初めての方は、まず「精子ドナーを無償で始めた理由」をご覧下さい。提供方法の詳細は「病院の人工授精 VS 自宅の「注射器妊娠」」をご覧下さい。提供実績(双子についても)はこちらに掲載しています。検査は毎年していますが、それでも性病が心配なかたはSTDチェッカーなどを用意していただければ、面談時にその場で採血・採尿してお渡しします。連絡先 yumetama24@gmail.com  24時間以内に返信がない場合は見落としているかもしれないので、お手数ですが再送してください。 ※他のサイトで、私のブログの一部を丸写しにしたり、「ゆめたま」「yumetama」という名を使っているものが散見されます。私とは一切関係ないサイトなのでご注意ください。
赤ちゃん19人に1人、体外受精で誕生  精子提供に関するニュース

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170916-OYT1T50079.html

赤ちゃんの5人に1人は体外受精で誕生しているんですね。
私の提供でも同程度かやや多い比率だと思います。
昔は不妊治療で生まれた子が差別されたなんて言う話も一部にあったようですが、今は普通の存在になっています。

少し驚いたのが、「累計で48万2627人になった」という記載です。
1桁まで統計があるとは驚きました。
私も見習って、もう少し今までの提供についてデータ整備をしなければと思いました。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ