初めての方は、まず「精子ドナーを無償で始めた理由」をご覧下さい。提供方法の詳細は「病院の人工授精 VS 自宅の「注射器妊娠」」をご覧下さい。提供実績(双子についても)はこちらに掲載しています。検査は毎年していますが、それでも性病が心配なかたはSTDチェッカーなどを用意していただければ、面談時にその場で採血・採尿してお渡しします。連絡先 yumetama24@gmail.com  24時間以内に返信がない場合は見落としているかもしれないので、お手数ですが再送してください。 ※他のサイトで、私のブログの一部を丸写しにしたり、「ゆめたま」「yumetama」という名を使っているものが散見されます。私とは一切関係ないサイトなのでご注意ください。
病院の人工授精 VS 「注射器妊娠(注射器作戦・シリンジ法)」  精子バンク以外で子作りできる方法

提供方法は、病院での人工授精・体外受精と、自宅などでのセルフ人工授精・通称「注射器妊娠(注射器作戦・シリンジ法)」の2通りがあります。

病院の人工授精は、精液中の最近を洗浄除去して質の良い精子を抽出後、子宮の中へ入れます(注射器作戦と違い、決して自分でやったり専門医で無い人にやってもらわないでください)。費用は1回5000円から3万円ほどです。成功率は若い人で2割ほどです(注射器作戦と大して変わりません)。
体外受精は、卵子を薬を使って多く育て、膣内から卵巣へ針を刺して採卵し、体の外で精子と掛け合わせて受精させ、胚に成長させた後に子宮に戻す方法です。成功率は若い人だと5割程度とかなり高いですが、費用は1回30万円〜50万円ほどかかります。

注射器作戦は膣へ針のない注射器で自分で入れる方法です。(自分で入れる場合は膣までにしてください。子宮頚管粘液は、殆どの細菌等をシャットアウトして精子のみを子宮へ通すようになっています。)
※最近の報道で、この方法を行うと腹膜炎になる恐れがあるなどと解説ていましたが、医療機関がこのように推奨しています。洗浄していない精液を子宮に入れると腹膜炎になるおそれはありますが、注射器作戦では膣内までなので、解説者は勘違いされていたのではないでしょうか?
http://aska-cl.com/community/board-doctor.cgi?ID=1-0817
不妊治療でおそらく日本一有名な加藤レディースでも勧められています。
http://ameblo.jp/bigsmile75/entry-11903738271.html

病院での人工授精は、シングルマザー希望のかた、同性愛のかたでも頼み方次第で可能になります。具体的な事例についてお聞きになりたい方には、面会時にお答えします。

提供を受ける日は排卵日の2日前が確率的に最良です。
詳しくは、「排卵日を知る方法」をご覧ください。

精液を宅配・手渡しされた場合それが本当に精液かどうか分からないから怖い、と考えている方は、300倍〜1000倍で見れる顕微鏡を買ってチェックしてください。ちゃんと沢山の精子が泳いでいるのが観察できます。
たまのルーペ(カード式使い捨て顕微鏡)なら2000円しませんし、百貨店では普通の顕微鏡が安いものでは3000円程で売られていました。

クリックすると元のサイズで表示します
注射器作戦(シリンジ法)を行うときは、おおむね以下の流れになります。
1 トイレで私で容器に採精してお渡しします(所要時間10分程度)。
※トイレは出来る限り衛生的で混んでないところを希望します。喫茶店、百貨店、ホテル、空港、特急列車などのトイレが望ましいです。駅のトイレは一番避けたい場所です(どうしても他が無ければ利用しますが)。
2 処置するまでの移動中は紫外線を避けながら33度程度を保ってください。カバンではなく内ポケットや下着の間などに入れて頂くほうがいいです。処置までの時間は短いほど成功率が上がります(できれば10分以内)。
3 自宅や宿泊先などで横になっていただき、上の画像の注射器等で吸い上げ膣に根元まで差し込んで出来るだけ奥へ注入、そのまま30分くらい精液が漏れないように動かずに寝てください。精液が漏れないように枕を腰の下に入れるなどして高くすることがコツです。
※真水が入ると浸透圧の差で精子が破裂して死んでしまいますので注射器は洗わないで下さい(お渡しする注射器は滅菌済みで未開封のものです)。
※自分で可能なかたは、注入前に性的に興奮することがオススメです。膣の酸性が弱まり、膣の奥が膨らんで精子がもれにくくなり、排卵を促すホルモンが分泌され、さらに注入後にオーガズムに達すればスポイトで吸い上げるように子宮が精液を取り込めるので確率が上がるそうです。


アメリカの精子バンクThe Sperm Bank of California
にも自宅での人工授精の方法が紹介されています。必要なところだけ抜粋して翻訳しました。

Warm the vial to body temperature in your hands or under your arm before inseminating. (手や脇に抱えて精子の入った容器を事前に暖めてください。)

We provide you with a needleless syringe for vaginal insemination. Remove the syringe from the plastic wrap. Shake the thawed vial well before removing its lid, then insert the tip of the syringe into the vial and draw the semen into the syringe by pulling the plunger up (be careful not to pull the plunger all the way out of the syringe). There’s sufficient suction in the syringe that you can put a full syringe down without the semen coming out. Do not clean the syringe before using it; even rinsing the syringe with plain water could kill sperm.(針のない注射器を提供します。プラスチックの包装から注射器を取り外してください。ふたを取り外す前に、容器をよく振ってください(※容器を振る動作は解凍のためなので私の提供では不要です)。注射器の先を容器の中に入れ、プランジャーを引き上げ精液を注射器に引き込んでください(プランジャーを注射器から外さないように注意してください)。注射器は十分な吸引力があり精液は途中で出て来ないで、膣の奥まで漏らさずに入れることが出来ます。注射器を使用する前に洗わないでください。真水が注射器につくと、精子は死んでしまいます。)

Get comfortable and lie down with your hips elevated on pillows. You may want to put a towel beneath you, as you will leak seminal fluid (but not sperm) after inseminating. Reach to the back of your vagina to locate your cervix, which should feel round and smooth, like the tip of your nose. Insert the full syringe, directing its tip toward the top of your cervix, remove your fingers, and depress the plunger. Remain lying down with your hips elevated for about fifteen minutes to half an hour. It can also be helpful to have an orgasm after insemination (provided no penetration is involved), as the uterus will lift up, causing the cervix to dip down into the pool of sperm, while the contractions of orgasm will help move the sperm up into the uterus.(くつろいでください、そして腰下に枕を置いた状態で横たわってください。人工授精の後に液体が漏れるので、下にタオルを置くとよいでしょう。膣の奥まで指を挿入して子宮口を見つけてください。鼻の先のように丸く滑らかであると感じる所です。子宮口の先端に向けて、注射器を挿入してください(できれば子宮口に注射器の先端をいれると良いと思います)。そして指を取り除きプランジャーを押し下げてください。 腰が上げられている状態で15〜30分横たわってください。また、授精後にオ−ガズムに達するのも役立ちます。性的興奮を起こすと子宮が上がり、子宮口が精液の溜まった所に下ります、オ−ガズムの収縮は精子が子宮へ入るのを助けるでしょう。)
なお、いくつかの不妊症対策の本には射精前(注射器妊娠では「注入前」)にオーガズムに達する手前まで興奮しておけば、普段は酸性である膣内がアルカリ性に傾き、酸性に弱い精子にとって有利な環境になるのでお勧めとも書いてありました。
※最近話題の本「ヴァギナ 女性器の文化史」(キャサリン・ブラックリッジ 著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309204538/qid=1141307869/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-8001711-8017932
では、射精後3分以内にオーガズムに達すれば妊娠率がかなり上がると書いてありました。注射器作戦の場合は注入前にオーガズム直前まで高めておいて、注入後すぐにオーガズムに達するのが最善の処置方法だと思います。

お渡しした後、なるべく早く処置することが大きなポイントです。

排卵日がはっきりわからなくても、予定日前後で2日おきに2,3回提供を受ている方もいます。これなら確率はかなり上がります。

ご希望の方は、yumetama24@gmail.com
へご連絡ください。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ