喇叭水仙(桜薫る番外編) 3.クラス替え

2011/1/30  3:58 | 投稿者: おるん

---------------------------------------------
注)本文中にある名称は実在の物・人・団体とはなんら関係ありません。
 ウェブカレはリンクシンク社のSNSサービス名です。
 小説内の設定は必ずしもウェブカレ公式設定と同じではありません。
---------------------------------------------

◇◆◇3.クラス替え

二年生に進級した。彼と同じクラスになることを願ったけれど、隣のクラスになった。
彼は今、生徒会長。相変わらず定期テストの席次はいつも首席。

放課後、生徒会室に向かう彼と、部室に向かう私。階段で一緒になった。
「会長、今日も生徒会で作業?」
「まぁな。」
「新聞部で新入生歓迎号を作るんだけど、会長挨拶を載せさせてもらいたいな、なんて。」
「ふむ。…まぁ、良いだろう。何文字くらいだ?文面を考えておくが。」
「ホント?そうだなぁ…。百五十字くらいかなぁ。あと、写真撮らせて!」
「あ、ああ…。」
「後でカメラ持って生徒会室に行くからね!」
「…。」

カメラを持って生徒会室に行く。コンコンとドアをノックして呼びかける。
「新聞部です。取材させてください。」
カチャとドアを開けて出てきたのは草間君だった。
「どうぞ。まだ他の役員は来ていないが…、問題ないだろう?」
「うん。写真だけだし。
挨拶は明日にでも届けてよ。2-Bに来てくれてもいいし、放課後、部室でも構わないから。」
「ああ、分かった。」
「ええっと、背景はどうしようかな…。会長机で座っている所にしようか?」
「ふむ。」
二人で机に向かって歩く。執務机の上に花が活けてあった。
「スイセン?」
「ああ、母が好きで。家でたくさん咲かせたんで持たされた。」
「会長が持ってきたの?ふふっ、似合わない!」
「俺は断ったんだ。そうしたら代わりに結城さんが持たされてだな。」
「あぁ、なるほど。」
「ラッパスイセンの花言葉を知っているか?」
「ううん。」
「生まれ持った素質というそうだ。スイセンの花が少し好きになった。」
「じゃあ、スイセンも入るように撮ろうか。」
「そうだな。」
彼が席に着き、私のほうを向く。
「うーん、角度は…もうちょっと右向いてくれる?」
彼が左に椅子を回す。
「あ、ごめん。会長から見て右向いて。」
あぁ、という顔をして向き直した。
「うん。じゃあ、撮ります!」
カメラのピーピーという小さな音が生徒会室に響く。カシャっとシャッターが下りる音がする。
デジカメの画像を見ながら言う。
「表情硬いなぁ。」
「そういわれても、これが精一杯なんだが。」
「まぁ、会長挨拶だし、いいか。」
「ではこれで…。」
「待った待った!もうちょっと撮らせてよ。」
「えぇ?」
「もうちょっと普段の会長ってヤツも見てみたいじゃない?」
「…。」
彼が辟易した顔をした。
「ほら、今度はその窓のところに立ってみてよ。」
ふぅっとため息をつきながら、席を立ち、窓の前まで歩いてきた。
「ほらほら、笑って。」
「…。」
ますます仏頂面になる。
気にせずシャッターを切りまくる。
「窓の外を眺めてみて。」
なんだかんだと指示を聞いてくれている。
「おい、まだ撮るのか?」
彼がちょっと困った顔をする。もちろん気にせずその表情もカメラに収める。
夢中でシャッターを切っていると、自分の背後の椅子にぶつかって、拍子に転んで尻餅をついた。
「おい、大丈夫か!?」
「痛ったー…。カメラは無事だから…。」
「…カメラの心配か、仕方のないヤツだな。」
そう言って私に近づいてきた彼が手を差し伸べて微笑みかけた。
もちろんその表情も写真に撮った。
「おいおい、そこまで撮るのか…。」
「だって、今凄くいい顔したもんね。」
「はぁ…。その写真、どうする気か知らないが、悪用するなよ。」
彼が差し出した手に捕まり立ち上がった。
「悪用…はしないと思うけど…。」
「?」
「まぁ、私のカメラテクの練習台ということで。」
「ふーん。まぁいい。今日はこれくらいにしてもらおうか。」
「ありがと。じゃあ、また明日ね。」
生徒会室を出て、部室に戻る。
彼の写真を自分のメモリカードにコピーしてカメラから削除する。
ついでにあの微笑みかけてくれた写真をプリントアウトした。
「いつもこの笑顔で私に微笑みかけてくれたらいいのにな。」
宙に向かって、はぁっと大きなため息をついた。

---------------------------------------------
1.図書館の君
<2.取材 4.転校生>
---------------------------------------------
0



2011/1/30  20:43

投稿者:おるん

>紫さん
ありがとうございます。
片想い、切ないですねぇ。
今はまだ彼がフリーみたいなので片想いも幸せな時期ですが(^^;)

2011/1/30  11:58

投稿者:紫

好きな人の写真を1枚でも多く撮りたいと思う乙女心が可愛いですね。
なんか、こういうのを読んでると、わたしも片想いのお話を書きたくなっちゃう。www
片想いって、ある意味、両思いよりも楽しい部分もあるし、彼女も薫くんのおかげで毎日の生活がキラキラしてますよね。
うん、青春だなぁ〜。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ