れっつ・Nゲージ

 

容量いっぱいのため新しいページを開設しました。
最新記事は れっつ・Nゲージvol.2へお越し下さい!

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:mattun
思い入れ深いコメントありがとうございます。

この冬にTOMIXから「夢空間」が製品化されますが、本音を言えば異端車といわれる少数派車両の製品化などを併せてやってくれるものと思っていましたが、残念ながら願い叶わずみたいです。
でも、ご自分で改造された「レア物」こそ貴重な一品ですから、うらやましい限りです♪

http://happy.ap.teacup.com/ngage/
投稿者:n.k
 前略、5日振りのコメントです。今自作改造した、『スハネ25 503』を前にこのメールを打っています。今日地元の貸しレイアウトで走らせました。

 さて、実車についてですが、89年に『オハ25 551』と同時にデビューし、貴方の言うようにロビーの側窓が大きいタイプの物です。元々スハネ25 500は501と502の2両しかなく、88年に運転開始当初は綱渡り運用を強いられていましたが、その年の11月頃(?)501か502のどちらかがシャワールームに故障を起こし、本来用途の全く異なる『オロハネ25』ロイヤル・デュエットをムリヤリ『ロビー・ソロ』の予備車に起用した経験がありその教訓から、今回の『503号』の増備につながった物です。

 その様な経緯から模型の上では「レア物車」であり、KATOはもとより、今回新規に製品化したTOMIXでも製品化されなかった代物です。それだけに4ヶ月かかって完成させた事は感慨(?)深い物があります。(まあ自己満足ですが・・・。)

 次は総本山のレイアウトで走らせたいと思います。

 それでは又次回。
投稿者:mattun
n.kさま、ご無沙汰です。

やはり自作車両ともなると思いいれもあることから、簡単には置き換えは出来ないでしょう。
「スハネ25-503」とは側窓の大きなタイプですね?私も以前は幾多の改造に取り掛かりましたが、いつも塗装の工程で失敗。日の目を見ることが出来たのはいくつもありません・・・(涙)

http://happy.ap.teacup.com/ngage/
投稿者:n.k
 前略、1ヶ月振りのコメントです。
 
 実の所、自分はTOMIX製の『北斗星1・2号』セットは所有しておりません。自分はKATO製のセットを所有しており、製品化されていない個室車輌は自作していましたが、今回の製品化の時は一旦購入を検討した程でした。しかし販売方法に疑念を抱いた事(オロハネ25ロイヤル・ソロが単品で販売されない事等)に加え、TOMIX社員の対応に不信感を覚え(←この時のやり取りは別サイト『マンダーテイカーの24/7部屋』の『TOMIXについて』でコメントを寄せています)自作改造車の廃車計画を撤回。長らく遊んだお気に入りとあって、TOMIX製品より見劣りしてるとわかっていてもKATO製セットは今も自分の貸しレイアウトにおける虎の子車輌です。

 個室改造車は今も増え続け、昨日4ヶ月掛かって予ねてより改造を進めていた『スハネ25 503』がロールアウト致しました。詳細は此処では長くなるのでやはり別サイト『北海道型Nゲージ車輌』及び『寝台急行銀河好きのブログ』と云うサイトでコメントを寄せていますので、参考までにお願いします。

 では又次回。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ