Is she bright?  ブリスベンで子育て2

3学期初日の今日。
何とかハナも学校に、セナもデイケアに行きました。
ハナは「今日学校行かない!学校大嫌い!」と朝泣いていましたが、
学校が好きなのはばれてますから。
学校で久しぶりにお友達に会って、やっぱり楽しそうにしてました。

それはさておき。

昨日、洗濯物を取り込みに庭に出た時に、
お隣の奥さんと、フェンス越しに子供のことを話した、
その時のエピソードです。



お隣の奥さんは、
セナが行っているデイケアをよく知っていて、
自分の子供も行かせたがっています。
でも、いつでもいっぱいなので、空き待ちらしいです。

セナのデイケアは、モンテソリ教育のデイケアなので、
ハナもモンテソリの学校に行っているのか?と、
質問されました。

いえいえ、セナはたまたまそのデイケアに行っているのであって、
私たちが、子供はぜひモンテソリ教育で育てたい、と願ってるのではないし、
ハナは●●ステイトスクール(公立小学校)に行っているよ。

というと、

「Is she bright?」

という質問が帰ってきました。

bright = 利口な、頭の良い、有望な

そんな感じです。
だから、ハナは頭のいい子なのか?と聞かれたわけです。

「そんな質問、する?」
と、正直めんくらってしまいました。

私は、子供に、
ハッピーで、何事にも自信を持って臨む、頑張り屋さんであってほしい。
自分のできる限りのことをしたら、それでいいんです。
でも、できることなら人よりもちょっとできたら、うれしい。

で、

Yes, she is.

って言えませんでした。

ハナは、クラスの中で、リーディングの宿題をもらって帰ってくる二人の生徒のうちの一人なんです。
だから、brightって言ってもいいのかもしれない。

でも、自分の子供をこれ見よがしに人の前で自慢するって、
どうしてもできないんです・・・

だけど、周りのママさんたちには、
ちょっと自分の子供が人によく言ってもらえると、
「そうなのよ!この子は、あれもできるし、これもできるし、わりと利口なのよ」と自分の子供をたたえる方が結構いらっしゃいます。

私にはそれができないんです。

つい、謙遜してしまう。

昨日からこのことばかり考えてました。
それで、出張から帰ってきた夫に、
お隣の奥さんとの会話を伝えて、あなたならどう答える?って聞いたら、

「オーイエス!She's pretty brightっていうよ」

・・・あんたもか。

でも、子供は、自分の前で自分の親が他人にそうやっていっているのを聞くと、
自分ってそう評価されているのか、と、単純にうれしくなる・・・よね。
それが自信にもつながる・・・よね。

日本の「謙遜社会」とは全く違ったここでの社会。
そんな中で、私だけがそんな「自分の中の美徳(謙遜)」を貫いてたら、
それを聞いた子供は、うれしいかな?

私が子供のころ、親が子供のことを
「いやあ、うちの子は出来が悪くて!」って人に行っているのを聞いても、
それが、そういう風に言うべきだっていうルールみたいなもんだって、
何となくわかってましたから、別に傷つきもしなかった・・ような。

でも、私がここでそういうと、
ハナは確実に傷つくよなあ・・・・

じゃあ、私は堂々と、自分の子供のことを自慢するべき・・・なのかな。
私も「オーイェス!」っていうべきだったんかな、お隣とのやり取りで。


・・・とまあ、いろいろ考えるわけです。

確かに、誉められて、よい評価されていやな気になる人はいない。
私ももっと褒める練習をしなくちゃな〜〜〜
タグ: 自慢 謙遜 褒める



2009/8/10  10:02

投稿者:ハナ★バナナ

>ギョロリちゃん

ほんまやなあ、子供とはいえ、
今できることとできないことは、自分でちゃんと感じているもんね。
自分でできないと思っていることを、誉められても、母ちゃん何言うてんねん!よね。

今回のことは、「褒める」と「自慢する」がからまってしまっているけれど、
他人の前で褒められる、っていうのは、
直接ママに褒められるより、ちょっとよけいにうれしいかもね。
そういうところも上手にやらなくちゃねえ。

http://happy.ap.teacup.com/motty

2009/8/8  21:45

投稿者:ギョロリ

おうっと!私の得意分野ですね!

この世のお母さんに胸を張ってお伝えいたします。絶対に褒める事です。日本とか海外とかじゃなく、子供はほめて育てること!それはグローバルなルールなのです。

その代わり、大げさにほめることはしない。出来ることと出来ない事の差は本人が一番良くわかっていますから。出来もしないことを「出来る」と褒められても嬉しくないし、それは自信にはつながらないんです。ただ、出来る事は出来ると他にも言うて欲しいに決まってるんです。「出来ることを認めてもらえない」から始まり、「私は何も出来ない人」のトラウマになりかねませんよぉ。。。。

ああ、オソロシや。。。

2009/7/28  13:00

投稿者:ハナ★バナナ

>ばんずちゃん

やっぱり、誉められると大人でも子供でもうれしいし、やる気が出るよね。

褒めるのは、癖をつければできるようになるかもしれんけど、「自慢」は、やっぱり上手にはなれんような気がするわ・・・
とくに、これ見よがしのやつは・・・

http://happy.ap.teacup.com/motty

2009/7/26  21:23

投稿者:ばんず

褒めるのって難しいよね。わかるわかる。
旦那は褒められて育った人だから、確かに自信があって生きている。うらやましいわ。それに褒めるのも上手だよ。
ただ日本人の私とかにはたまに、天狗?何て思えてしまうことも〈笑)
子供は褒めて育てた方が絶対いいと思うわ。私にも大きな課題です。

2009/7/16  19:25

投稿者:ハナ★バナナ

>akikoちゃん

お元気〜?
やっとスクールホリデー終わりました。
またPGであえるかな。

そうですか。akikoさんところにもそいうこと、あるんだね。
うちも夫婦間のことで他人に対して謙遜・・・というか、落とし合い?!・・あるよ。もう分かっているので、いいんですけど・・・ちょっとずつ、お互いに慣れていかないとね〜。
でも、勝手なことに、自分が他人の前で落とされると、やっぱり腹立つ!
だから、まだナイーブな子供たちは、同じように傷つくよねえ・・・
気をつけよう、と、思い出した(やっと?)今日この頃です。


http://happy.ap.teacup.com/motty

2009/7/16  16:41

投稿者:akiko

そうですねぇ。私もつい家族のことは、謙遜してしまう。なので、オージーのダンナは、ちょっと傷ついたりしてしまうみたい。そんな、日本人と結婚しているんだから、少しは慣れてよー。って、思ってしまいます。

2009/7/16  9:00

投稿者:ハナ★バナナ

>morannちゃん

あかんわ。今、ちょっとシュミレーションしてみたけど、夫が私と一緒の場所で他人を前にして、「うちの愚妻が・・」なんていったら、本気で腹立つかも。

そうだねえ。
自分の子供もほめて、よその子のこともほめるっていうお母さんも、結構いるよ。
そういうお母さんは、まだしっくりくるよ。
でもまたそこで、わが子が褒められて、恥ずかしさまぎれに「けど、昨日はこんな悪いことした・・」とかって、「落とす」んよ。
これがあかんのかな。
褒めやっこしたらいいんよね。

やっぱり子供はガラスのハートなわけよ。
気をつけなあかんね。

http://happy.ap.teacup.com/motty

2009/7/16  8:57

投稿者:ハナ★バナナ

>ちはるちゃん

そやろ〜〜〜
でも、人は変えられんけど、自分を変えることは可能やから、臨機応変にヘンゲ指定かなあかんなあ・・・と思っている次第です。
けど、なかなか慣れないわ。
まずは、わざと落とす、ところから辞めていこうかな。
子供のいいところメモ、と作って、
折にふれては読み返して、脳に刷り込まなあかんか・・・
かなり努力してるように聞こえるけど、
それは、「無理してる」のとはちがうのか・・
いや、考えすぎやって!
って、だれか突っ込んで〜

あかん、この、ボケと突っ込み文化も、自分を落とすのに加担してるんやわ。
ほら、自分を落として「ボケる」けど、
ここじゃだれも突っ込んでくれんやん。
落とされっぱなし・・・・


http://happy.ap.teacup.com/motty

2009/7/15  21:05

投稿者:morann

日本には、「愚息」「愚妻」「拙宅」・・・なんていう言葉があったり、
自分の事をへりくだって、相手を敬う、なんて文化がありますもんねえ・・・。
すごく日本な文化だなあと思います。
謙遜社会!

逆に、そちらの人達がそんなに自分の子供を
褒めちぎるなんてビックリです!
私が目の当たりにしたら、口をポカンと開けて、
自慢話を聞いてそうですね〜。
それか、負けずに自分の子供を褒め始めるか。笑

自分の子供を褒めちぎる、周りのママさん達は、
相手の子供は褒めないんですか?
「ウチは〇〇が得意なんだけど、お宅は〇〇がすごく上手よねえ〜!」みたいな。
謙遜はせず、さらに褒めあいができたら、
お互いすごく気分が良いと思います。
なかなかそううまくはいかないですかね・・・?

ちなみに、私は親が自分の事を他人に謙遜してるのを聞くと、「ああ、お母さんってそう思ってたんや・・・。」といちいち傷ついていたような
ガラスのハートちゃんでした・・・。

2009/7/15  13:35

投稿者:ちはる

わかるわー!そのあなたの気持ち!!!
ウチはずっと日本にいたからさ、余計に謙遜癖がついちゃって、
子供達もそれに慣れちゃってるのよねー。
誉めるより、「アホちゃうかー!」の方が絶対多いもん。

こっちの人はみんな、ちょっとしたことでも大袈裟に誉めるし、
自慢するし、理解に苦しむところが多いけど、
確かに子供達にとってはその方が嬉しいだろうね。
でもそんなに簡単に人間変われませんって。私の課題も一緒。
子供達を普段からきちっと見ててあげなきゃいけないね。
いいところもっと誉めてあげなくっちゃね。
言うのは容易いけどさ。はぁー。時間かかりそうですわ。。。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ