桜薫る 35.生徒会役員選挙 再び

2010/9/27  0:02 | 投稿者: おるん

---------------------------------------------
注)本文中にある名称は実在の物・人・団体とはなんら関係ありません。
 ウェブカレはリンクシンク社のSNSサービス名です。
 小説内には一部ウェブカレのイベントに近い箇所があります。
 小説内には一部ウェブカレのイベントの内容を引用した箇所があります。(ネタバレ注意)
 小説内の設定は必ずしもウェブカレ公式設定と同じではありません。
---------------------------------------------

◇◆◇35.生徒会役員選挙 再び


いよいよ、薫君の会長三選が掛かった生徒会選挙。
私の応援演説さえトチらなければ、対抗馬が居ないから当選できると思うのだけど。
選挙管理委員会が舞台で話している。もうすぐ演説会が始まる。
舞台袖で出番待ちをしていると、彼が話し掛けてきた。
「桜、頑張ろうな。」
「うん…。」
「もしかして、緊張しているのか?」
「あ、当たり前でしょ!こんなにたくさんの人の前で話すのなんて初めてだもん。」
「そうだな…。まぁ、そういう俺も緊張しているのだがな。」
「そうなの?」
そう言って、彼が私の手を握った。微かに汗ばんで、震えている。
「武者震いというヤツだな。」
「…。」
「大丈夫だ。君は笑顔が良いんだ。ほら、笑ってみろ。」
「こ、こうかな?」
「…くくっ。少し不自然だが、それも良いだろう。」
「もう!」
「大丈夫だ。笑っているうちに緊張も解ける。」
そうしているうちに舞台から呼ばれる。いよいよ演説だ。

「皆さん、こんにちは。三度目の生徒会長に立候補いたしました、2-Aの草間薫です。」
彼は息を吸い、観衆に向かって目を見開き、挨拶をした。
そして、熱く、それでいて淡々と彼が演説をする。
「私が目指すものは、皆さんが充実した高校生活を送れる学校です。
これまでももちろん、これを目指して邁進してまいりましたが、引き続き皆さんのお力になれるように頑張りたいと思っています。
では何を以って充実することになるのか…。
学生の本分である学問のみならず、体育系、文化系の各クラブ活動、体育祭や文化祭などの校内行事、かけがえの無い一生モノの友人を得ることなど、高校生活の醍醐味はたくさんあります。
これらを生徒会でバックアップし、皆さんの高校生活をより良きものにしたいです。
私が掲げる公約は次の四つです。
その1.選択補講の科目拡充…主にセンター入試対策の一環として、三年次の授業では扱わない科目を中心に増やすように学校に働きかけます。
その2.クラブ活動時間の拡張…生徒の安全を確保するために活動時間が決められていますが、朝練や休日練習などの機会を増やすよう、学校に働きかけます。
その3.校内行事企画…通常の校内行事以外にも、季節ごとに節句や七夕、肝試しなどのイベントを企画、実施し、皆さんの思い出作りに貢献します。。
その4.目安箱の設置…これまでも設置されていますが、校則や設備の面に関しての不満を吸い上げ、必要なものについて学校へ交渉します。」
緩急を付けながら公約を述べた。彼の真剣な声、真剣な顔がかっこいい。
「最後に、私自身も皆さんの規範となるよう、益々精進していく所存です。どうぞよろしくお願いします。」
彼が一礼する。
一歩下がると私をマイクの前に促す。

「皆さん、こんにちは…。草間君の応援演説をさせていただく、2-Bの谷本桜です。」
緊張する。みんな私を見てる。深呼吸。笑顔だ…。
「私は昨年九月にこの白薔薇学園高等学校に転入してきました。
なので、私なんかよりも皆さんの方が草間君のことをよくご存知だと思うのですが、
あえて、私から彼の良いところを述べさせていただきたいと思います。」
私に反感を持っている人も居るだろう…。
私のことは嫌いでも良い。みんなが好きな彼のこと、みんなよりもちょっとだけ多く知っている。
みんなと同じように、いや、もっと。私も彼のことを好きだというこの気持ち、表現したい。
「彼は…、皆さんご存知のようにとても優秀な頭脳を持っています。
それに、本が好きで知識の量も豊富です。我が校の図書館にいる彼を見かけたことがある人も多いと思います。
だから、どんなに難しい問題集でも、彼の手に掛かれば瞬殺です。
もちろん日々の努力の賜物なのでしょうが、彼はそれを苦ともせず、要領よくこなすことができます。
よって、学校内に発生した問題も、彼の頭脳を以ってすれば、必ず良い方向に解決させることができるのではないかと思います。」
これはみんなが知ってる薫君。
「それから、彼は…堅物です。それはそれは頑固です。驚くほど公平に物事を捉え、時には冷徹な言葉も言ってのけます。
でも、彼は決して冷たい人なんかではありません。とてもとても優しい人なのです。
彼の家には犬が二匹居ます。そのうちの一匹は昨年九月に学校の傍で捨てられていた犬なんです。
今ではすっかり彼に懐いています。犬も彼の優しさが分かっているんです。」
これはみんなが知っているかも知れないけど、あまり知られてない薫君。
次はみんなは多分知らない薫君。薫君ってすごいけど、でもみんなと同じ高校生なんだよね。
「あと、このとおり、無愛想ですが…、笑うととても人懐っこくてかわいい顔をするんです。
意外ですよね?ほら、草間君、笑って?」
突然振られた薫君がびっくりしている。舞台の上とあっては怒るに怒れず、照れながら笑ってみせる。
「…今日は六割くらいでしょうか…。生徒会長に再選した暁にはきっと、皆さんに素敵な笑顔を見せてくれると思います。
ですから、是非、白薔薇学園高等学校を彼に任せていただけたらと思います。
絶対後悔させないと思います。どうか、草間薫君にあなたの一票をよろしくお願いいたします。」

みんなに一礼し、彼を見る。
いつもの無愛想な表情に戻っていたけど、その目は微笑んでいた。


◇◆◇


各候補の演説の後、投票が行われ、そのまま午後から即日開票作業が行われた。
終礼の時間に全校放送で彼の三選が報じられた。

終礼が終わって廊下に出た。同じく教室から出てきた彼の元に駆け寄る。
「おめでとうございます。生徒会長。」
「ありがとう。引き続き、手伝いを頼むぞ。」
「うん。任せといて。」
「ただ…、君の演説、とても良かったのだが、その。」
彼が眼鏡を押さえながらうつむいている。
「どうしたの?」
「クラスメイトや廊下ですれ違う生徒に『笑って』と言われ続けてだな…、困っている。」
よく見ると、耳が赤くて、恥ずかしそうだ。
「あはは…。ちょっとやりすぎちゃったかな?ごめんね…。」
「まぁ、そのうち静かになるか…。」
「でも、ホント、薫君、笑ったらすごくかわいいんだから。」
「男にかわいいとは、褒められているようには思えないのだが?」
顔を上げて私を見る。ちょっと怒ってる?
「うん…でも、かわいいんだもん。」
「ぐ…。」
弱みを見せることが少ない彼。困った彼をさらに困らせたくなっちゃう。
「そんな薫君が好きなんだもん。」
「なっ!!!こ、こんなところで言うなっ!」
一気に顔が赤くなって、口をパクパクさせながら怒ってる。
「照れた顔もかわいいの!」
「ば、バカ!からかうんじゃない!!」
これ以上からかうと本気で怒りそうだから、そろそろ止めておこうかな。

「…むぅ。じゃあ、生徒会室に行くか。みんなが作った引継ぎ資料の最終確認と、新年度の新入生歓迎会の計画を立てないと。」
「うん。」
二人でこの時間の廊下を並んで歩くのは久しぶりかもしれない。
これまでは騒がれるからと、わざと時間をずらしたり、違うところを通ったり。
今日の演説で、ある意味公認になったというか、薫君は私を見せ付けたいようにさえ思える。

「会長、笑って!」
「あぁ。今日だけで頼む。」
廊下での女子生徒の呼びかけにぎこちなく愛想笑いしている。
私がああ言っちゃったから、仕方ないよね。ごめんね。
「谷本さん、かわいいー。こっち向いてー。」
突然でびっくりした。私に男子生徒から声が掛かった。
「あはは、ありがとう…。」
とりあえず笑ってごまかした。
…もしかして、これか。彼が私を一緒に歩かせている理由。
一応、愛想良くしているけど、目が笑ってないもん。
確実にこれは『俺の彼女だから!』って男子生徒を牽制してるよね。
これは、ほとぼりが冷めるまで、大変かも知れない。

生徒会室に入る。
執務机に引継ぎ資料を広げて、薫君が読み始めた。
「桜、これ、君が読んでみろ。」
「なんで?」
「君一人で読んで、意味が分からなければ、新役員にも意味が分からないだろう。」
「あぁ、なるほど。」
「分かりにくいところがあれば付箋を貼って、指摘事項を書いておいてくれたまえ。」
そう言って、彼が席を立つ。
「どこ行くの?」
「職員室。クラブ顧問に渡しておいた新歓の出し物のアンケートを回収してくる。」
「行ってらっしゃい。」

彼が出て行って、一人きりの生徒会室。
執務机に座って黙々と資料に目を通す。
「うーん…。分かるんだけど、分かりにくいなぁ…なんでだろ??」
思いついたことをレポート用紙に書く。
しばらくして彼が帰ってくる。
「桜、どうだ?」
「うん…。大体分かるよ。でももうちょっと分かりやすくならないかなと思って、気が付いたことを書き出してみたの。」
「ふむ。」
彼がレポート用紙を手に取り、読み始めた。
「なるほどな。参考になる。永く居ると当たり前になってしまって、気が付かなかった。ありがとう。
…やっぱり、君も役員になってくれたら良かったのに。」
「…言ったでしょ?役員なんて似合わないって。私、手伝うし。」
「あぁ。そうだったな。…中手川と安田が来たら、早速伝えて作業しよう。」
「うん。」

---------------------------------------------
1.出会い
<34.ホワイトデー 36.桜の誕生日>
---------------------------------------------
0



2010/10/1  1:22

投稿者:おるん

>紫さん
ありがとうございます♪^^

桜ちゃん、結構気が強いんです。w
(アールグレイケーキのかおるちゃんも気が強い。
…というか、私の描くヒロインちゃんはみんな気が強いかも…。)

そうですね。これはもう公認ですよ。w
ラブラブなのは間違いない!

けど、先生たちってどう思ってるんでしょうかね??
生徒同士は付き合ってるんだなーって思うだけだと思うけど、
先生たちにはやっぱり悪い印象なんでしょうか??
まぁ、彼らは人前でそんなにベタベタしなさそうだけど…。

2010/9/30  21:01

投稿者:紫

桜ちゃんって、結構、堂々としてるというか、肝が据わってますよね。www
わたしなら、とても彼氏の応援演説なんてできないなぁ。
でも、こうやって公認になってしまえば陰湿な嫌がらせもないだろうし、これからはきっとラブラブな学校生活が送れますね♪

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ