耳からの言葉  ブリスベンで子育て2

ハナは絵を描いたり文字を書いたりするのが好きで、
時々私に手紙をくれたりします。

その手紙に書いてあることは、
耳から入ってきた言葉を、文字に何とか直したものもあって、

「ああ、こう聞こえているのかあ・・・」

と、かわいらしく思ったり、
「書き言葉」をちゃんと教えなくちゃいけないなあ、と思ったり・・・

先日はこんな手紙をくれました。




ままへ

せなのものが かいってくるように
がーびじゅぴんの ちゅらくを
よんできてくださいね?


これじゃあ、なんのことがわかりませんよね!?

この手紙は、
私が何度もセナに「かたづけなさい」というのに、
「いや!!!」を繰り返して片付けなかったので、
おもちゃ類をナイロン袋に入れて捨てた、
その次の日に、ハナが私にあてて書いた手紙です。

まず、「かいってくるように」。
「かえって(返って)くるように」なんだけど、
ハナの耳には「かいってくる」に聞こえているんでしょうね。

次に「がーびじゅぴん」
これは、「Garbage=ごみ」を日本語(ひらがな)に
彼女なりに書きなおしたもの。
ぴん、は びん の間違いでしょう。
びん とは、Bin。
Garbage binで、ゴミ箱のことです。
家の外に置いてある、大きなゴミの箱のことで、
この箱を1週間に一度道路に面したところに置いておくと、
ゴミ収集車が来てごみを回収していってくれます。

ということで、「ちゅらく」とは、「Truck」。
そう、「トラック」のことです。
ちょっと聞きには、チュラック、とも聞こえんこともありません。
ちゃんとTruckのスペルを教えて、
Tサウンドで始まるんだよ、ということも教えておきました。

いつも聞いている言葉を、頑張って日本語に直したのが伝わってきました。

かと思ったら、おととい。

学校に迎えに行ったときに、手紙をくれました。
学校で私に手紙を書いてくれたようです。
それにはこう書いてありました。

ままへ

はなはままのことをしんじられないてゆうて、



その日の朝、
何のことだったか、ハナが私に怒りながら、
「もう!!!!もう、ママのことなんか信じられない!!!」
って言ったんです。
腹いせに。
そのことをたぶん詫びるつもりでいたんでしょう・・・

でも、文章が尻切れトンボです。

「はなちゃん、このあとさあ『ごめんなさい』ってかかなかんとこちゃう?」
って言ったら、
「うん。でも時間がなかった」・・・・

どてっ・・・

ゆうて、は「いって」ですよね。
ちゃんと書き言葉も習得してほしいところです。

クリックすると元のサイズで表示します


タグ: 言葉



2009/8/23  18:38

投稿者:ハナ★バナナ

>あやぽん

ハナはねえ、女の子特有なんかな、書いたり描いたり、ちょこちょことするのが好きなんよ。ちょっとかわいい小さなノートとか、キラキラ光るペンとか買ってあげると、もう喜んじゃって、いろんなことを書きこんでいるよ。
まだ4歳だったころは、小さなノート上げたら、これまた喜んじゃって、元お向かいさんの名前を、1ページに1個ずつ、6〜7ページ書いてたことがあって、めちゃめちゃわらえました。そんなに好きやったんかなあ。

好きこそものの上手なれ、よ。
その子、その子にあったものがあるはず。

http://happy.ap.teacup.com/motty

2009/8/23  18:34

投稿者:ハナ★バナナ

>ぎょろりちゃん

いや〜〜〜、こんなんになったら、ほんまに、苦労の連続やで。
最近は、セナも結構大変になってきたから、朝から二人ともがべつべつのことでぎゃーぎゃー言ってごらん・・・
しばしの間、かあちゃん、目を閉じて別の星にワープしたなるで!!

http://happy.ap.teacup.com/motty

2009/8/23  18:32

投稿者:ハナ★バナナ

>みさっちゃん

その「え〜」は、めっちゃ微妙なトーンだよね。そんなの完璧にとらえられているみさっちゃんの子どもたち、いい味出してるわ。
でも、「話し言葉」と「書き言葉ね」・・・
やっぱり教えなあかんよなあ。
そう考えると、スイスで、喋るときはスイスジャーマン、書くときはハイジャーマン・・・なんてスイスのジャーマンしゃべる地域の人はすごいなあ、なんておもってたけど、私たちだって似たようなことしてるやんねえ!!!今気づいたわ。



http://happy.ap.teacup.com/motty

2009/8/23  11:05

投稿者:あや

ハナちゃんすごい。
耳から聞いた音をひらがなで書けるなんて。
まだ5歳だよね。
ママの努力も感じられます。

うちなんて上2人。書くどころか、ひらがな読むのも怪しくなってきたよ。
忙しさを理由に(自分に言い聞かせてるだけ?)ここ2年は一切日本語教えてないんだ。すごく反省させられます。話し方はその都度直すんだけど、それ以外は・・・。
そのうち時間の余裕が出来たら、なんて遅すぎるのかなぁ。あ〜反省。

2009/8/22  21:28

投稿者:ギョロリ

かわいぃぃ!!

うちの子もこんなふうになりますように!!

2009/8/22  20:50

投稿者:みさっちゃん

ハナちゃんのお手紙読んでると、ウチの子達もそうだから共感するわ!
そう!まさに関西弁を話すこっちの子達は、文章は標準語で書かなアカンというのに苦労するんよね!?可哀想な宿命。
ウチのRもJも、いまだに作文で『ほんで、、、』『いうたので』とか、『わたしは、え〜を書くのがすきです』とかね。
で、これは『え〜』じゃなくて『え』だけでいいんよ。なんて教えようものなら、『なんで?だって、しゃべる時、え〜って言うやん!』と。その通りです。はい。

2009/8/22  17:46

投稿者:ハナ★バナナ

>よどっこちゃん

下のバンズちゃんへの返答コメにかいた、
自分で日本語をものにしたOZの中にジェレがいますからね。とてもいい例!

その子のペースってあるし、
その子の性格もあるから、それに合わせてやっていくのがいいんだと思う。

ハナは、なんなら朝起きてすぐから絵や字をこちょこちょ書いているからね。たぶんそういうのが好きなんでしょ。
枕の下にも私からの手紙やお友達からのお手紙を置いて寝てるんだよ。
変わったやつだ。

http://happy.ap.teacup.com/motty

2009/8/22  13:46

投稿者:よどっこ

ハナちゃんはすごいよ。
ちゃんとお手紙書けるんだもん。
日本語で話するのもすごく上手だもんね。
J坊なんて文字すら書けない。書こうと言う意欲はすこーしあるんだけれどさぁ・・・
将来私もお手紙もらえるかな?

この間日記にも書いたけれど国際結婚だったらやっぱり言葉の問題はついてくるもんなー。
うちも英語は二の次になりつつあるから
今、ジェレが英語を教えたりしてるわ。
でもって英語ならすんなり入るけれど
日本語はめちゃ時間がかかる。
難しいなー。
言葉を喋るのも大変やけれど書き言葉もまた大変やんなー。
でもがんばりやのハナちゃんならすぐに出来るようになると思うよ。

2009/8/22  9:18

投稿者:ハナ★バナナ

>ばんずちゃん

そうなのよ。
第一言語をしっかり習得したうえでないと、第二言語までもあやふやになる。
これは、私が持っている「海外で子供を育てている保護者のみなさまへ」と代うった『言葉と教育』という本にも書いてあるの。

うちの子の場合は、第一言語は英語であるべきだと思っているから、英語をちゃんとがんばってほしいです。
日本語は、基のところを導入しておけば、あとは彼女たちの人生の中で、必要に応じて自分で習得してくれ。と思っています。
だって、OZでも、自分の意志で日本語を上手に操れるようになった人、いっぱいいるもんね。

http://happy.ap.teacup.com/motty

2009/8/22  9:13

投稿者:ハナ★バナナ

>ぎょくん

もともと日本語には存在しない発音を、むりやりカタカナにあてはめたりしているものがあるもんねえ。
「外来語」ではあるけれど、もうそれは日本語になってたりするよね。
言葉って生きているから、時代とともに変化するしね。
でも、変わらないものもちゃんとあるから、
それはきちんと子供に伝えていきたいなあ・・・とおもうよ。
けど、この子達、敬語をちゃんと使えるようになるまでいけるかしら・・・

http://happy.ap.teacup.com/motty

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ