れっつ・Nゲージ

 

容量いっぱいのため新しいページを開設しました。
最新記事は れっつ・Nゲージvol.2へお越し下さい!

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

カレンダー

2022年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:mattun
いつもありがとうございます。

プラ板での作成時は0.5mm厚のを重ねて(真鍮キットみたいに)ってことも考えているので、外壁についてはモックアップより薄手になると思います。
20番線の階段については、おっしゃるとおり!さすが師匠(爆)鋭いご指摘で!さらにエスカレータの作りこみまで考えているとは、どんな仕上がりになるかが楽しみですね♪
私のところは、晴れて財務省の決済が下りましたので、頭端側への延長工事を決定しました。さらに資材をうまくやりくりして、作成済みの鶯谷カーブ部分にも高低差を加えようと企んでいます。
近日公開しますので、お楽しみにしてください!
投稿者:SEKKI
こんにちは。(^^)
師(?)とはお恥ずかしながらで恐縮しますが(苦笑)、お互い目指す目標は同じとして共に納得いく仕上がりを楽しみたいですねっ♪(微笑)
しかしながら、流石のお仕事の速さには、毎度驚かされます。(@O@)

たたき台のモックアップとしては最高の出来ですね!!
実際の当時の上野駅のホームは大なり小なりカーブしていて、まともにホームのサイドラインが真っ直ぐと呼べるのは14、16番線くらいかな〜という感じです。
ですから、おおまかな跨線橋のボリュームは、かなり
イイシルエットとみて良いと思います。
20番線への階段のアプローチは、↑の写真だと全て同じ幅にみえますが、16番、18番に降りる階段よりも、見た目で若干狭くしてみたらいかがでしょうか。
約1mmで150mmですから、2〜3mmでもだいぶスリムに見えると思います。
パンダと喜多そばの入ってる中央コンコース(と呼んでみました)が付くとだいぶ敷地も拡がってみえますね!今度は中央コンコースから、どうやって階段を落としていくかがポイントですね。
僕も思案中ですが、エスカレーターも一緒に考えている(核爆)ので、・・いや、エスカは非可動ですが造り込みを考えて、ちょっと計画中です。(^^;
上野駅は、X-Y-Z方向、つまり本当に3次元的に考えないとカタチが読めないから、難しいけど楽しいですね。(^^)v
またの工事進捗、開発風景を楽しみにしてます〜!

http://www.ne.jp/asahi/sekki/index/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ