ターム1・花南のレポート  ブリスベンで子育て2

今日から学校で、ターム1(一学期)を総括する2者面談とでもいいましょうか、
先生と親との面談が始まりました。

なぜかうちが一番のりで、
今朝8時からの面談。夫と二人で受けてきました。
(当然子供たちもいましたが、教室の隅っこで遊んでました)


クイーンズランド州内の学校におけるプレップのクラスでは、
The Australian Early Development Index(AEDI)という指標に基づいて教育がすすめられていきます。

● Physical health and wellbeing
● Socnal competence
● Emotional matuirity
● Language and cognitive skills
● Communication and genral knowledge

この5つを柱に、子供たちの成長の過程をみるらしいんです。

私はこのうちの、3つ目、感情の発達、というのを心配してました。

というのも、花南、よく家でかんしゃくをおこしていたんです。
夕方の食事前に、特に。

疲れている、
おなかがすいている、
というのも当然あるでしょうけど、
もう、本能のままに叫ぶというか、地団太を踏むというか・・・・
3月に入ってから特に、扱いが難しかったんです、実は。

その辺のことは、しょっちゅう学校で先生に話をしていたんですけど、
でもハナは、そういう行動は学校では見せないらしいんです。

そのあたりも夫も交えて今日、面接で話をしてきました。

ハサミを使ったり、ペンを使ったりなど、
手先の器用さは問題なく、
数字や文字の認識もできている。
アルファベットの発音もほとんどできていて、
ターム2の終わりから教え始めようと思っていたアルファベットの発音の授業でも、
全く問題ないでしょう。
お友達とも仲良く遊べるし・・・

なんだかとてもいい言葉をもらって、
うれしいような、はずかしいような。
まあ、5歳だし、そんな問題がある子のほうがめずらしい、ってことなのかな?

私が重きを置いていた、花南の感情の処理の問題ですが、
学校で先生やお友達をがっかりさせたくない、という頑張りが、
家でゆるんでそうい行動に出てしまうのかな、
ということでした。
学校でちゃんとできているのであれば、それはそれでいいのかな・・・・

そんなの学校の先生に答えを出してもらおうと思うのが間違いだよね。

母、頑張らなくちゃ・・・

最近ハナは、本当にイングリッシュが流暢になってきて、
パパと話しているのを聞いていても、
以前よりも断然にスムースに話しています。

それと並行して、
カタカナがやりたい、
漢字がやりたい、
というので、
しまじろうをはじめとする、日本語の「勉強」も頑張っています。

子供の英語が上達すればするほど、
日本語の上達・維持も頑張らなければ、とおもい、
母も日本語頑張りますが、
その反面、母の英語がかなりあやういです・・・・

今日は、学校中のママたちむけに、
Night out for Mumsというのが夜7時半から計画されていました。
(なぜに月曜日の夜なんだろう・・・・)
私は行く気なくて・・・だって、ハナのクラスのママたち向け、だったらわかるけど、
学校全体のママ向けって・・・・

ハナを迎えに行ったときに、インド系のお母さんに、
今日はナイトアウトに行くのか?と聞かれたんです。
彼女がなんていったのか、よく聞き取れなくて、
しかもナイトアウトが今日だったのをすっかり忘れていたし、
ほら、インド系の人の訛りだったし(かなりのいいわけ)、
2回くらい「もう一度言って?」といってしまいました、わたし。

そうしたら、彼女。
ため息ついたんです・・・・
英語もわからないのね・・みたいに・・・
あ〜あ。

ママもイングリッシュ、頑張らなくちゃ。

子供の成長=親の成長 に、ならなくちゃね。


クリックすると元のサイズで表示します



2009/4/5  20:38

投稿者:ハナ★バナナ

>まさロックさん

わかりますとも。
わたしもお友達に誘われて、地元のプレイグループに参加していましたが、
ほんと疲れる!!!
帰ってくるとぐったりで、
お昼寝させていただきますから。

頑張らんと、ですねぇ。

http://happy.ap.teacup.com/motty

2009/4/4  21:56

投稿者:まさロック

ため息つくことはないですよね。
私もインド訛りはかなりの率で聞き取れません。

私は地元のママグループの中ではうまく会話に乗れないので、最近参加してません。
子供のために英語がんばらないとですね!

http://masalock666.blog39.fc2.com/

2009/4/1  12:09

投稿者:ハナ★バナナ

>sammyちゃん

そういえば、なんかの本で、
「家で自分を緩められる子は、学校で自分を引き締められる」みたいなことを読んだことあったわ・・いま思い出した。
家が厳しすぎて、家でも自分を引き締めなくちゃいけない子は、学校でも引き締めて・・そうすると、どこかでいつか爆発する。
って書いてあったな・・・
それで、いいんだね。
私がもっと勉強せなあかんのやなあ。

クラスのお母さんたちとの交わり。
まえ、Sammyちゃんが言ってたこと、今よくわかるよ。
自分に、「焦るな、焦るな。そのうち自然に話せるときがくる」と言い聞かせているけれど、その時って本当に来るのか、来ずに自分だけ取り残されるんじゃないか?やっぱり努力はしなくちゃいけないんじゃないか?
な〜んて、考えている自分がいます。
考えすぎなんだろうけどね。
でも、努力はしなくちゃいけない、よね。

http://happy.ap.teacup.com/motty

2009/4/1  12:01

投稿者:ハナ★バナナ

>コアラママちゃん

うん、思いっきりわかりにくい。
私たちがネイティブイングリッシュスピーカーだったら、インド系の訛りもそんなに難しくないと思うんだけど・・・
私らのカタカナ英語もおんなじかもね、そういえば!

いろいろ花南についてのアドバイスありがとう。ほんと、そのとおりです。
彼女は彼女なりに学校で頑張っているんだ!
・・というか、そういう家で機嫌の悪い花南に対して切れている夫に、ムカついているのかも、わたし・・・・
あはは。

覚えているよプール行ったときのエピソード!コアラママちんところの次女ちゃんは、見た目おっとりしているのに、中身はそうとう炎だねぇ。
最近、ハナ、補助輪なしで自転車乗れるようになってんけど、次女ちゃんはいきなり公園で初めて乗ってみてすぐに乗れるようになった、話をしたら、花南、「ハナものれるもん!もう大きい自転車乗れるんだもん!」って、また闘争心むき出しでしたよ・・
あはは。

スクールホリディ、遊べるかな?

http://happy.ap.teacup.com/motty

2009/4/1  11:55

投稿者:ハナ★バナナ

>るるんちゃん

嗚呼、それもつらいよねえ・・・
その環境に「住む」って、しんどそう・・
NZ州なまり、ちょっとうつったりしなかったの?すんでいるあいだに。
E子さんところのRが上手だったねえ、マネするの!!!!
前の家に住んでいる時、斜め向かいの奥さんがNZ州の人やって、思いっきりなまってたよ。なんとかわかったけど。おっさんたちのほうがわかりにくいとみた。
6はちゃんとシックスといってくれ。

「脳みそ学校においてきた?」かあ・・・
態度も?
やっぱり、うちだけじゃないよね。
みんなそうやって大きくなっていくんだ・・
大人でも会社と家じゃ、違うもんねえ。
それであたりまえなんだよね。

http://happy.ap.teacup.com/motty

2009/4/1  11:51

投稿者:ハナ★バナナ

>ぎょくん

総ね、日本人は相手のことを先に考えてしまいがちなところあるよね。
でも、それが裏目に出ることって、いっぱいあるのよ〜
それで、もんもんとするわけ。
豪にいれば豪に従え、だけど、
自分をそっくり変えてしまうことも不可能だし・・・・

http://happy.ap.teacup.com/motty

2009/4/1  11:43

投稿者:ハナ★バナナ

>よどっこちゃん

Underbelly、そうよねえ、「いいもん」いっぱいみれるわ、そういえば・・・
だいたいさあ、やつらのミーティング場所がストリップみたいなお店なんやもん。

寝れるときに寝とかな、よどっこちゃんところのお子たちは、夜によく起きるもんなあ。
そんなん「ええもん」みとる場合ちがうかぁ。

http://happy.ap.teacup.com/motty

2009/4/1  10:04

投稿者:sammy

うちの子らも、家では本能のままに叫んでるよ〜。だいたい、しょーもないことだったりして。夕方は疲れるしおなかすくしね(笑)。
うちも学校ではいい子にしてるみたいだよ。でも、親にはわがまま言えるってことだから、逆に安心だと思うよ〜。親にまでいい子すぎるとちょっと、ねぇ。
(親には、そのほうが楽だけど。)

学校いくと、ほんとに子どもの英語うまくなるよね。わたしもびっくりしてる。日本人夫婦のうちの子でさえそうだから。
そうだね、バナナちゃんがそうなら、わたしもなおいっそう英語がんばらねば、、、。

2009/3/31  22:13

投稿者:コアラママ

インド人の方のなまりは、聞き取りにくいよ!って、向こうもそう思ってるのかもだけどね。。。でも、ため息はないよね!
うちの次女とよく似たとこがある勝気のハナちゃん、きっと、学校では完全燃焼してるんだろうね。タスクを完璧にこなしたいとか、何が起こっているのか全てを把握したい、でも、出来なくて言葉を飲み込んだり、すれ違っちゃったり。自分では上手くいくイメージでいっぱいなのに、上手くいかないことがあったり。(それなりにちゃんと出来ててもね、自分のこだわりがあるんだろうね。)そんな子供なりのストレスがおうちに帰ってきたら、出ちゃうんじゃないかな?
うちのもそんな感じだわ。
プレップ始まった当初は、緊張と感動と興奮で、毎日がワクワクしてたみたいだけど、
2,3ヶ月過ぎた頃に、自分のやりたいことと、出来る事のギャップにイライラしてるみたいよ、うちのは。自分より出来る子や、いっぱいおしゃべりをする子に嫉妬してるみたいに、怒ったりしてるわ。
ほら、覚えてる?
プールに行った時の、負けず嫌いもん同士。(笑)すごかったよね、あの二人。
だから、きっとそのうち落ち着くよ。
そんな娘達に負けないように、お互い頑張りましょう〜!

2009/3/31  19:36

投稿者:るるん

いえいえ、何を隠そう(隠さんでもいいか)「オーストラリア国、ニュージーランド州」の英語ですよ、わからんのは!

10数年前、私、マジで泣きました。
彼らが何を言ってるのかわからずに。

たま〜にいるんだよね、コッテコテのNZ人が、ここにも。
辛かったあの時期を思い出してしまうわ。


子供はね、学校ではお利口さんにしてる分、家ではすっごいことになるんだわ。・・・って、これ、家の坊主。
「脳みそ・態度、学校においてくるの?」ってききたくなるから。
ハナだけじゃないよ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ