IF 19.愛人

2019/1/2  23:22 | 投稿者: おるん

------------------------------------------------------------
#この物語はフィクションであり、
登場する人物・施設・団体は実在のものとは何ら関係ありません。
------------------------------------------------------------

◆◇◆19.愛人◆◇◆

10月の文化祭直前、放課後に残って準備をしていると、佐々木が久々に圭子の名前を口にした。

「津川、そういやお前、圭子ちゃんと別れたって?」
「あ?ああ。もう2ヶ月前やで。原口から?」
「そう。でさ、原口から聞いてんけど、圭子ちゃん、学校にちゃんと来てへんって。」
「…体調悪い日くらいあるんちゃうん?原口からもそれ聞いたけど、俺に言われても知らんし…。」
「なんや、冷たいな。1年付き合った彼女やったんやろ?」
「振られたんは俺の方やし、俺関係ないやろ。」
「じゃあ、コレ聞いても冷静で居れる?」

席に着いて作業している俺の前の席の椅子に後ろ向きにまたがって座った佐々木が、眉間に皺を寄せて俺の顔を覗きこむ。

「圭子ちゃん、夜に難波で見かけたで。ごっつう派手な格好して、大分年上の男と腕組んで歩いてた。」
「は?そんな訳…。」
「俺も見間違いやと思ったけど、アレ絶対、村井圭子やった。化粧してても、雰囲気がそのままやったし、俺の顔見て逃げたで。」
「いや、まさか、人違いやろ…。」
「ま、確かめてみたら?
振ったのは圭子ちゃんかもしれへんけど、その原因、お前に全くない訳でもないやろ?
人生踏み外したらかわいそうやぞ。」

…アイツはなんでこう、やることが極端なんや。昔っからそう。
俺のせいではないとは思うし、知ったこっちゃないといえば知ったこっちゃない。
でも、やっぱり、その原因の一端が俺にあるとしたら…、いや、俺になくても、昔から知った幼馴染で、俺が一番大事に思っていた女の子。気にならないはずがない。

◇◆◇

派手な化粧を覚えて、ボディコンワンピを着込み、エナメルのヒールを履いてカナと名乗って心斎橋でバイト。
そこで藤崎という客に気に入られた。

同伴出勤すると手当が貰えるので、ご飯を奢ってもらうついでに同伴してもらっていた。
アフターの日は家に帰るのが億劫で、日本橋にある一人暮らしの藤崎さんの部屋に寝泊まりすることもあった。

3回目の朝、藤崎さんがベッドの中から出て着替えながら言う。

「なあ、カナ。俺の愛人にならへん?」
「えー?彼女ちゃうん?」
「お前、18やったっけ?ガキンチョやんけ。俺と倍歳ちゃうねんぞ。愛人ですらかなり譲歩やぞ。ペットみたいなもんやな。」
「えー、酷いなー。でも、ペットでもいいわ。ここに居っていいんやろ?」
「構へん。大して広い部屋でもないけど好きにしいや。俺が飼うたるから。」
「何か見返り要る?」
「いらんけど…、そやな、少しくらい家事やってくれたら嬉しいな。」
「ふうん、あんまり得意じゃないけど、週に1回くらいなら頑張ってもいいで。」
「よっしゃ、ほな、これ合鍵な。」
「早!」
「前の愛人に逃げられたんよなー。頼んだで。」

私が高校生だと知らない藤崎さんは、朝早く出ていく。
彼が出かけた後、一度家に戻り、制服に着替えて学校に行っていた。
朝起きるのが億劫な時は遅刻して3限からの重役出勤という日もあった。
放課後はクラブがないので寄り道せず家に帰り、着替えてからバイトに行くか、藤崎さんの部屋に戻るという二重生活を送っていた。

◇◆◇

藤崎さんの家にいて気付いたことがある。
私が来るしばらく前まで女がいたのは間違いないが、多分、愛人じゃなくて奥さん。
所々残る痕跡。もしかしたら幼子もいたんじゃなかろうか。
私みたいなガキンチョを相手にせずに、奥さんを連れ戻しに行けばいいのに。

私が先に寝ているベッドに潜り込んできた藤崎さんに向かって言う。

クリックすると元のサイズで表示します

「藤崎さん、奥さん連れ戻しに行かへんの?」
「は?ガキンチョが。そんなこと言うのはこの口か?」

私の口を塞ぐように濃厚なキス。

「んん…!」

そのまま私のTシャツの裾から手を入れて私の体をまさぐる。

「ああっ!いやん!藤崎さん!」
「藤崎さんって止めよや。信弘でいいから。」
「…信…弘…さん…、いや、止めて……。」
「ん?もしかして、初めてなん?」
「…そんな訳……」
「じゃあええやろ?減るもんでもなし。」
「…っ。」

あっという間にTシャツと下着を脱がされて裸になった。
あちこち敏感なところを攻められて体がピクンと撥ねる。
頑なに閉じている脚を広げられて観念する。

「信弘さん、私…初めてやから…」
「…そんなんはよ言え。今更抑えられんぞ。悪いな、お前の初めて貰うからな。」

あっちゃん…。
ずっと初めてはあっちゃんって思ってたけど別れちゃったしな。
信弘さんのことも嫌いじゃない…。ごめんね。

「ほら、俺に体預けてみ?力抜かんと痛いからな?」
「うん…。」


-続く-

---
1.序章
18.自暴自棄
20.鉢合わせ
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ