もみじクラフト

2012/9/3 | 投稿者: Nowa

9月1日2日は、長野県駒ヶ根市にて「もみじクラフト」が開催されました。
今回初参加。

6月の駒ヶ根はほんとになかなか出られないんです。
でも、駒ヶ根に行きたい!そんなクラフトマン達が多いんでしょうね。
出店者も多いし、みなさん前日から場所取り合戦です。
私は、当日の朝にならないといけないので、場所はどこになっても仕方がありません。

案の定、端っこの場所なので、のーんびりと始まり、のーんびりと時間が過ぎていきます。
体験コーナーを設けても、杜の市のような忙しさは全くありません。
お友達曰く、ここはあまり体験をするお店もないし、そういう雰囲気じゃないんじゃない?とのこと。

あれれ、そうなんだ。
まっ いいか!

両隣りとも、滋賀県からいらしてる作家さんで、左隣の陶器のおじさん。
甲斐クラや、台ケ原でも顔なじみのおじさん。
ずーっと缶から三線片手に歌ってました。
リピーターさんの多さにびっくりです。

とんぼ玉仲間とよく言うんですけどね、「陶器みたいに使ってて壊れちゃうものはいいよね。また買ってもらえるもん。(笑)」
とんぼ玉が壊れたら、クレームもんだからね〜。



さてさて、毎回感じることですが、体験コーナーでは本当にいろいろな子育て感を目の当たりにできます。
それを見ながら、自分の子育てはどうだったかな?って反省したり・・・。

昨日はとっても素敵なご家族がいらっしゃいました。
お子さんの気持ち、イメージを全部受け入れて見守ることができるご家族。
お嬢さんが1人なんですけどね、サークル型のとんぼ玉と、まあるいとんぼ玉をつかってネックレスを作りたい。

普通なら、1個、1個だから。から始まり・・・
普通のレールにのせちゃうもの。
でも、オールOK!

私もオールOK人間なので、お嬢さんのイメージを叶えてあげようと無い知恵を絞って、考えましたよ。

でね、完成したのがこちら。



  クリックすると元のサイズで表示します

真ん中のとんぼ玉がもう少し小さければよかったんだけど、なんせ抜けた穴にギリギリ入るサイズ。
でも、イメージが叶えられてよかったあ〜。

  クリックすると元のサイズで表示します 黙々と頑張ってくれました。

お父様も、お母様もニコニコと見守っていらして、くちだしせずにまっててくださいました。
だからこそ、この自由な発想、イメージ力が養われるんですよね。
見守ることの大切さを、この体験コーナーを通して毎回痛感させられます。
自分の頭で考えられる力。
将来生きていく中で、とても重要な力です。
大人の都合に合わさせてはいけませんね。


それから、それから・・・
毎回のことですが、今回もありました。
全然関係のないものを「直して!」と来るお客様。
なんでかな?
私の前にもアクセサリー屋さんあったし、周りにもいっぱいいるのになぜか私。
お役に立てて喜んでいただけるのならいいんですけどっ!

今回は、琥珀のチョーカーの紐の修理。
なんとか修理を完了したと思ったら、そのあと・・・

これも直せる?!って、ベルトを持ち出した(爆)
はははっ

私は一体何屋さんなんでしょう。

そんなかんじでのんびり過ごした2日間。
帰りの高速では、とっても大きくて綺麗な虹がかかっていて、アーチをくぐった〜。って思ったら、少ししてまた虹が出てた!!

とっても近い場所に架かる虹はとっても綺麗で、Happyな気分になれました。

みなさま、2日間どうもありがとうございました。
2



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ