昨日月曜日は、ハナのスイミングレッスンの日です。
学校が終わってから、学校のプールを使ってやっているレッスンに参加しています。
ハナはスイミングが大好きで、
毎日行きたいといっているくらい。
やっと月曜日がきて、ウキウキでした。

2時45分に学校が終わって、
先生にさようならを言って教室を出、
その時間あたりにはいつもぐだぐだになるセナを抱きかかえて歩く私のあとを、
ハナは4〜5メートル離れてついてきていました。

そして、それはその時に起こったんです。


一人の先生が私たちのそばを通りかかりました。

その先生は、1年生の担任の先生で、パレード(全校集会)の時にも見かけましたが、
右腕のひじから先がないんです。
先っちょに指らしきものが付いているのが見えたので、
きっと先天的にそうなんだと思っていました。

先週にも、ハナはその先生の話を家でしていたところでした。
学校に、おててがひとつしかない先生がいると。
どうやら、どうしておててが一つなのかきいたらしいんです。
「I was born in like this」って先生は言っていたよ、とハナは言いました。
世の中には五体満足ではない人がいっぱいいて、
そうひとは健常者の何倍も努力していること。
障害があっても、その人の人間性にはなんの問題もないことなどを、
そのときはさらりと話すにとどまりました。

そして昨日です。
ハナは、その先生が通りかかった時に、
彼女の短い方の腕を指さして、笑ったんです。

ありえませんでした。

先生は「That's not nice.」と言ってすぐに立ち去ってしまわれたし、
私はハナから少し離れていたし、
その瞬間には何もできず、言えずじまいでした。

すぐにハナを私のところに呼んで、
ハナがとった行動の問題点を話し、
からかって笑うことは、その人を傷つけることもあって、
今の場合、ハナはあの先生のことを傷つけたよ、
だから今日はプールにはいかないよ。
といいました。

だいすきなスイミングレッスンまであと1分というところで、
レッスンに連れて行ってもらえないことを知って、
ハナは大きな声で泣きました。

周りにいた人はびっくりしたと思います。
泣き叫ぶわが子をほったらかして、すたすた歩いて行ってしまう鬼母め。
けど、知ったこっちゃありません。
人として正しいことと間違っていることを教える方が大切でしょう、この場合。

車の中では、ハナは、家に着くまでずっと「スイミング行きたい!スイミング行きたい!」と大音量で泣き叫んでいました。
けど、家に着くと、諦めたのか、
ママに怒られたのが怖かったのか(きっと本質は理解していない)、
その後は聞き分けもよく、いい子にしていました。

夫にはあからじめ携帯にメールをして、
ハナは今日プールに行かなかったことと、
みんなで座って話し合いをする必要があることを伝えましたが、
内容は伝えてませんでした。

晩御飯もお風呂も歯磨きも終えると、
昼寝抜きのセナはかなりのお疲れモードで、
「しぇーしぇ、ベッド行く」と言って、寝てしまいました。
それからハナ・夫・私はカウチにすわり、
今日あったことを、ハナに話をさせました。
夫も私同様、ショックを受けているようでしたが、
きちんと話をして、
次の日の朝はパパも学校に行くよ。
ハナはその先生に謝りに行きなさい。パパがついて行ってあげる。
ということになりました。

明けて、今朝。

ハナの担任の先生に、その1年生の担任の先生の名前と教室の場所を聞いて、
ハナと夫はそちらに向かいました。
私はその場に残って、昨日のことをハナの担当の先生に話しておきました。

ハナと夫がその先生の教室に入ると、
先生の方から二人の方に向かって歩いてこられたそうです。
ハナのことを覚えておられるんです。
ハナが謝ると、謝りに来てくれてありがとう、といわれたあと、
もう一度、自分は生まれつきこういう腕であること、
手はひとつしかないけど、なんだって自分でできること、
だけど、ハナの昨日の言葉で少し傷ついたこと、
などを言われ、
もう二度とからかったりしないよね?
と言われ、しないと、先生と約束したらしいです。
先生は毅然とされていて、夫は先生の印象をよくしたようです。

こんな人生勉強がありました。
親にとっても人生勉強です・・・
タグ: ブリスベン



2009/3/12  12:58

投稿者:ハナ★バナナ

>ギョロリちゃん

そうなんよ、こんなことがあったんよ・・
もうほんと、日々精進していかなあかんなあ、という感じです。
まだまだこれからも、いっぱい問題があるんだろうな・・ふぅ。

http://happy.ap.teacup.com/motty

2009/3/11  11:54

投稿者:ギョロリ

読み進みながら 何故だか泣きそうになりました。子育てってこういう事なんだなぁ。って感動してます。

お宅の子、可愛いだけで留まりそうにないね。羨ましい限りです:)

2009/2/27  23:22

投稿者:ハナ★バナナ

>しゅうこさん

コメントありがとうございます!!!!!
いや〜、うれし。
早速ありがとうございました。

母としては、ハナが今回のことで少しでも学んでくれたことを願うばかりです。
ハンディキャップの人のことばかりでなく、
ハナには、「人の立場になって考える」ことのできる能力を、もうちょっと身につけてほしいんです。
まだ5歳では無理かもしれないけれど、
言い聞かせ続けないと・・・・

「五体不満足」、かなり有名な本ですよね。
わたし、でも読んだことないんです。
持っておられたら、一度貸してくださいませんか?


http://happy.ap.teacup.com/motty

2009/2/27  22:58

投稿者:しゅうこ

初コメントです!
この人生勉強、お母さんもえらいし、お父さんのフォローもすばらしいし、なんていったって、その先生は素敵な人ですね。きっといままでの人生何度も何度も同じような状況があったんでしょうけど、それに屈せず、1人の子に対してきっちり対応してくれる。。。
以前身障者の人が言ってたけど、身障者はみんなを親切にすることができる、特別の使命を持っていると。。。素敵な先生に出会えましたね。
随分昔に「五体不満足」という本がベストセラーになりましたが、小学生でも読めるように、ひらがなも打ってあるので、我が子が大きくなったら読ませようと思っていた本の1つです。これ、結構学びました、私。とってもまえ向きで、明るいんです。
いつかハナちゃんにも読ませてあげるといいかも。。。我が子はその前に日本語読めないかも。。。

2009/2/27  12:29

投稿者:ハナ★バナナ

>まさロックさん

そうですね、大人にとっても簡単ではない話の内容・・・もちろん子どもにとっては、いわずもがな。
話の本質が今は分かっていなくても、
これからどんどん似たようなケースに遭遇するだろうし、
その時に前回の経験から少しでも学んだことが生かせるようになっていけばいいと思います。
違う、ということは悪いことじゃない、と、そこをわかってほしいなあと思います。

http://happy.ap.teacup.com/motty

2009/2/26  20:56

投稿者:まさロック

皆さんのコメントを読んで、私も色々考えさせられました。
大人になっても『他人と違う』ということを受け入れられない人はたくさんいるものです。
子供の話ではありませんが、友人(だんなはオージー)が、『苗字がカタカナ』というだけで陰口をたたかれたそうです。

今回の件で、ハナちゃんはとても良い経験をしたと思います!
まだちゃんと理解は出来ていないかもしれないけれど、きっと違いを受け入れられる大人になるんだと思います。

http://masalock666.blog39.fc2.com/

2009/2/26  12:54

投稿者:ハナ★バナナ

>づみさん

そうですか、「特別学級」には入らず、他の子供たちと一緒に日々を過ごしたんですね、その子。
いろんなサポートが必要だったでしょうが、本人にも周りの子供達にも、いいことでしたね。

どんな気持ちで謝りに行ったのかな、ハナ。
と、今でも考えますが、
本当に学習してくれていたらいいな、と願います。

http://happy.ap.teacup.com/motty

2009/2/26  7:31

投稿者:づみ

ハナちゃん、いい体験になったね
ハナちゃんがとった行動は表には出ずにいる子もいるはず
でもハナちゃんがおこしたことで見つけることができたんですよね

子供たちの通っていた小学校は障害者もいました
入学したときから一緒
自然と子供たちは助け合っていました
一番印象深かったのは卒業式でした
じっとしていることが出来ないクラスメートに動揺せず、かと言って煙たるわけでなく、彼女が自身で卒業証書を手にしたときの喜びを感じてくれたことに感動しました

生まれ持った障害を持っている人
そして突然障害者になった人
健常者にはわからないくらいの努力をしているんですよね
心の格闘しているんですよね

ハナちゃんについていってあげたパパさんの存在大きいな
多分うちの主人は行かないだろうな
ハナちゃんもパパの背中が大きく見えただろうな

2009/2/25  22:38

投稿者:ハナ★バナナ

>しらゆきさん

理不尽なこと、結構あるよねえ、今思うと。
なんであんなことしたんやろ、父さん、と思うけど、割と曲がらずにその時期を脱出してるし。理不尽を経験するのも、意味があるんかな。親もまたいち人間、ってことか。

ほんとね、いろいろ考えさせられた一件だったよ。
けど、ハナの性格を鑑みると、
この子にはあまり、他人を優先させるという意識が備わってないように思うの。
後天的にどこまでそれを習得できるかどうか。
言って聞かせて、言って聞かせて、
少しでも自分のこととして考えられるように噛み砕いて噛み砕いて、繰り返し説明するしかないんかな。
気が遠くなりそうだけど、
それでハナの人生が富んだものになるなら、
やらないといけないんだ。

いつか分かってくれるかな。

でも、私もいち人間だからなあ・・・



http://happy.ap.teacup.com/motty

2009/2/25  22:31

投稿者:ハナ★バナナ

>sammyちゃん

近くにいたとき、
あなたのその想い、感じてたよ。

丈君のアレルギーのことも、ハンディではなくて、個性として考えるといいのかな。
時として命にかかわることだから、
最大限気をつけなくてはいけないけれど、
引け目に思うことはないよね。
丈君も、お母さんが自分のためにとても頑張っていてくれるの、わかってると思うよ。
丈君は繊細で心やさしい男の子だもん。


http://happy.ap.teacup.com/motty

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ