あれから5年(後編)

2019/1/3  0:21 | 投稿者: おるん

---------------------------------------------
注)本文中にある名称は実在の物・人・団体とはなんら関係ありません。
 ウェブカレはリンクシンク社のSNSサービス名です。
 小説内の設定は必ずしもウェブカレ公式設定と同じではありません。
---------------------------------------------

◆◇◆あれから5年(後編)◆◇◆

桜を自転車の後ろに乗せて、最寄り駅へ向かう。
地震後の混乱で駅の入り口は混んでいた。

「電車は動いていないみたいだな。仕方ない、君の家まで自転車で行こう。たかが数駅。20分もあれば着くだろう。」

携帯電話で地震速報を探す。
宮城県沖で大きな地震があって、津波警報が出ているらしい。テレビならもう少し情報が出ているかもしれないのに。

街の様子を観察しながら、桜の家に向かう。
コンビニなどは店の掃除に追われているようだ。
下校時間の子供達も親に付き添われている。
社用車だろうか、いつもより少し道が混んでいる。
電車に乗れなかった人が駅から大通りに向かって歩いてくる。

桜に何か話しかけようとしたが、桜の母親の安否がわからない以上、何を言って良いかわからなかった。
桜も一言も喋らず、ただひたすら沈黙が続いた。

◆◇◆

「お母さん!」

エレベーターが止まったマンションの階段を駆け上がって、家のドアを開けて玄関に飛び込んだ桜が叫んだ。

「桜?お帰りなさい!すごい地震だったわねぇ、怪我はなかった?」

のんびりした口調で奥のリビングから桜の母親が出てくる。

「心配したのはこっちよ!なんで電話に出てくれなかったの?」
「電話?鳴らなかったわよ?携帯?そういえば、どこに置いたかしら?」
「もー!」
「あら、草間君、いらっしゃい。もしかして、桜を送ってくれたの?」

すごい剣幕の桜と、いつも通りの母親と。

「はい。大きな地震で電車も止まってしまって。
大事になってはいけないので早めに帰そうと思いまして。
うちでも食器なんかが割れたんですが、谷本さんのおうちは大丈夫ですか?」
「東京って、地震が多いのね。東京に来た時にちゃんと対策しておいてよかったわ。棚の中で幾つか割れたけれど、もう大体片付け終わったし。」
「そうですか。何かお手伝いすることがあれば手伝います。」
「ありがとう、特にないのよ。思い出のグラスが割れちゃって残念だったけど、もうすぐ引っ越しだし、荷物も少しは減るわね。」

桜の母親が少し寂しそうに微笑んだ。

「薫君、ありがとう。喉乾いたんじゃない?少し上がっていく?」
「いや、うちも犬を置いてきたし、弟たちが帰ってきているだろうから。」
「草間君、お茶だけでも飲んでいったら?ちょっと待っててね。」

桜の母親が麦茶を注いだコップを差し出してくれた。
一気に飲み干すと、挨拶をして桜の家を出ようとする。

「お邪魔しました。桜、また連絡する。」
「うん、じゃあね。あ、お祝い!」

桜が鞄からガサガサと何かの袋を取り出して手渡す。
なんとも適当なお祝いだな。
こんな状況だし、仕方ないか。
また後日、ゆっくり過ごそう。

◆◇◆

「あれ?そのネクタイ、あの時の?」

向かいの席に座る桜が不意に声をあげた。

「ん?ああ、そうだな、あの時の合格祝いだ。」
「あれから5年だね。早いなー。」

あれから5年経って、俺達は大学を卒業し、社会人になった。
まもなく1年で仕事には随分慣れたものの、まだまだ先輩方のサポートがないと大した仕事もできないヒヨッコだ。

桜が選んでくれたこのネクタイは、大学の入学式でも着けた。
東大の赤門をイメージした赤色とシルバーのストライプ。
自分では赤色のネクタイは選ばなかっただろうが、案外スーツのと相性も良く、ここぞと言うプレゼンなんかがある日はこのネクタイを締める。

「あの後、俺の家は家族で大掃除だったな。本棚の本が全部落ちて。」
「そっか、薫君のおうちは本が多そうだもんね。」
「怪我がなくてよかったな。」
「そうだね。」

あの時の大きな揺れが怖くてしがみついた桜。
俺も怖かった。
あの時の汗ばんだ手の感触が忘れられない。

帰宅難民の人の列。連日放送された津波の映像。避難所の様子。
東京では、日常生活ではあの時の記憶は薄れつつあるが、あの強烈な映像は脳裏から離れない。

いつ災害に見舞われるかわからない。
その時にならないと何ができるかわからないが、できるだけの備えはしておかなければな。

「なぁ、食事が済んだら買い物に行かないか?」
「いいよ、何買うの?」
「防災グッズ。」
「うん。薫君らしいね。」
「君の部屋には何もなさそうだからな。」


-終-

---
前編
後編
0



2019/1/3  0:55

投稿者:おるん

◆◇◆あとがき◆◇◆

東日本大震災から5年。

桜薫るの連載は既に2010年10月には終わっていたので、まさかその半年後にこんな災害に見舞われることになるとは夢にも思っていませんでした。

桜薫るの設定では、2010年で高校3年生。
2011年3月に高校卒業でした。
なので、本編で言うところの、48話の卒業式の後で49話の桜の誕生日の前のお話ということになります。
(今読み返すと、日にちの設定が適当だな。。
東大前期は2/25〜26、合格発表が3/10。後期試験が3/13とかなんとか。卒業式は3/7辺りってこと??(^_^;))

震災の時の二人はどうだったんだろう?
という妄想はこれまでもしたことがあったのですが、
5年という節目で文章にしてみました。

東京での被災の様子は全くわからないので、全て想像です。。
実際はもっと大変だったのかもしれませんね。

関西在住の私は、その日、子供が熱を出して会社を早退してきていて、子供と一緒に爆睡中で全く地震に気付かなかったのでした。
(住んでるマンションが免震で震度3位までは殆ど揺れない。低層に済んでいるので余計。)
夕方に起きてニュースを見て驚いた次第であります。

あの日を境に生活が一転した方も多いことでしょう。。
それでも、日々楽しく幸せに暮らせるといいな。
震災の被害を忘れず、多少の備えはしておきたいと思います。

でわでわ。

(mixiより転載 2013.03.13 小塚彩霧 as 奥崎おるん)

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ