初めての方は、まず「精子ドナーを無償で始めた理由」をご覧下さい。提供方法の詳細は「病院の人工授精 VS 自宅の「注射器妊娠」」をご覧下さい。提供実績(双子についても)はこちらに掲載しています。検査は毎年していますが、それでも性病が心配なかたはSTDチェッカーなどを用意していただければ、面談時にその場で採血・採尿してお渡しします。連絡先 yumetama24@gmail.com  24時間以内に返信がない場合は見落としているかもしれないので、お手数ですが再送してください。 ※他のサイトで、私のブログの一部を丸写しにしたり、「ゆめたま」「yumetama」という名を使っているものが散見されます。私とは一切関係ないサイトなのでご注意ください。
子どもの性癖は親の責任か?(お子さんは複数人いるほうが良いという話)  精子提供に関するニュース

http://diamond.jp/articles/-/102500

子供の育ち方に、遺伝と環境のどちらがより重要かという考えはいろいろありますが、橘玲氏は相対的に遺伝が重要としています(詳しくは彼の他の記事などを参照してください)。

ただし、同じ両親から生まれた子供でも、違う性格であることは普通です。

>きょうだいが多かった時代には、同じように育てても異なる性格を持つようになるのは常識でした。なかにはドロップアウトしてしまう子どももいて、あれこれ手をつくしてもどうにもならないと、「あの子はしかたがない」と運命として受け入れましたが、これは「子どもは親の思いどおりに育たない」と知っていたからでしょう。
 ところが社会がゆたかになって子どもの数が減ると、子育ては「ぜったいに失敗してはならないプロジェクト」になりました。その責任は母親に負わされるため、プレッシャーはなみたいていはではありません。

私の提供では、いろいろな事情で二人目以降が無理というかたは三分の一くらいいらっしゃいますが、お子さんが一人だと、ドロップアウト以外にも交通事故等による突然死(考えたくはないですが)などのリスクもあります。もちろん一人一人が掛け替えが無い大切なお子さんでしょうけど、私の感覚では1人だけしかお子さんがいないのはリスクが大きいのでは、と感じています。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ