三毛猫の白玉、白黒猫のメイ、キジトラ男子コトラを中心にした時々の記録です。猫写真、陶器作りなども。

2013/4/12

モデル  家猫

クリックすると元のサイズで表示します

亡くなる4日前のポートレイトです。


この頃コナツは居間のソファーにいたかと思うと、その下で休んでいたり。
私のベッドに入り込んで眠っていた事もありました。
静かで薄暗くてあたたかい場所がきっと落ち着くんだなと思って、好きなようにしてもらいました。

夜、私が敷物の上に座っていると、なでて・・と出て来ました。
骨ばった背中やお尻を軽くなでながら名前を呼ぶと、いつも小さくごろごろ言う声を聴かせてくれました。

この写真を撮った日。
もう随分前からほとんど食べられなくなって体力も限界に近づいていたけど、この時は元気な頃のような力のある眼をしてモデルをしてくれました。


***



皆さん、たくさんの暖かいお気持ちをありがとうございます。
私へのご心配もありがとうございます。
ちゃんと食べて、休んでます。

とりとめのない文章ですが、もう少しだけコナツの事を書いておきたいと思います。
よかったら「続きを読む」からどうぞ。



***


再発が見つかって、積極的な治療が難しい状況だと知ったのは3/19の事でした。
病院へはそれからも3日に一度くらい連れていって吐き気止めと点滴をしてもらっていましたが、気休めでしかなかったかも知れません。
ただ、わずかでもコナツが何かを口にしたいと望むうちは、少しでも楽に過ごせるようにしてあげたかった。

やがてそれもコナツの身体に負担になってきてからは、家で静かに過ごしてもらいました。

病院に連れていって、それなりの処置をしてもらえばもう少し長らえてくれたかも知れないけど、それはもう私の執念にコナツを付き合わせるだけなのかも知れないと。


最近、愛猫を亡くしたばかりの方から「あと何年生きてくれたから、もういいと思えるか?と考えたけどそれは無理」というお話を聞いた時、なんだか目からうろこでした。

今回、コナツをなでながらも、その事を繰り返し繰り返し考えていました。


***


別れが「いつか」ではなく、具体的に見えてきた時、考えた事があります。

たとえばあと5年あれば満足なのかと問われても、もう十分とはきっと思えないだろう。
だったらその分毎日密度を濃くして、何年分にも匹敵するほどにしっかり向き合おう。
・・・単なる強がりかも知れませんけど。

選択肢については色々な考え方があると思うし、後悔していないかと問われても自身でも答えは出ていません。

本猫に口が聞けたら、なんて言ったでしょうね。


***


この日が生前のコナツを撮った最後になりました。
亡くなるまで撮り続けようとも思ったけど、それはやっぱりできませんでした。


・・・長くなってしまったので、続きはまたのちほど。
すみません、ここまで読んでいただいた方よかったらもう少しお付き合いください。

16
タグ:



2013/4/14  21:39

投稿者:ぱた

「病院に3日に一回ペースで点滴に…」というくだりを読んで…秋に逝ったうちのゆうと重なって涙がこぼれました。うちのもほぼ似たような状態で通院してましたから…。
約2ヶ月点滴に通いましたが果たしてそれでよかったのか、彼にかえって辛い思いをさせてしまったのではないかとどこかで思ってました。猫が口を聞けない以上これは確認出来ない事だし…と。
でもチャンさんの文を読んでいて本当にチャンさんの細かい愛情がひしひしと伝わって来て…(また涙)。コナツさんはきっと幸せだったと思います。チャンさんは全てコナツさんの事を思って行動していたんですから。絶対彼女に伝わっていると思います。
どうかコナツさんの為にも早く元気になってくださいね。
うー、感情が先に立っちゃってまとまりのない文章でごめんなさい汗

2013/4/14  21:37

投稿者:ニャンタのおば

しばらく伺えずにおりまして、突然のことにことばを失いました。
コナツさん、短い間でしたけれど、すてきな猫ぶりを見せてくださって、
ほんとうに、たのしかった。ありがとうございました。

「もういい」なんて思える日は来るわけがなく、
たくさんあったはずの選択肢のあれこれを思っては
くるしい時間をお過ごしのことと思います。
チャンさん、コナツさんのこと、どうぞたくさんお聞かせください。

http://nekonanihongo.jugem.jp/

2013/4/14  19:53

投稿者:こてち

なにかひねり出そうと思うのだけれど、
言葉が見つかりません。
ただコナぽんは持てる力を自然に出し切って
逝かれたのだと思います。
「世の中はこんなもんよ。しっかり生きなさい」と
言われているようなコナぽんの目は最期まで
健在だったんですね。
さすがはコナツさん!
出会えてうれしかったです。
チャンさん、コナツさん、ありがとうございました。

http://neko2eigo.jugem.jp/

2013/4/13  15:23

投稿者:たかピー

こんなにきりっとした目で...しっかり生ききったコナツさんでしたね。
チャンさん、迷ったり後悔したり心が揺れ苦しい思いをされていることでしょう。
でも信じましょう、コナツさんはごろごろ言ってくれたんですもの。
お家にいて皆がいて、いつもと同じ暮らしのなかにいることがよかったと思います。
コナツさんがちゃんと迷わず虹の国に行けますように。
また会おうねバレリーニャコナツさん。


2013/4/13  14:30

投稿者:月下あや

あまりに美しいコナツの姿に
感動しました。
亡くなられた後に、お風呂に入れてあげた
チャンさんの深い愛情。
私も生まれ変わって猫になったら
チャンさんに飼われたい…そんなことを
ふと考えてしまいました。
そういう意味では、コナツはラッキーガールでしたね。
もちろんコナツと暮らせたチャンさん、
かなりのラッキーガールですよ!
コナツの事は忘れません。


http://ameblo.jp/gekka-toubou/

2013/4/13  10:34

投稿者:藏ゆ

コナツさん、頑張ってくれたんですね。
「どっこい!」とうちに帰って来てくれて
ここでこそ安心して虹の橋を渡れるってものよ、
と思っていたのかな。
チャンさんのそばでって、決めていたように思います。
コナツさんの気持ちを一番受け止めていたのはチャンさんですから
チャンさんの選んだことに間違いなどあるはずがないんです。
もちっとしたおしり周りも、キリリっとした眼も
大好きでした。
コナポン、ありがとうね、楽しませてもらったよ。
そしてチャンさん、コナツさんをありがとうございました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ