れっつ・Nゲージ

 

容量いっぱいのため新しいページを開設しました。
最新記事は れっつ・Nゲージvol.2へお越し下さい!

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

カレンダー

2022年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:mattun
杉山さん、こんにちは。

旧型客車は上野口を代表する車種であることは言うまでもありませんね(^^)。私も子供のころに乗った記憶はありますが、今となっては不鮮明な記憶だけで、もっと記録に執着しておけばと・・・(涙)

http://happy.ap.teacup.com/ngage/
投稿者:杉山正和
旧型客車、懐かしいですね。私が、まだ小学生の頃常磐線の上野口に旧型客車が走っていて乗った事を覚えています。確か朝1本、昼1本、夕方1本の3往復があったと思います。朝と昼が仙台行で夕方が平「現いわき」行だったと思います。赤電が柏が停車になっても旧型客車の列車は通過していたと思います。
投稿者:mattun
hiro39さま、こんにちは。
出張で不在だったため、お返事遅くなりました。

私も東北線、常磐線、水戸線での旧客の思い出は田舎へ帰省するときのことですね。出発のときのあの「ガックン」という衝動。停車して緩解しているときにじわっと後ろへ動いている感じ・・・。今となっては味わえない思い出です。

http://happy.ap.teacup.com/ngage/
投稿者:mattun
北東荷2さま、こんにちは。
出張で不在だったため、お返事遅くなりました。

確かに旧客は綺麗じゃダメですよね(笑)扉に関しても、銀河モデルのエッチングパーツを仕入れてきたので、開放状態を楽しんでみようと計画中です。
よりリアルな旧客を目指してみようとたくらんでいます〜


http://happy.ap.teacup.com/ngage/
投稿者:hiro39
私も、旧客持っています。最初、「青」で揃えたのですが、水スイ所属の客車は、「茶」ということが、その後の調べで分かったので、全車塗替えたことがあります。
EF80牽引の旧客は、なんとも情緒ある編成だと思います。
私が、4歳くらいの時、客車に乗って田舎に行った
記憶があります。
もっぱら、長距離の普通に客車が、充当されていましたよね常磐線では。

http://plaza.rakuten.co.jp/fotobanku/
投稿者:北東荷2
こんばんは、久しぶりにコメント致します。
旧客話とあってはコメントせずにはいられません(笑)。

以前にも記述がありましたが、“特注インレタ”とは。「旧客マニア」を自認する私ですら既製品を使っているというのに(^^;)。

また弊サイトのイメージアップ記事ですが、あれは現在、当方の旧客標準工事なのです。逆に私からすると何でKATO製品はあんなに綺麗過ぎるのか、と(笑)。
あのページの内容はほんの一例と思いますが、作業後は明らかに製品のままより実物のイメージに近づきますので、機会があればぜひmattunさんなりに手を入れてみてください。(^^)

それから「ドア開放」について。
KATO車の場合は中間車の片側(室内灯ユニットが付かない側)なら比較的簡単に出来そうな気がしますが、私はまだ実行出来ていません・・・。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ