行ってまいりました、タバコイ舞台挨拶。


電車は間に合ったんですが、起きる時間に目覚ましを書けておいたのに、起きたのは鳴り終った1時間後(!)というハプニングもありつつ、無事会場であるシネマート六本木にたどり着きました。



が。





クリックすると元のサイズで表示します


まだ開いてなーい!
Σ( ̄□ ̄ )ウソッ




クリックすると元のサイズで表示します


ポスター撮ってる間に開きました。
一番上がタバコイ。


タバコイはTSYの時とは違って、ここに映っている5作品を上映します。
10時からの回はタバコイ、12時からの回はヒノマル・ドリーム…という感じ。

TSYの時はちょっと恵まれてたんだな…(ワーナーマイカルシネマズ全館公開だったから)


ちなみに、今回もパンフは発売されていませんでした。残念。




時間ちょっと前に開場しましたと言うアナウンスで3階のシアターに移動。


席は後ろでしたが、まぁ近いのなんの!
映画自体も首が痛くならない位置で超見やすかったです。



10時になり、チャイムが鳴って、上映開始。




…あれ?音は流れるけど、映像が見えないぞ??



すぐ明るくなる会場。


スタッフ「只今、機材トラブルが発生致しました。もう少々お待ち下さいませ。」



なぬっ( ̄◇ ̄;)

1分後、再度上映開始。ほっ。





簡単なあらすじは、こんな感じ↓


極度の無菌室状態で育った主人公・宮内正(又吉さん)は「建前」も「本音」と受け取ってしまう。


例えば、同僚(品川庄司・庄司さん、載寧(さいねい)龍二さん)と参加した合コンで、自分に興味がありそうな女性が「色々自分の悪い所言ってほしい」と言えば、本当に言ってしまう。

合コン途中で上司から電話が入りどこにいるんだと聞かれたら、「今、合コンしてます」と正直に言ってしまう。
そして翌朝上司に絞られる約束が出来てしまう(そりゃ当然だが)。


社長秘書の愛樹(あき・遠藤久美子さん)にも嫌味を言われ、合コンでいい感じになった人たちからもメールが来ない(ちなみに相手は正を好いてはいない)。

「何で女の人って嘘つくのかわからん!」と行きつけのラーメン屋の親父さんに愚痴った正は、親父さんから「人の本音がわかるタバコ」をもらう。

そのタバコを吸うとその人の隣に吹き出しが見え、本音が見える。
最初は戸惑う正だったが、本音がわかるようになり、恋も仕事もいい方向に動き出す。

しかし、愛樹には秘密があった…





んー…結構踏み込んじゃったかな(^^;)


個人的には、本当に未知数の映画でした。

又吉さんはあまり俳優活動されてないし、「どんなになるんだろ?」という期待と不安。
そしてジャンルが「ラブロマンス」という驚き。
さらにベッドシーンもあるんだって!?(ありました・笑)



もちろん笑いどころもありました。

又吉さんの笑顔がアップになるシーンで客席爆笑(笑)
パンツ一丁のシーンでも爆笑(笑)
もちろん、庄司さんの「ミキティー!!」も入ってました。



でも、ちゃんとラブロマンスの映画で、綾部さんでは絶対出来ない世界観になってました(綾部さんに失礼?)


又吉さんの演技もめちゃくちゃかたいんかな、と思ってましたが、そうでもなかったです。
セリフも関西弁だったし、「宮内正」というより「又吉直樹」っていう感じがしました。




上述しましたが、エンクミさん演じる愛樹には秘密があります。
そして、最後に「あぁ、なるほど」というオチもあります。


両方とも当てちゃいました。
ついでに、オチは中盤で確信しました。

オチの方はTSYの最後(綾部さんが又吉さんになる)みたいに、もっとどんでん返しがあっても良かったかも。
あ、あと忘れずに言っておきますが…綾部さんは出ていません(笑)




それと、気付いたTSYとの共通点も書いておこうと思います。

@沖縄国際映画祭で上映された、吉本とTBSが共同制作した映画。
A監督は両作とも普段はTBSでバラエティー製作をされている中川通成監督。上映時間も89分(TSY)、90分(タバコイ)とさほど変わらない。
B主題歌も両作ともHiroshi by SIMONSAYZ(サイモンセズ)さんが歌われている。TSYは「TSY」、タバコイは「Close your eyes」。


…Bを今日気がついたのよ。「何か聞いたことある声!」って思ってたら、やっぱりそうでした(^^)




上映終了後、プレスの方を入れていよいよ舞台挨拶です。


MCは出雲阿国さん。

最近行く映画のイベントのMCは必ず出雲阿国さんですね(笑)
今日もめちゃくちゃ可愛かったので「可愛いー!」と叫んじゃいました(^−^)v



登壇者は…

劇場スタッフさん「登壇者はピース・又吉、遠藤久美子さん、品川庄司・庄司さん、中川通成監督です」

又吉さん、呼び捨てですか!?




こうして始まった舞台挨拶。
まずは又吉さんからご挨拶。



又「えー…主役をやらせていただきました、又吉です(ガチガチ)」
庄「かたいな!」


誰がどう見てもガチガチで緊張しっぱなし(笑)



出「今回主役ということでしたけれども、オファーもらってどう思いましたか?」
又「監督に「僕には無理じゃないんですかね」と言ったんです。映画もほとんど出たことがないので…(※線香花火時代に2本ほど端役での出演があるそう by wiki情報)」
出「相方の綾部さんは映画にもどんどん出てますけど」
又「綾部は将来の夢がハリウッドスターですから。着々と(夢の)階段を昇ってますね」
一同「(笑)」


確かに言ってたわ、それ(^^;)



心配がる又吉さんに中川監督は「役は又吉君に近いし、大丈夫だよ」といわれ、それならとOKした又吉さん。
ところが、撮影初日、一番最初のカットが終わった時に事件は起きた。


又「監督が「演技ができないのも範疇に入ってるからと言われたのに、最初のカットが終わったら結構大きいミーティングが開かれました」
一同「(笑)」
又「僕の声があまりにも小さかったみたいで…」
中「音声さんが(隣で)苦労してるのがわかったから(笑)」
又「監督には「もうちょっと元気出せるか?」と言われ、プロデューサーさんには「フランス映画撮ってるんちゃうねんから」と言われました」


ちなみに、又吉さんが演技をしているとスタッフさんは半笑いで、バラエティ収録時の癖で中川監督が笑ってしまい、「又吉君、笑っちゃったからもう1回(撮り直し)!」と撮り直して、監督がプロデューサーさんに怒られたこともあったとか(笑)


また、庄司さんが「(又吉さんは)仕事の合間の撮影で、セリフを覚えたらすぐに椅子に座って寝てた。時には食い気味に座って寝てた」と撮影現場での又吉さんをばらしていました(笑)


エンクミさんも「フランス映画のようで、又吉さんワールド全開で、(撮影現場が)心地よかったです」とおっしゃっていましたが、又吉さんが「…今の本音ですか?」と疑っていました(−−;)





ここで、映画のテーマ「本音と建前」にちなんで、出雲阿国さんが出した質問建前と本気を話す、という企画に。



出「では中川監督、この映画をどんな人に見ていただきたいですか?」
中「いろんな人にたくさん見ていただきたいですね」
出「本音は?」
中「LiLiCoさんにこの映画を見ていただいて、ブランチで褒めてもらいたーい!」


出「では遠藤さん、結婚相手に求めるものは?」
遠「又吉さんみたいに優しい人がいいですね」
出「本音は?」
遠「又吉さんみたいに・・・・・・・・・髪が長くない人」
又「(ちょっとショック)」


出「では又吉さん、生まれ変わっても芸人でいたいですか?」
又「そりゃもちろん」
出「本音は?」
又「…ジュエリーデザイナーになりたいですね」
一同「(笑」
又「細かい作業好きなんです」


出「では庄司さん、奥様以外で気になっている方はいらっしゃいますか?」
庄「いるわけないじゃないですか!」
出「本音は?」
庄「壇蜜ですね(即答)。毛穴までエロい!」




こうして舞台挨拶は終わり、フォトセッション(静止画)→フォトセッション(動画)、キャンペーンの当選者用のチェキ撮影、最後に挨拶でイベントは終了しました。




綾部さんと違って、こういう場に又吉さんが慣れてないのがよくわかりました(笑)
それもそれでいいんだけどね。



ちなみに中川監督情報。


又吉さんと中華料理屋の親父さんのシーン(つまり、中華料理屋のシーン)の奥の方ではエンクミさんがラーメンをすすっているのです。

私は全然わからなかったけど(映ってると思ってないし)。ぜひ見に行かれる方はチェック。




実は又吉さんだけしか出ないイベントに行くは今回初めてだったのですが、とても面白かったです。
映画も結構面白かったので、近くに会場があって興味のある方はぜひぜひ。


ただし行く場合、上映時間と作品はチェックしてから行って下さい(笑)



********

↓AAAのMEDIA情報などと、ピース・ノブコブのTV情報をまとめてます
☆AAA&ピース&ノブコブ出演情報☆


↓管理人を務めるAAAファンサイトです♪
AAA☆Fan!!


↓呟いちゃってます。よかったらフォローして下さいな♪
http://twitter.com/sola0323


↓ピカルコントのbot・ムーンプリンス又吉bot作りました
http://twitter.com/moonprince_mata


↓つぶやきを1日ずつまとめてます
亜柚実のつぶつぶ。


↓アメブロではひたすらブログネタに答えてます
あゆの塩焼き。〜season2〜
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ