喇叭水仙(桜薫る番外編) 8.雨降って地固まる(前編)

2011/2/20  3:41 | 投稿者: おるん

---------------------------------------------
注)本文中にある名称は実在の物・人・団体とはなんら関係ありません。
 ウェブカレはリンクシンク社のSNSサービス名です。
 小説内の設定は必ずしもウェブカレ公式設定と同じではありません。
---------------------------------------------

◇◆◇8.雨降って地固まる(前編)

週明けに学校にやってきたサクラ。
他の生徒に比べて妙に荷物が多い。
あぁ、革靴は燃やされる前に見つけられたのね。
色んなものが壊されたり失くなったりするんだから、そりゃ自分で持っておくしかないもんね。
サクラは、いよいよストレスもピークなのか、先週はまだ怖がっている感じだったのに、今日は逆に殺気立っているような気がする。
もう少し突付けばボロが出るかしら?
早くあなたから別れるか、草間君に愛想つかされるかして!

放課後になって、彼がサクラを廊下で待ち受けていた。
草間君も既にストレスが溜まっているのか、かなり機嫌が悪そうだ。
逃げようとするサクラの行く手を阻んで説得したようだ。
そのまま彼の後ろについて歩いていった。
多分、生徒会室に行くんだろう。

部室に上がって、たむろしている先輩達に報告する。
「サクラが会長と一緒に上に上がっていったんですけど、生徒会室ですかね?」
「えぇ?ここ数日来てなかったから懲りたのかと思ったのに!」
その場に居た部員達で相談し始めた。
「ちょっと、もう一回締めたほうがいいんじゃない?」
「じゃあ、みんなで行く?」
「ヒトミ、あんたも一緒に行くでしょ?」
「すみません。私、先生に呼ばれていて…。
サクラが上がっていくのが見えたから、先輩達に言っておいたほうがいいかと思って…。」
「そう…、じゃあ仕方ないわね。」
サクラとは相変わらず友達をやっているんだから、そんなリンチに参加できるわけないでしょ。
みんなで行くって子供じゃあるまいし。そんなカッコ悪いこと、先輩達で勝手にやってよね。
どうせまた、ちょっと文句言って終わりなんだ。
サクラは思っていたよりも気が強いから、それくらいじゃ折れないと思う。
大体、ここまで弱らせたのも私なんだから。
先輩達が生徒会室の周りでうろうろしている間に、綾川先生のところに質問に行く。
適当に今日の授業の復習を兼ねて質問する。
先生も勘がいい人だから、私が質問する気がないのを分かっているかもしれないけど、邪険にするはずがないので、これで時間が稼げるはずだ。
しばらくして、先生にお礼を言って廊下に出る。
生徒会室は静かそうで誰も居なさそうだ。先輩達の話し声も聞こえないから、部室に戻ったのかもしれない。
ということは、サクラはもう帰ったかな?
もう一押し、またやっておくか。
誰も居ない教室。サクラの机の中を見る。
「もうほとんど何も入ってないな…。次はどうしようか…。」
カチャっと音がして教室のドアが開いた。
振り向くと、ドアのところに草間君が立っていた。
「おい。」
「会長。どうしたの?サクラならもう帰ったでしょ?」
「…。俺と一緒に居たことを知っているだろう?今、資料室に待たせてある。」
「じゃあ、どうしてここに?」
「さっき、嫌がらせされていることを聞いて、な。」
「彼女のために犯人探し?」
「まぁ、そういうことだ。」
「犯人、新聞部の先輩達でしょ?」
「ふむ、知っていたのか。」
「だって、新学期に入ってから、会長とサクラの話で持ちきりだったもん。」
「残念だが、アイツらは犯人じゃない。」
「どういうこと?」
「こういう写真を見つけたんだが。」
そう言って、彼が教室に入ってきて、私のすぐ傍まで来た。
見せた写真はあの、クリパの二人が抱き合っている写真だった。
「綺麗に撮れてるじゃない。」
「あぁ。これは誰かのブログに上がっていたものだ。」
「じゃあ、そのブログの主が犯人?」
「そうかも知れないが、この際ブログは関係ない。」
「…。」
「この写真、おそらくかなり本格的なカメラで撮ったものだ。
この角度で撮るなら体育館の方向からだ。あの時、俺達の周りには人が居なかったはず。少なくとも体育館との間には。
体育館の影から撮ったとしたら望遠レンズが必要だろう。
あの日、そんなに本格的なカメラを持っていた人間を見かけなかった。君以外には。」
「…案外目ざといのね。そうよ、その写真は私が撮ったのよ。」
「…この写真でアイツらをたきつけただけではないよな。」
「なんのこと?」
「谷本への嫌がらせ。色々したそうじゃないか。」
「ちょっと待って!私を疑ってるの?」
「君が一番谷本の傍にいるからな。机なんかにいたずらするなら、他のクラスの人間ではやりにくい。
同じクラスの人間なら、こうして放課後に教室に居ても、不自然ではないからな。」
「…そんなのただの想像じゃない。」
「そうだな。証拠なんて何もない。」
「馬鹿なんじゃないの?」
「俺もそう思う。けど、彼女を傷つけるヤツを放ってはおけない。
そもそも、今、君が立っている場所。谷本の席だな。何をする気だった?」
「…たまたまよ。私は忘れ物を取りに来ただけ。」
「…。」
冷たい目で私を見る。完全に私を疑ってる。
「…私だって言ったらどうするの?」
「…そうだな、手荒なことはできないから、大人しく引き下がってくれるとありがたい。」
「嫌だって言ったら?」
「…それは困るな。」
「そんなことで困っちゃうんだ。全国一位でも大したことないんじゃない。」
「ま、先生に相談するのが定石かな。」
「そんなの堪えないわよ。」
「それ以上の手もあるが口に出すのもはばかられるのでな。」
「…それもどうせ大したことないんだろうけど。良いわよ、引き下がってあげる。」
「賢明な判断だな。」
そうして彼がドアに向かって歩きだそうとした。

---------------------------------------------
1.図書館の君
<7.嫉妬の果て 9.雨降って地固まる(後編)>
---------------------------------------------
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ