三毛猫の白玉、白黒猫のメイ、キジトラ男子コトラを中心にした時々の記録です。猫写真、陶器作りなども。

2020/5/6

白玉の災難A  家猫

@からの続き、なんだけど。
ほぼ自分へ覚書なので、先に今の元気な白玉の様子を1枚。

クリックすると元のサイズで表示します
客観的に見て、べつにやせ細ってはいない・・。

以下に、忘れないように今回の顛末について、スマホに残しておいたメモの内容を記す。


******

昨日の白玉の事を書いておこう。

当日は午前中早くに病院に連れていき、夕方迎えに。
治療の具合によっては一晩入院となる可能性があると聞いていたけれど、午後わりと早くに思ったよりも処置が早く済んだとの連絡があり、まずほっとする。

それでも病院で会った時の白玉の様子は、ショボついて平べったく落ち込んでいるようにも見えて、胸が痛んだ。

主治医の先生からは、奥歯4本を抜歯したと説明があった。

曰く、神経ブロック麻酔をして少し縫ったとの事。小さな猫のこんな小さな口の中を!すごい・・ってか、考えるだにおそろしい。

そして、驚いたことに奥歯はあと1本しかもう残っていないらしい。
ないってどーゆーこと?
少なくともうちにやってきた仔猫時代以降栄養しっかり取っていたはずなので、いつの間にか抜け落ちてしまった?

ともかく前歯と犬歯だけはこれからしっかりケアして守らなければ。
飼い主のそんな決意を知る由もない白玉。

帰宅するなり、寄ってきたコトラも無視して、ハイテンション気味に家の中をチェックし、一通り見て回って満足するとトイレで大小を済ませた後には「ハラ減ったー」と何度も繰り返し主張。

今夜はフードも水も無しで、って言われたのだが・・結局根負けして、スープ状のおやつをひとなめだけ。
本猫は大変不服そう。でも、顔はものすごく疲れて眠そうだった。

で、翌朝というか、夜明け前3時頃に「ハラヘッタ!」と起こされ、ウェットフードをパウチ半分。もう半分は朝の普通の時間にこれまたぺろりと。

元気に見えるけど、今後1週間ほどは特に気をつけて見ていなければ。

******

そして、処方された抗生剤を1日2回、無事にその1週間が過ぎたのでこれを書いた訳です。

はじめの1、2日はやっぱり寝ている時間が長いような気がしたのと、今までメインで与えていたロイカナのシニア用のフード(エイジングケアステージ1)の粒が大きめなので呑み込みにくい感じがあって。それじゃもしかしてこれまでもほとんど噛まないで呑み込んでいたのは、歯が無かったから?癖じゃなかったのか?!
幸いそれほど食の好みがうるさくはないので、食餌の事はおいおい考えていこうと思ってます。


今回の治療は飼い主のエゴかも知れないけど、白玉がこの先も幸せにごはんを食べられますように。今はそれだけを願って。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

コトラやメイがくると遠慮してしまうけど、ふたりの時にこっそり遊ぼうね。

・facebook →Cyan Nekosaka
・Twitter  →チャン@ねこさか
・Instagram →Cyan Nekosaka

やる気充填お願いします〜。
7
タグ:



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ