2学期終了  ブリスベンで子育て2

ほかの学期よりも1週間長い 2学期が、金曜日で終了して、
2週間の冬休みに入りました。

は〜〜〜、やっと終わった〜〜〜〜!!

子供たちも疲れていたと思うけど、
ママもへとへとだったよ、最後のほう。



最後の3週間ほど、
ハナはなんだか 毎日お疲れモードで、
イコール 機嫌が悪く、

そのうち、機嫌が悪いのを通り越したのか、
常にボッケ〜〜としている感じ。

聞いている?今、ママなんて言った?

って、聞いてみても、

「わからない・・・・」って・・・をいをい!
1年生になって、1学期末には先生と面談で、
今学期末は、初めての成績表をもらって帰ってきました。

1年生の成績表だもん、
簡単にAとかBとかで、3段階くらいで評価してあるだけかなとおもったら、

English(英語)
Math(算数)
Science(科学)
体育
アート
音楽

などにわかれていて、
それぞれの教科に対する

達成度と努力評価

の2段階にわけての評価がしてありました。

どのくらいの能力があって、そこに達成するためにどのくらい努力しているか、
という感じでの評価です。

それに、各教科ごとに結構な量のコメントがかいてあります。

こまかいな〜〜〜

まあ、1年生ですから、
そんなに重きは置いてみないですよ、わたしたちも。

英語と算数はよかったです。評価もわかりやすい。

でも、科学。

科学って言ったって、
手作りおもちゃを作るのがテーマで、
押したり引いたりするのが動作の原動力だったりするのを、どう観察しているか、
とかですよ。

コメントの最後に、

「Hana drew simple conclusions from obserbations using familiar scientific terms」
(ハナは、自分の知っている科学的な言葉のみを使って、簡単な結論を導き出しました)

って書いてあります。

何を作ったか、にもよるんじゃないのかな〜

この時は、みんなで車とかトラックを作ったんですよ。
押したりひいたりしたときに、どういう原理で車が動くのか、を学んだようです。
車じゃなくて、動く人形とかクマとか作ってたら、
もうちょっと興味が持てたんじゃないかな?
とか思います。

勉強は、まあいいんですよ、こんな感じで。

問題はBehaviour。
素行、についてです。

ABC評価で、Cでした。


ぜんぜんだめじゃん!!

クラスルームで、あんまり先生の言うことをちゃんと聞いて、
言われたとおりに行動する、
というのができていないみたいです。

ハナは家でもそうなんですよ・・・
パパやママから言われることを、そのままやらないんですよ。
ちょっと自分でルール変えてみたり、
ここまではやっても許されるやろうと、いわれたこととの度を変えてやってみたり、
要はなんでも「自分流」なんですよ!!!
オレ流・ハナ。

学校でもそうなんかい・・・・
ふぅ。

学校では、いつも一緒にいるお友達が5人いて、
花南を含めて6人のグループはいつも一緒にお弁当を食べたりしているらしい。

その中で、これまた花南を含めた3人のキャラが濃い。
この3人が、もう3人の中の1人のお友達を取り合って喧嘩になるらしいです。

私が○○の横に座る!いや、私が座る!
ってね。

最後は引っ張り合いの喧嘩になるらしいんですよ・・・

私は、
「そんなに喧嘩になるんだったら、別にその子たちといつも一緒にいなくても、
時々はほかの子のところでお弁当食べたら?」
って言ってたんですけど、

ある時先生に相談したら、先生もそのことを当然知ってらして、

「でも、この子たち、お互いのことがとても好きなんです。
それがとてもよくわかる。
ただ、どうやったら上手にコミュニケーションがとれるかが分かっていないだけなんです。
だから、私は、ほかの友達と遊びなさいとはいいたくない。
自分たちで、
どうやったらうまく遊べるか、
どうやったらうまくコミュニケーションとれるか、
勉強しないといけないんですよ。
そういう方向で、私はサポートしていこうと思ってます」

と、お話してくださいました。
それでいいと思います。

で、キャラの濃い3人のうち、一人が、
今学期を最後に、別の学校に移っていくことになったんです。
その子がいちばん濃かった。

この濃いのが抜けて、
さて、5人のバランスはどうなっていくでしょうか?

ハナは学期の最後のほう、
友達関係で悩んでいたようで、
夜、泣くようになっていたんですよね、実は。

いろんなことがありますね、子供といえども。

といってもねえ、はなちゃん、
やっぱり素行がCってねえ、いけないよ!!!!!!

もう一度ちゃんとみてみると、
「評価の仕方について」説明もしてありました。
(ちゃんと読めよ、私!)

AからEの、5段階の評価でした。

なので、素行Cは、真ん中ですね。
よかった。
そのくらいでいいよ。

クリックすると元のサイズで表示します



2010/6/28  21:54

投稿者:ハナ★バナナ

>Sammyちゃん

お宅の怪獣君たちはホント、元気だよねえ!
あの喧騒のなかですやすや眠っていたMちゃんも、きっと大物にちがにない!

疲れてぐったりしてくれたら、「よしよし、大丈夫やで」って感じやけど、
うちの長女は、疲れたら凶暴化するんよなあ。最近は、オリに入れられたゴリラみたいに、ダイニングのチェーあーの背もたれをひっつかんで押したり引いたりしながら怒ってるの!!!いらいらしてんだなあ・・・

いや〜これからどうなっていくんだろうか。
はぁ。

2010/6/28  20:40

投稿者:sammy

お互い、おつかれさま、でした。
しかし、我が家のお疲れは、わたしのみ、、、怪獣たちは、年中無休のかいじゅうだよ、、。(涙)
いやしかし、疲れてるところ、みたことないな、、、一年中。
なぜだ〜、うちの子どもたち、もうちょっと、おちつけ〜!!(はあ)

そうか、お友だちのこととか、やっぱりガールズはいろいろだね。
ボーイズは、そういうとこは楽なのかな。ガキなんじゃ(笑)。
ハナバナちゃんの一生懸命さや、はなちゃんへのおもいは、ちゃんと、はなちゃんに伝わってるから、大丈夫だよ。わたしはいつも、感動しっぱなしです。マジで。

2010/6/28  16:57

投稿者:ハナ★バナナ

>しらゆきさん

その通りなのよ、おくたま。
大人側にとって扱いづらいだけなのよ。
ちゃんと「オレ流」を編み出せる能力を殺してしまいたくないから、
どうやったらいい方向に彼女を導けるのか、私は日々勉強させてもらっている感じですよ・・・・
私もコミュニケーション力をつけないとね。

あ、余談ですが、わさびちゃんから「日本人の知らない日本語」っていう、マンガ混じりの本をかりました。
日本語学校に通う外国人生徒と、日本語を教える先生とのやり取りの超おもろい本。
これを読みながら、あなたのことを思い出さない日はないわよ。大変なのね〜先生って。

http://happy.ap.teacup.com/motty/

2010/6/28  16:53

投稿者:ハナ★バナナ

>あやぽん

ああ、お宅も??
そうそう、そうなんよ、最後の3週、くたくたやったわ〜〜
花南もめっさつかれているの見た目にも分かったし。

私はこのタームは、遊び倒すことに決めました。ただ、朝はゆっくりするってことで。

もうわたし、金曜日の夜から、めっちゃ夜更かしやねん。は〜〜〜終わったあ〜〜〜ホリデーや〜〜〜モード。

http://happy.ap.teacup.com/motty/

2010/6/28  16:48

投稿者:ハナ★バナナ

>るるんちゃん

やっぱりそうかあ。
女子難。
いろいろあんだよなあ、あんな小さくても見栄とか意地とか。

素行が悪いって書いたら、
めっちゃ悪みたいやな。
悪には、きっとあの子はようならんと思うで。その辺、捨て鉢な度胸みたいなもんは、ないからなあ。
ハナは、一個言われたら、
こうしたらどうやろ、ほんならこうなってああなって、
あ、これも大丈夫ちゃうか?
って、どんどん「オレ流」度が上がってくるわけですよ。
考えすぎじゃ、もっと素直に行こうよ・・って思うけど、いろいろ考えるのは悪くない・・・
こういう単純でない子を、私はどう導けばいいというのだ〜〜〜〜
と、ビールをぐびる母。

http://happy.ap.teacup.com/motty/

2010/6/28  16:43

投稿者:ハナ★バナナ

>ぎょくん

もまれろ、もまれろ〜〜〜〜
自分のやりたいことが必ずしも通らないってこと、しっかり学んでくれ!

http://happy.ap.teacup.com/motty/

2010/6/28  3:40

投稿者:しらゆき

ハナちゃんのオレ流。このままうまく成長して欲しいね。
コミュニケーションの方法を学んだらぐっと楽になりそう。そこに至るまでのいろんな経験をしていく道程が親子ともに大変なのねえ。
学校の友達の小さな輪の中で起こることが、ハナちゃんの世界なんだもんね。泣いたりするんだ。
大人になったら、もっと泣きたくなることいっぱいあるから、それまでは涙はセーブしといた方が良いよ〜〜。

2010/6/27  21:37

投稿者:あや

お疲れさま!!

本当に疲れたよね。
私も子供達も最後の3週間位はみんな殺気だってたよ。
まぁ、これでもか!ってくらい2人は喧嘩してたね。もう止める元気もない私でした。

このホリデーは「ゆっくり」「リラックス」を意識して実行するつもりです。

そう思ってるのに夜ご飯すっごい急いで食べてる自分に気がつくのよね。悲しい・・・。

2010/6/27  20:40

投稿者:るるん

お疲れ!

女の子はいろいろあるらしいよ。女の子を持ってるママたちの話によく聞くわ。
学年が上がるに連れて、その「濃さ」がもっと濃くなっていくかもしれんから、母ちゃん、父ちゃん、しっかりサポートしてやってなあ。
その点、男の子はた・ん・じゅ・ん。
プレイグラウンドでなんかあっても、翌日はまた一緒に遊んでるもん。

それにさ、素行悪くったって(ハナ、そこまで悪くないってなあ)「いい子」いっぱいおるもん、ジュリアンのクラスにも。まだまだちっちゃいから、あれこれいっぱいできんのちゃうか?気になることが多すぎたりで。(そんな子もいっぱいおるわ、クラスに行くと)

2010/6/27  20:25

投稿者:ぎょ

おおおそうでしたか。
じゃあ優秀ですねえ。
そっちの先生ってはっきり言うからしっかりしたようにおもえるうでしょうか。
はなちゃんもこれからもまれますね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ