初めての方は、まず「精子ドナーを無償で始めた理由」をご覧下さい。提供方法の詳細は「病院の人工授精 VS 自宅の「注射器妊娠」」をご覧下さい。提供実績(双子についても)はこちらに掲載しています。検査は毎年していますが、それでも性病が心配なかたはSTDチェッカーなどを用意していただければ、面談時にその場で採血・採尿してお渡しします。連絡先 yumetama24@gmail.com  24時間以内に返信がない場合は見落としているかもしれないので、お手数ですが再送してください。 ※他のサイトで、私のブログの一部を丸写しにしたり、「ゆめたま」「yumetama」という名を使っているものが散見されます。私とは一切関係ないサイトなのでご注意ください。
卵子凍結は夢の技術?  精子提供に関するニュース

http://p-dress.jp/articles/-/230

卵子さえ凍結しておけば、いつでも妊娠できるとなれば、たしかに女性にとって夢の技術でしょうけど、まだ大きな技術的問題があるようです。

その問題は、1個卵子があるだけでは妊娠できる可能性は低いということ。じゃあ何個あれば妊娠して出産に至ることができるか、というと個人差も大きいですが年齢によります。35歳でおよそ10個、40歳だと50個くらい。質のいい卵子ならば一つで妊娠しますが、質の悪い卵子ならば確率は下がるのです。しかし、排卵誘発剤を使わなければ卵子は月に1個しか取れません。10個も20個も採卵するには何ヶ月かに渡って排卵誘発剤を使い、何度も採卵しなければいけないことになります。

これではまだ、多くの女性にとって非現実的な選択ではないでしょうか?やはり、確実に若いうちにお子さんは設けて、両立を目指すほうが私はお勧めします。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ