れっつ・Nゲージ

 

容量いっぱいのため新しいページを開設しました。
最新記事は れっつ・Nゲージvol.2へお越し下さい!

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

カレンダー

2022年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:mattun
城山さま。はじめまして、こんばんは。

やはりアルミホイル作戦が妥当かもしれませんね。ご提案ありがとうございます♪
最近は上野駅レイアウトが滞っていますが、建設資金と用地獲得(笑)が思うように進んでいない状況です。
またお褒めの言葉、ありがとうございます。大きな励みになります(嬉涙)
先は長いかもしれませんが、これからも宜しくお付き合いください。

http://happy.ap.teacup.com/ngage/
投稿者:城山圭一郎
光漏れの件ですがアルミホイルを内側に張ることによって解消されます!上野駅感動です!完成を楽しみにしています
投稿者:mattun
SEKKIさま、こんにちは♪

とりあえず並べられるだけ並べて「ニンマリ」です。現在は高架ホームを乗せるべく14〜13番線にかけての高架橋脚を建築中です。見えないところなんで手抜きもありかなって気もしますが、イナセな職人さんは見えないところにも凝るので、手抜きはなしで考えています(爆)
昭和50年代の17〜18番線の写真は拡大などしながら見てるんですが、光の加減にも映るし、でも「へ」の字屋根だよな〜なんて思いながら見た結果です。

遮光はやはりアルミホイルが妥当かもしれませんね。お手軽に入手可能なところがポイント高です。プラ板でサンドイッチすればギラギラ感も抑えることもできるし、一回試してみますね。結果はまたブログで報告させていただきます。ありがとうございます!

開業日は・・・・・・・ガクっ!
しばらくは難しいかも・・・ですね。写真撮影用のジオラマ状態が続きそうです(泣)

投稿者:SEKKI
こんばんは〜!
やっぱり食いついてしまうネタですね。いやはや、お仕事早くてうらやましい。(^^;
お小遣い5万円?なめとんのかーですね。(爆)5千円の間違いじゃないんですか?人類皆役員時代が来ないですかね。(苦笑)
みんなそんなに貰ってるのか〜、だとするとHG室内灯付きで毎月1編成かぁ・・・羨ましい限りですな。(換算がオカシイ・・(^^;)
ま、お遊びはこのくらいにして本題へいきますね。(笑)
ってゆーか、凄いですね。既に地平は天井見えたという感じですね。がんばれ〜(^o^)ノ
やはりTOMIXベースだと直線プランにならざるを得ないでしょう。しかしながら、実際鳥瞰的に写真撮るのは、見る側があまり鳥瞰的に覚えている方もよっぽどですから遠景でもポイントを掴んでいれば、ホームが多少まっすぐ(笑)でも問題ないと思います。(^^)

18、19番線ですが、大連絡橋ができる昭和45年の12月前後あたりから、ホーム上屋の改築(っていうのかな)が一部始まっていったように思います。
僕も詳しいことは解りませんが、当時のダイヤと写真を見比べながら、この列車が、この番線に到着あるいは出発していたのはこの時期だから、あぁこの時期にホームの上屋はこうなっていたのねーみたいな感じですかねぇ(^^;
上野駅の写真というと、先頭車撮ってる写真がほとんどだけど、割とロングサイズで写っている写真に目を凝らして調べてみるのも一興ですよ。(^^v
大連絡橋の床壁、す・ご・い・でっ・すっ・ねェ〜!(所ジョージ風に)
0.5mmの2枚貼りとは・・・遮光ですか・・間にアルミホイルを挟むんでは厚過ぎるかな?フィルムとかだと結構薄ものがあったように思いますが・・・。車の遮光フィルムじゃ薄いけどあんな面積いらないでしょうし・・・案としてはこんな感じ?(またくだらんこと云ってすんませんm(_ _)m)。
>動くようになったら
小躍りして万歳三唱というところでしょうか!(木亥火暴)
開業日のセレモニーには呼んでください。(爆:よしんばお呼ばれしてもいけるかな・・。(^^;)
お粗末様でした〜m(_ _)m

http://www.ne.jp/asahi/sekki/index/index.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ