あじさい祭り

2012/6/26 | 投稿者: Nowa

2年ぶりに行ってきました!
大月市猿橋「あじさい祭り」

毎年雨が心配なこのイベント。
今回はそんな心配をすることなく張り切って参加してくることができました。

自宅から高速をつかって1時間弱のところにある公園。
周りにはたくさんの紫陽花が咲き、公園の下には桂川が流れていて鮎釣りが楽しめる様子。

猿橋は江戸時代の浮世絵「歌川 広重」の絵に描かれた日本三奇橋のひとつ。橋脚がなく、両岸から四層にせり出したはね木によって支えられているのが特徴の橋があり名勝となっているそうなんです。

岩殿山も有名なんだそうですよ。

そんな町で開催されるお祭り。
到着すると、実行委員の皆様の温かい歓迎!
「いや〜よく来てくれましたね。このテント良かったら使ってください!」
といきなりのVIP待遇じゃありませんか!!
運動会で使うような大きくて立派なテントをお借りして出店準備を開始。
いつもは、車を少し離れたところに停めに行くんですけど、今回はテントの後ろ側に置いていいって!!(ラッキ〜!)

いつものように、浴衣を着た小学生のお琴の演奏から始まり

クリックすると元のサイズで表示します

和太鼓の演奏や、保育園の子達の発表と続きます。
そのあとに、フォークダンスサークルの方たちの踊りがあって

クリックすると元のサイズで表示します

ハワイアンの演奏が聞こえてきたかと思ったら、フラダンスが始まりました。

次から次へと楽しい出し物が続きます 
気が付けば、毎年購入しに来てくださるとっても綺麗なお客様は「フラ」に出てる方でした
今年は久しぶりということもあって、そんな出し物を見ている間もなくあっという間にお昼になりました。

お隣には、布でバックや巾着を作っている方が初出店
あとでゆっくり見せてもらおうと思ってたら・・・
ものすごいお客様で、気が付けば作品が「ない!!」

クリックすると元のサイズで表示します

おとうさんと2人の息子さんが応援に来てくれていて、特に中2のおにいちゃんが働き者なんです!!
しっかりとした縫製の作品が、驚きの価格!!
売れるはずだわ 

午後になると会場の雰囲気がガラっと変わります。
クリックすると元のサイズで表示します
この方、猿橋の名優〜〜!と言われてました

それから、お二人の演歌歌手カラオケが歌って・・・。
この頃にはお客さんの大半はご年配の方。
午前中はものすごいかずのお子さんとそのご家族。
毎年のことながら、ものすごいギャップで面白い。^▽^


私のブースでは、体験のちびっ子たちがワイワイ楽しそう。
今回は小学生がほとんどでしたね。
みんな思い思いに作品作りを楽しんでいました。
真剣に取り組んで完成した時のキラキラした満足そうな笑顔が、本当にたまりません。

小学5年生の男の子が、2年生の妹さんと参加してくれたんですけどね・・・。
さすが思春期の5年生男子!
「めんどくせ〜〜。」と言いながらも、手は止めず・・・。
『ダルダル感』炸裂ながらも?!かっこいいネックレスを完成。(お疲れ様♪)
しっかり者の2年生の妹さんに、
「5年生なんだから、諦めずに頑張りなよ〜〜。」と励まされている光景がなんとも微笑ましい

お陰様で今年も楽しい1日を過ごすことができました。
実行委員の方々は入れ替わり立ち代り足を運んでくださり、
「売れてる?」
「お客さん来てくれてる??」って心配してくださるんですよ。

帰りには、「挿し木にして!」って紫陽花もいただきました。
それがね、
一人の方がそう言って紫陽花を持ってきてくれたんだけど、
そのあとに来た方が、「これじゃダメじゃん!」って言いながらどこかに行っちゃった!
っておもてたら、土と植木鉢を持ってきて鉢にさしてくれました。
「水もあげなきゃね。」って水をあげに行ってくれて・・・。

こういうところがほんとにあったかいでしょ〜。
だから好きなんです。ここのお祭り。

やっぱりここは外せないよね。って思いました。
ホントは、前日の土曜日に新潟県のクラフトに行こうかなっておもってたんですよね。
来年は出たいなって思って。下見のつもり。(結局、行けなかったんですけど)

でも、そのクラフトに出たらこのお祭りには出られなくなります。
お客さんの数や、売り上げを考えたらきっと2日間新潟に行ったほうがいいんだと思うんですよ。

でもね、
売れるか売れないか・・・それだけじゃないんだよね。
少なくとも私は・・。

このお祭りに「来年も待ってるよ!」って言ってくださる方が一人でもいてくれる以上、「今年も開催しますよ〜〜!」って声をかけてくださる方がいる以上は、やっぱりここに来たいと思います 

という訳で、来年もお誘いをいただければ「あじさい祭り」に参加します。
猿橋の皆さま、また来年お会いしましょう!!

猿橋の皆様、実行委員の皆様ありがとうございました!!

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ