初めての方は、まず「精子ドナーを無償で始めた理由」をご覧下さい。提供方法の詳細は「病院の人工授精 VS 自宅の「注射器妊娠」」をご覧下さい。提供実績(双子についても)はこちらに掲載しています。検査は毎年していますが、それでも性病が心配なかたはSTDチェッカーなどを用意していただければ、面談時にその場で採血・採尿してお渡しします。連絡先 yumetama24@gmail.com  24時間以内に返信がない場合は見落としているかもしれないので、お手数ですが再送してください。 ※他のサイトで、私のブログの一部を丸写しにしたり、「ゆめたま」「yumetama」という名を使っているものが散見されます。私とは一切関係ないサイトなのでご注意ください。
妊娠できるのか不安…病院に行くタイミングは?  精子提供に関するニュース

https://r25.jp/life/00054997/

この記事で重要な点は、以下の2つだと思います。

“タイミング”といっても排卵日に1回ではないそう。基礎体温をつけて排卵日を把握し、排卵日周辺に1日おきに性交渉を行うよう指導されるのが一般的だとか。排卵日前にも行うようにすすめられるのは、精子より卵子の寿命が短いため。排卵前に精子が子宮の中で待っているようにしたほうが妊娠しやすいそうです。

30歳前後になると責任ある仕事を任されて、「治療と仕事を両立できるか」と受診をためらう女性もいるかもしれませんが、「人工授精をする場合や体外受精をするために採卵する場合、『明日、また来てね』と医師から急に言われることもあり、働きながらの不妊治療は、やはり難しい面もあります。しかし、子どもができたらできたで、それ以上に仕事の調整は必要になるものなので、思い立ったら早めに治療を始めましょう」
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ