メインイベント・体験入学  2010年日本滞在記

今回のメインのイベント、
ハナの小学校体験入学のことをアップします。

ハナはオーストラリアでは
帰国子女教育振興財団というところがやっている日本語の通信教育をとって日本語の勉強をしています。
日本の教科書にそったもので、
以前購読していたベネッセのものよりも、
進み方がゆっくりとしていて、
そしてお値段設定も低いです。

「日本に行ったら、小学校に通おう!」をスローガンに、
のんびりしたペースででしたが、
一応頑張ってきてました。

それで、今回、目標だった小学校体験入学が実現したんです。
私の母校へ。

何が楽しいって、こうやって、お友達と歩いて登下校すること!だったでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します



子供の足で30分ほどかかります。
近くの集会所に近所の子供たちが7時20分に集まって、
みんなで歩いていきます。

途中、信号を渡る所には、大人のボランティア「見守り隊」や
お巡りさんが立ってくださっていて、子供たちを守っておられます。

1日目は、私も一緒に学校まで歩きました。
そして3時に学校が終わるのに合わせて、迎えに行って、一緒に歩いて帰ってきました。
ハナももちろん、一緒に歩いているみんなもなんだか緊張している様子でした。

一緒に学校まで歩いて、下駄箱に行ってみると、
クリックすると元のサイズで表示します
ハナの下駄箱が作ってありました!

ハナが通う1週間ほど前に、
校長先生と担任の先生と面談を済ませておいたのですが、
この担任の先生がすごくいい先生で、
心配顔の私に
「子供たちはすぐになれますんで、大丈夫ですよ」って笑顔でおっしゃったんです。

花南を1週間という中途半端に短い期間受け入れていただくにあたって、
ほかの子供たちが普段よりもちょっと浮足立ってしまったり、
教科書を持たない花南のために、教科書のコピーを用意していただいたり、
いろいろとお世話をかけたと思います。

それなのに、
たった1週間という交流期間だったのに、
先生は子供たちに、こんなものをハナにプレゼントしてくれるよう段取りをつけてくださっていました。
クリックすると元のサイズで表示します

中には、子供たちが書いてくれた、ハナとの思い出を書いてくれた絵日記が、
子供の人数分。
クリックすると元のサイズで表示します


びっくりすると同時に、本当に本当に、感謝!でした。

ハナがオーストラリアで通っている小学校では、
4年生以上の子供たちが、第二言語として日本語を習っています。
日本語担当の先生に掛け合って、
5年生のクラスの子供たちに日本語で、自己紹介を書いてもらいました。
ハナが行く学校の生徒たちと、お手紙を交換しあえたら楽しいかなと思って。

オーストラリアの5年生が書いた手紙を、
日本の学校に持参して、
お返事をもらえるように頼んでみたところ、
5年生の子供たちからも、
そして1年生の子供たちも、
絵付きで、短い自己紹介を書いてくれていました!

5年生の子たちはしっかりかけていましたが、
1年生はまだ、しゃべり言葉をそのまま書いてしまったり、
「わたしはさくらんぼがすきです」と書くところを、
「わたしはさくらんぼです」と書いてしまうこともありますよね。
先生は、すべての子供の作品を家に持って帰ってチェックされたんだと思います。
そういう間違いのところには、「わたしは」の、
し、と、は、の間に、「のすきなくだもの」を足して書いておられました。

なんという細かい配慮!!!!!
日本の先生たちって、すごいです!
大きい声では言えませんが、
ハナのオーストラリアの学校の担任の先生たちと、大違い!!!!


1日目は行きも帰りもハナと一緒に登下校した私でしたが、
「明日からは、ママ、こなくてもいいよ」と言われてしまい、
念願の「いってらっしゃい & おかえり」を体験しました。

子供が一人で「いってきま〜す」とでていき、
「ただいま〜〜」と帰ってきてくれるって、なんてすばらしいんでしょう!!
一日が長い!!!!!!
オーストラリアでは、低学年の時は特に、
車で学校まで連れて行って、一緒におりてクラスまで連れて行き、
終わりのチャイムが鳴る3時にはまた、クラスの前で子供たちが出て来るのを待って一緒に車に向かう・・・というようなことをするので、
学校の送り迎えがおっくうでしょうがないんですよ。

お友達としゃべりながらの行き帰り。
彼岸花を摘みながら、ネックレスを作りながらの行き帰り。
そりゃあ、楽しかったでしょうとも。

毎日宿題がでていましたが、問題なくこなせました。
自信がついたようにみえました。

楽しみにしていた給食でしたが、
白ご飯の量が多かったようで、ほぼ毎日、完食できず。
まあ、いい経験だったでしょう。

登校1日目の朝は、不安から、「花南行かない!キャンセルする!」ってぐずっていたハナでしたが、
最後の方には、「もうあと1週間通いたい」と言い出したハナ。

本当にいい経験が出来ました。

お世話になったみなさん、
本当にありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します


次回も学校に行かせてもらえるように、
日本語の勉強、続けてがんばろっか、花南さん?!



2010/10/18  15:42

投稿者:ハナ★バナナ

>KYOさん

あら〜娘さんも体験済みなんですね。
いいですよね〜〜〜。
6年生ですか、次。6年生にもなると勉強もそれなりに大変になるかと思うんですけど、
本人の希望なんて、さすがだわ!
うちは、そのころ、どうなっているんだろう〜日本語保持・・・1年生のレベルだったから全く問題なかったんですけど、次回は!?

そうなんですよ〜Yr5の子供たち、やる気満々でした。担任の先生はオーストラリアのサッカーチームのスカーフをお土産につけてくれたり・・・
日本の5年生も健闘してましたよ。お土産に、折り紙で折ったハロウィンのカボチャの馬車や、お花を同封してくれています。。どうやって折ったんだ?手先、器用すぎ〜〜!

http://happy.ap.teacup.com/motty/

2010/10/15  13:47

投稿者:KYO

ステキな体験ができてよかったですね!(^^)!
娘も二度体験入学しました〜
来年は6年生でラストチャンスなんですけど、本人がぜひ行きたいとのことなので、お願いする予定でいます。

それにしてもオーストラリアからお手紙を持って行っちゃうなんて、ハナ★バナナさんさすが!!
オーストラリアの子どもたちにも、すごく大きな張り合いになったでしょうね(^^)

2010/10/14  19:13

投稿者:ハナ★バナナ

>Aちゃん

うん、日本の先生ってすごいよな・・
ほんまは、Yr1の生徒たちと日本の1年生たちとのやり取りの橋渡しをしたかってんけどな、ハナの担任にそのアイデアを話した時、私が話し終わるのを待たずに、その先生すごいしっぶ〜い顔して「そんなことは結構です」みたいにいうて首振りはったん。
すごい残念な気持ちやったわ。
カリキュラムで決められた以上のことやし、余分な仕事を増やしてくれるなってことやったんやろな。
それでLOTEの先生に話してみたんよ。
その先生はすごい喜んではった。

Aちゃんが日本から買って帰ってきてた長い長い縄跳び。あのほれ、大縄跳びできるやつ。あれ、みつけられんかったわ〜〜

http://happy.ap.teacup.com/motty/

2010/10/14  19:08

投稿者:ハナ★バナナ

>づみさん

本当に本当にいい体験ができたと思います。
楽しみにしていた給食でしたが、
米飯が思ったよりもたくさん入っていて、
毎回ほとんど残していたようです。
かと思ったら1日は、「ママ、今日は白いご飯全部食べれたで〜。でも、ほかのものが食べられなかった」・・ですって!
この週は、1年生の子は6年生のお兄さんお姉さんたちと一緒に食べることになっていたらしく、それもまた楽しかったようです。

http://happy.ap.teacup.com/motty/

2010/10/13  19:30

投稿者:ハナ★バナナ

>かえごんちゃん

かえごんちゃんところもか〜〜
ほんと、こんなに短期間でも受け入れてくださって、ありがたかったよね。
お世話してもらった教育委員会の方に、ハナの通学が終わってからお礼の電話を入れたとき、この市では国際交流に力を入れているから次回の帰省時にも是非来てください、って有り難い言葉ももらったのよ。
うれしいよね。
放課後に、近所のお友達がいっぱい来てくれてさあ、とても楽しそうだったよ〜
ひとすじ向こうに、私が幼稚園一緒に行ったお友達が住んでてね、彼女の娘さんに特にお世話になったのよ。すごい縁だよね。びっくりするわ。

http://happy.ap.teacup.com/motty/

2010/10/13  19:26

投稿者:ハナ★バナナ

>しらゆきさん

結構ドキドキしたと思うよ。花南。
当日の朝になって「行きたくない!」ってぐずったし。
でも、いざ行ってみたら楽しかったんだわ。

そうだね、お友達にとってオーストラリアが身近なものになったのは間違いないと思います。
日本の田舎はまだまだ、英語をしゃべる外国と言えば「アメリカ」で、
前回帰った時には「なんでこの子、アメリカみたいな顔しとん?」って聞かれたのをおぼえています。
今回はみんなにオーストラリアを売り込んだ(っていうのもへんやけど)し、この小学校の英語の先生はカナダ人やし、アメリカだけ茶うで外国は、っていうのを印象付けたかも、です。なにしろ私、南北がひっくりかえった「downunder world map」を進呈してきましたから〜〜〜見にくいちゅうねん、この地図。

http://happy.ap.teacup.com/motty/

2010/10/13  19:21

投稿者:ハナ★バナナ

>よしえちゃん

うん、いい体験だったよ〜
一緒に歩いて行った朝、ほかの子供たちともいろいろ話したんだよね、私も楽しかったよ。私もこの小学校に通ったんだよ、といったら、「え?何年前?」って突っ込まれたけど!みなまで聞くな!!

帰国子女教育振興財団のHPはここよ。
http://www.joes.or.jp/
右の方にある「通信教育」っていうところ、チェックして見て。
また会ったときに、いろいろ話そうね。

そうだね〜
星南もいけると、楽しいだろうな〜〜
今度は2週間、かな。
私はかなりのんびり時間を楽しめそうですな、これだと!

http://happy.ap.teacup.com/motty/

2010/10/13  19:17

投稿者:ハナ★バナナ

>keikoちゃん

そうか〜、部活まで?
それは本当に楽しそうだ!!!
今度帰る時は、花南、何年生かな?
3年生?4年生?
ついていけるのかしら〜〜〜〜
星南も一緒に行けるようになったら、またもっと楽しいだろうね。
にいなちゃんも、次回はぜひ!

http://happy.ap.teacup.com/motty/

2010/10/13  11:00

投稿者:A

やっぱり日本の先生は違うなー。こっちの先生大きい声でいいたくなるよね、時々。こっちの生徒に自己紹介のお手紙書いてもらって日本の学校にもっていくアイデアいいねー。いただきー。
ハナちゃんは楽しそうやったけど。セナはどうしてたの?

>

2010/10/13  9:46

投稿者:づみ

素晴らしいいい体験できましたね
またお世話になった学校も受け入れることで子供たちにいい体験ができたんじゃないかな〜
よかったですね

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ