初めての方は、まず「精子ドナーを無償で始めた理由」をご覧下さい。提供方法の詳細は「病院の人工授精 VS 自宅の「注射器妊娠」」をご覧下さい。提供実績(双子についても)はこちらに掲載しています。検査は毎年していますが、それでも性病が心配なかたはSTDチェッカーなどを用意していただければ、面談時にその場で採血・採尿してお渡しします。連絡先 yumetama24@gmail.com  24時間以内に返信がない場合は見落としているかもしれないので、お手数ですが再送してください。 ※他のサイトで、私のブログの一部を丸写しにしたり、「ゆめたま」「yumetama」という名を使っているものが散見されます。私とは一切関係ないサイトなのでご注意ください。
不妊治療に1000万円かかるって本当?  精子提供に関するニュース

https://allabout.co.jp/gm/gc/299817/

多くのかたに提供してきた実体験として、実際に1000万円もかかることは稀ですが、若いうちに子作りをしておけば病院は全く不要ですので、できれば20代、遅くても34歳までに妊娠できるように人生計画を考えるのがベストです。

しかし思いったったのがアラフォーのかたは非常に多く、今更そんな事を言っても始まらないので、不妊治療を利用されるならこの記事が参考になります。

まずは、保険で行える範囲で受けるのが第一段階だと思います。
<保険診療で行なえる治療例>
タイミング療法
クロミッド療法
HMG−HCG療法

それで効果が半年経ってもなければ、体外受精などに進んでいただければよいと思います。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ