2本のビール  ヒトリゴト

昨日はとんでもなく、とんでもない日でした。

学校のとある保護者に、何の理由もなく、
大勢の人の前で(子供たちを含む)罵倒されました。

こういう人っているのですが、
さすがに悔しくて嫌な思いでした。

ハナのスイミングレッスンの見学に行ったんです。
学校にあるプールで行われているスイミングレッスンです。

今ハナが行っているスイミングスクールは、
評判も良くて歴史もあるスイミングスクールなのですが、
何せ学校から車で片道20分もかかるし、
まあ処々の事情でスイミングスクールを変えようかと思っていて、
それで、学校のプールで行われているレッスンを見に行ったんです。

日本人のお母さんが一人、
インストラクターとして子供たちに教えてらっしゃるので、
その方と事前に、
ハナが今レッスンで習っている内容を話して、
その方が受け持っているクラスでハナが入れそうなクラスがあるかどうか聞き、
それを見に行ったんです。

学校で行われている、そのスイミングクラブのコーディネーターをしておられる方も、観覧席に座っておられるのが見えました。

実際に見ている間、
その方がやっているクラスの隣のスーペースで、
別のインストラクターが教えているクラスがあって、
ほとんどがハナと同学年の子供たちが楽しそうに泳いでいるのも見えました。

ハナがしているトレーニングの内容よりも少し簡単そうにみえるけれど、
あれは何のレベルのクラスだろうな、とおもって、
コーディネーターに聞いてみようと思ったんです。

Excuse me, Lynne. What level is the other instractor teaching over there?
(すみません、リンさん。向こうでインストラクターが教えているのはどのレベルのクラスですか?)

こんな単純な質問に帰ってきた答えが、

LOOK! I don't want to talk about swimming lesson today!
I am not in the mood to talk about it!!!

(いい? 私は今日はスイミングレッスンについて話をしたくないのよ。今日はそんなこと話す気分じゃないのよ)

ちょっとまってくれ。
私は、あのクラスは何のレベルだって聞いただけだし・・・

そういうと、そのコーディネーターは、続けて・・・
I don't care about the level! It's "Janelle Level"!
(レベルのことなんて知らないわよ、あれは「ジャネル・レベル」でしょ)
*ジャネル、というのは、そのクラスのインストラクターの名前です。

さらに続けて、

私はねえ、この仕事をしているけれど、お金をもらっていないのよ。
無償なの、わかる?
それなのに、みんなみんな朝6時から夜の6時まで、
私のe-mailしてくるし、携帯にメールしてくるし電話してくるし、
もううんざりなのよ。わかる?もう、うんざりなの!!
もうほんとにやめてほしい。

・・・・・私もう、茫然。

このリンさんという人は一保護者で、スイミングいクラブのコーディネーターとして、
「すべてのお問い合わせはリンまで」と携帯の番号とe-mailアドレスを、
スクールニュースレターにも、
スイミングクラブのエンロールフォームにも、
学校のホームページのスイミングクラブのインフォメーションにも
載せているんです。

その、当の本人が、観覧席に大勢座っている保護者・子供たちの前で、
私にすごい剣幕でそう言ってきてるんです。

茫然としていた私も、
ちょっとまて、こんなこと言われる筋合いはまったくない、
と思い腹が立ってきましたが、
この人と同じように大声で言いあっても何も解決しないし、
この人と同じレベルまで自分を下げたくないわ、と、
冷静に、冷静に、と自分にいいかけながら、少し反論してみました。
(これが間違っていたのかも・・・)

わかりました。でも私は、あのクラスのレベルは何なのか、それを聞いただけです。
あなたはスイミングクラブのコーディネーターなのに、
スイミングレッスンについて何も話したくないというなら、
私はいったい誰に問い合わせをすればいいのか教えてください。

というと、
ああ、私がやればいいんでしょ、と言わんばかりの態度で、

L:私にe-mailすればいいし、携帯に電話すればいいわよ!
 あのクラスはねえ、そうね、レベル3といったところかしらね!

私:どうもありがとう。私が知りたかったのは、本当にたったそれだけのことだったんですよ。それなのに、そんな態度をとられるとは思いもしませんでした。

と言って、立ち去った後、
彼女は、大きな声で、
「あ”〜〜〜!!!!!」とフラストレーションを表現するようにいい、
彼女の横に座ってた彼女の6年生だか7年生だかの娘は、
私のほうを見てにやにや笑っているのです。

周りの保護者たちは、しーーーーん。
そのコーディネーターは、そのあとで遅れてやってきた別の保護者と楽しく話している様子で、
その間私は、居場所のない気持ちでスイミングレッスンを見学していました。

そのあともそのコーディネーターは、
周りの保護者たちに、
「プールの中のあの人たちはお金をもらっているのに、私は一銭ももらっていないのよ」と大きな声で訴えていて、いかに自分が大変なことを無償でやっている説明しているようでした。

はぁ。
こんな理不尽な目に遭ったのは、初めてじゃないかな。

無償でやるから「ボランティア」っていうんですよ。
オーストラリアの学校でのいろんな活動は、
保護者のボランティアで成り立っていることが多いんです。

タックショップ(学校内の売店のようなところ)もしかり、
ユニフォームショップもしかり、
FETE(学校祭のようなもの)の運営も、
スイミングクラブの経営も、みんなそうです。
私もスクールバンキングのボランティアをしています。

できないんなら、ボランティアを申し出なくてもいいんですよ。
でもコーディネーターと称して、
スイミングクラブの代表としていろんなところに名前とコンタクト先を出しているんだから、連絡来るの当り前でしょう。

私だけじゃなくて、ほかの人にもそういう言い方をしていたかも知れません。
でも私は見た目もわかりやすくほかの人一般の保護者とはちがう「日本人」です。
それがゆえに、必要以上にうっとうしがられたのか・・・
そうは思いたくないけれど、
そういう思いを持っている人は、いるのは事実。
そういうことが起こるのも事実。
でも、そういうのって、どうしようもないんです。
だって、私の存在意味が気に入らない人たちなんですもん。

見学を終えて帰宅して、
気持ちを落ち着かせようとビールをプシュ
でもやっぱりだめ。
で、もう一本プシュ

子供たちをお風呂に入れながら、
今日のその会話を紙に書き出してみました。

それをもう一度眺めてみましたが、
やっぱりわたしがそんな扱いを受ける理由が、さっぱりわかりません。

どうやったら心が晴れるかな。
空はやっぱり曇り模様で、また雨が降ってきそうです。



2010/3/13  18:53

投稿者:ハナ★バナナ

>ななさん

ご無沙汰です〜!!
お元気にしてらっしゃいましたか?

どうしてでしょうね、ときどき、私のブログにコメントできないっていう人がいらっしゃいます。私もコンピュータ、適当に使っている部類なので、詳しいことが分からないんですよ・・・

ええ、ええ。「悶々」という言葉がちょうどぴったりですね。
時間がたてば薄らいでいくんでしょうけれど、ほぼ毎日見かけるので(娘が行っている学校は、規模が小さいのですよ・・・)それがちょっと嫌です。
そそ、その通りです。その人のレベルにまで自分を引き下ろしたくなかったんですよ。
いるんですよね、どこにも、赤の他人にまですぐに感情的になっちゃう人・・・

2010/3/13  12:03

投稿者:なな

お久しぶりです。ずっとお邪魔はしてたんですが、どういう訳かコメントが反映しなくて・・・これも駄目かしら?

パソコンが得意じゃないから、少しこれまでと違う画面が出たり、時間が空くとすっかり前の事忘れて、お手上げ状態なんです…

うちの娘にも似たような事、あったみたいで暫く悶々としたみたいですよ。私が子供達に何時も行ってたのはそんな時に相手のレベルにまで下がって喧嘩するのはつまらない。って事と、それでもやるなら必ず勝てる喧嘩をしなさいって事。

ハナ・バナちゃんの今回の大人の対応は実にこの条件に合致してますよね。いや〜、お見事!!

2010/3/13  9:58

投稿者:ハナ★バナナ

>いずみかんちゃん

今あなたの日記読んできたよ。
学校の長あたりにそっけない態度とられるって、それってつらいわ〜
だけど、いずみかんちゃんは、あくまで正しい態度だと思うから、あんな電話、嫌みだととらずに、やっと動いてくれたか、ぐらいの気持ちでいていいんじゃないかなあ。
でも、いまどきそんな「アナログ」な対応って、ねえ・・・・

私の場合、ちょっと落ち着いてきました。
どう考えても、彼女がおかしいし、
私はもう抗議の文書も送ったし、返事ももらったし、それ以上はどうのこうのしたくなのよ。
昨日はあの事件から1週間後の金曜日でさ、
ハナ、結局学校のプールで泳ぐことのして、また放課後にプールに行ったのよ。
そうしたら、「彼女以外」の彼女の家族メンバーすべてが集結してはったわ。本人はおらんかった。けど、毎週金曜日は、あの人ら、ここにおるってことやね。
ま、いいんよ。
私は何も悪いことしてないもん。普通にしとったらええよね。

http://happy.ap.teacup.com/motty/

2010/3/12  6:54

投稿者:いずみかん

いや〜実は昨日私も学校でいやなことがあって後でみんなに聞いてもらおうと思っていたところにバナナちゃんのこの日記!

それにしてもいきなりすごい人だね。
バナナちゃんがあっけにとられているのが
目に浮かぶ。。
彼女にとってはちょうど悪いタイミングでの
質問だったのかもね。

でも周りで聞いていた人もバナナちゃんじゃなくてそのコーディネーターの人に呆気にとられてたと思うよ。
ただみんな怖いから静かにしてただけで。

いや〜な事あった日は後ひくよね。。。
今無性にわかる!

2010/3/11  13:29

投稿者:ハナ★バナナ

>Alexさん

そうなんですよ、一言で「災難でしたね」なんですよ!!!
まあ、大体この人は普段からそのAlexさんのおっしゃる「オバタリアン」に相当する人なんですよね・・・
そう思ったら、なんか、あ、ちょっと気が晴れてきました。
さ、そろそろ子供を迎えに行ってきます。

http://happy.ap.teacup.com/motty/

2010/3/11  13:27

投稿者:ハナ★バナナ

>rollysharaちゃん

うわ、「お隣さん」事情もこれまた辛いね…
うわ〜〜、それいやだなあ・・・・
かなり迷惑な人だよなあ。
ご近所さんは選べないっていよくいうけれど、本当にそうだねえ・・・
「フレンドリーリマインド」が効かないなら、もう直接警察にいうしかないのかなあ。

私の場合は、もうコンプレインのe-mailもだしたので、申すべきことは終わりって感じよ。スイミングのプレジデントからはお返事が来たけれど、
「調査はしたけれど、彼女はその時、自分の子供のスイミングを見たかっただけだ、といっている。彼女はもうコーディネーターの役から退くことになったので、スイミングクラブとしてはこれ以上のアクションは起こさないことにしました」だってさ。
ま、いいのよ。それで。
自分の子供のスイミングが見たかっただけって・・・ねえ・・・
だからもう、私の気もすんだんだけど、
あのいや〜〜な顔が、どうしても頭から離れない。クッキングしてても、掃除機かけてても、目に浮かんでいややねん。
これをなんとかして〜〜〜!!

http://happy.ap.teacup.com/motty/

2010/3/11  11:54

投稿者:ALEX

お久し振りです。何か災難でしたね…。
たまたま虫の居所が悪かったんじゃないですか?その人。私の会社のパートのオバタリアン(言い方が失礼だけど^^;)にも居ますよ。私の方が仕事歴が長いので一言言うと、腹立たしい様な言葉を吐いたりして他の人にはケロっと態度を変えて…。
人付き合いってどこに行っても大変ですね(-_-)私はイライラしてどーにもならない時、空見上げてリフレッシュします☆オーストラリアの空は同じ地球なのに違う世界に居るみたく感じましたよ♪天の川なんか見てね☆ 

http://love.ap.teacup.com/itacchiy/

2010/3/10  20:31

投稿者:rollyshara

うちもね、1時間ちょっと前に、アパートのお隣さんに音楽のボリューム下げてもらうようにお願いにいったの。
隣はカップルが住んでて、いつも夜は二人が大体いるんだけど、今日は女の人だけだったのよ。
で、そいつがくせものなの。
いつもは、部屋をノックすると男の人が出てきて「Do you want me to tell my girlfriend to turn it down?」って言うんだけどね。(はい、8ヶ月住んでる間に何回隣に『お願い』したことやら)
今日は女の人だったからねー。
まず、ドアを何回ノックしても出てこない(この時点で、私達がノックしてるの知ってるはず(苦笑))
しょうがないんで、下まで降りていって、外からチャイム鳴らす。でも、出ない。
そして、数回押してやったら、下に降りてきた。
で、「何か用?」と来た。
ちょっとひどいんで、「さっき、部屋をノックしたんだけど、音楽が大きくて聞こえなかったみたいね。しょうがないんで、下からチャイムならしたのよ。」と言ってやった。
そしたら、「まだ8時なんだけど」とすごいトゲのある声で言い返されたんで、「警察に電話して聞いたら、『何時であっても騒音は騒音だから』って言われたから」と言ってやった。
で、部屋に戻ろうと階段を登っていって目の前で思いっきり、ドア締められたよ。

私だって、事ある毎に文句なんか言いたくないよと言ってやりたかったわ。
ちょっとシチュエーションは違うけど、ハナ★バナナちゃんのビール2本の気持ちがよーーーーく分かるわ。
今からワイン飲もうかな、ほんと。

バナナちゃんも学校でその大人気ない人と顔合わすだろうし、私も隣の人とはどうしても顔を合わすし...なんでうちらが嫌な思いしないといけないんだろうね。傍からみたら被害者やのに!!!

そうそう、一つ言い忘れ。
隣の女の人、ベースギターの練習もするんよ(泣)。もちろんアンプに繋いで。
ヘッドホンつけてやってくれとお願いしたいわ。だって、下手やし。

2010/3/10  12:40

投稿者:ハナ★バナナ

>chiちゃん

サイアクやろ?
昨日、スイミングのプレジデントからメールの返事があってね、
彼女はその時、こどものスイミングレッスンを見たかっただけだったと言っている、とかいてありました・・・
で、もう彼女はやめてしまったので、これ以上のアクションはとりません、だとさ。

ま、いっか。
昨日その人とトイレで鉢合わせしたけれど、
むすっとして、な〜ンにも言ってこなかったよ・・・やな感じ。

http://happy.ap.teacup.com/motty/

2010/3/8  15:15

投稿者:Chi

なんなん、その人ー???サイアクやん。
でもオーストラリアには珍しい人種じゃあないよね。きっと。同レベルで口喧嘩しないでいられるハナバナちゃんは、人間が出来てるわ。そのうち天罰が下るよ、きっと。
抗議の手紙、効果ありますように。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ