来てほしいと思う半面、バリバリのキャリアウーマンになって彼氏無しで過ごし続ける…な想像しか出てこないw
年下彼氏と晩婚とか。

桜ちゃんがバリ関西弁でキレるシーンとかは想像してたりw
薫君が桜ちゃんを弟妹たちと同じ様にお前呼ばわりしつつ、かいがいしく世話焼きしたりとかw
桜ちゃんはそのうちマンネリしてきたら薫君をお尻に敷いてそうですよ。www

2011/2/25  20:17

投稿者:紫

桜ちゃんが、ある意味、完璧な女の子で、何もかもが思い通りにいくドリームであるのに対し、こちらはいかにも現実にありがちなリアルストーリーですよね。
どちらが好きか、人によって好みはあるかもしれませんが、両方読めたことが、わたしにとっては面白かったです。
桜ちゃんの、人間くさい部分も読んでみたいなーと思ったりして。www
番外編や卒業後編などで、書いてもらえると嬉しいです。(と、何気にリクエストwww)

2011/2/24  14:50

投稿者:おるん

で、次こそは竜士くんの新しい恋愛話!!
ですが、忙しくてお話が纏められない!
すみません。しばらくお休みです。
でもでも、春までには頑張って書くので、今後ともよろしくお願いいたします。

2011/2/24  14:48

投稿者:おるん

◇◆◇あとがき◇◆◇

今回も最後まで読んでくださった方々、ありがとうございました。

今回はちょっといつもと毛色が違って、
心の中のドロドロしたところを書いて見ました。。。

好きだったのに、トンビに油揚げ・・・な瞳ちゃん。
さぞかし悔しかっただろなーと。
その恋心に全く気付かなかった薫君。
その割に桜ちゃんにはあっという間にのめりこんで、
最後の最後、本人に言われるまで全く気付かずで、
扱いに困ってしまう辺りもウブだな、なんて。
一応、誠意ある対応をしたんじゃないかと思いますが、
真の男前はきっと悪役になって、うらまれるほどの振り方をするんだろなーって。w

次は、まだ考えてませんが、ほのぼのでラブラブにできたらな。。。
ではでは。また次の機会に。

2011.1.1 小塚彩霧 as 奥崎おるん (mixiより転記)

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ