初めての方は、まず「精子ドナーを無償で始めた理由」をご覧下さい。提供方法の詳細は「病院の人工授精 VS 自宅の「注射器妊娠」」をご覧下さい。提供実績(双子についても)はこちらに掲載しています。検査は毎年していますが、それでも性病が心配なかたはSTDチェッカーなどを用意していただければ、面談時にその場で採血・採尿してお渡しします。連絡先 yumetama24@gmail.com  24時間以内に返信がない場合は見落としているかもしれないので、お手数ですが再送してください。 ※他のサイトで、私のブログの一部を丸写しにしたり、「ゆめたま」「yumetama」という名を使っているものが散見されます。私とは一切関係ないサイトなのでご注意ください。
森三中・大島美幸さん出産!30代後半女性の「妊活生活」が重要とされるワケ  精子提供に関するニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150623-00000004-mocosuku-hlth

大島さん、ご出産おめでとうございます。大島は35歳で出産されましたが、それでも子宮筋腫の手術など、苦労して妊娠されたことを、妊娠を検討されているかたは忘れないで欲しいです。

記事にあるように、妊娠する能力はこんなにも年齢により下がります。
・25歳 25%〜30%
・30歳 19.9%
・35歳 16.3%
・39歳 10.2%
・40歳 7.7%
・41歳 5.3%
・43歳 2.0%
・44歳 1.3%
・45歳 0.6%
*数値は、生産分娩数/総治療周期数

やはり理想は20代、それが無理でも35歳までにはお子さんを授かるよう計画してください。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ